FC2ブログ
関西学院大学理工学部准教授・関由行さんが、若山照彦教授の会見でサイエンスライター・片瀬久美子さんが行った質問から、STAP細胞とFI幹細胞(後述)がES細胞やTS細胞の混入であることを否定するすべての実験が、小保方晴子さんによって行われていたことが明らかになったと報じています。

STAP細胞由来幹細胞の正体は既存幹細胞なのか?

STAP細胞はES細胞とTS細胞(胎盤の幹細胞)の混合ではないのか?またSTAP幹細胞はES細胞ではないのか?と、論文発表以来疑われてきました。しかしながら、論文の中ではSTAP細胞及びSTAP細胞由来幹細胞(STAP幹細胞およびFI幹細胞)がこれまでの既存の幹細胞(ES細胞、TS細胞)とは決定的に異なる性質を持つことが示されていました。

一度分化した細胞に刺激を与えることによって多能性細胞であるSTAP細胞が出現しますが、STAP細胞は増殖能を持ちません。そこで筆者たちは、STAP細胞に増殖能を持たせたSTAP幹細胞を樹立しています。

STAP細胞は培養液(ACTH+LIF)で培養するとSTAP幹細胞になる。これの実験を行ったのは若山さんである。ところで、培養液(2i+LIF)で培養すると、ES細胞は増殖するが、STAP細胞は死滅する。だから、STAP細胞はES細胞ではないことが証明されたわけだが、この実験を行ったのは小保方さんであった。

STAP細胞に増殖因子(FGF4)を加えると、ES細胞とTS細胞の性質を併せ持つ多能性幹細胞であるFI幹細胞になる。この実験は若山さんが行った。しかし、FI幹細胞はES細胞とTS細胞の混合ではないかという疑念が提起された。その疑念を晴らすため、以下の実験を行った。ES細胞に、薬剤(MEKi)を加えると増殖するが、薬剤(JAKi)を加えると死滅する。そして、TS細胞に、薬剤(JAKi)を加えると増殖するが、薬剤(MEKi)を加えると死滅する。そこで、FI幹細胞に薬剤(MEKi)あるいは薬剤(JAKi)を加えてみた。その結果、薬剤(MEKi)を加えても死滅し、薬剤(JAKi)を加えても死滅した。だから、FI幹細胞はES細胞とTS細胞の混合ではないことが証明されたわけだが、この実験を行ったのも小保方さんであった。

小保方さんが捏造を行った決定的な証拠は現時点においてありませんが、STAP細胞およびFI幹細胞がES細胞やTS細胞の混入であることを否定するすべての実験が、小保方さんによって行われていたことが今回の会見で明らかとなり、これまで引っかかっていた謎が全て解けました。

STAP細胞とFI幹細胞がES細胞やTS細胞の混入であることを否定する実験を行ったのが、小保方さんとなると、その実験の信用が揺らぐわけなので、ES細胞やTS細胞の混入の可能性が高まったわけです。

2014.06.18 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

テレ朝の某番組が「ゆとり世代」叩きをやっていたので、それにかんするコメントを某所に書きました。



  高校で「ゆとり世代」に教えてきた者ですが、私は「新人類」世代wなのですが、生徒自体は、自分の世代と比べて、それほど変わっていないと思います。もちろん、ケイタイをもっていたり、インターネットにアクセスできたりと、彼らを囲む状況が変わっているので、そこはちがうのですが、本質はそんなにちがわない気がします。

  あまり知られていないことですが、高校に「ゆとり教育」はありませんでした。なぜなら、大学入試で要求される知識は、「ゆとり教育」になっても、減りませんから…。小中学校の「ゆとり教育」のおかげで、進学校にも、都道府県名を知らない生徒や、主要国の名前も知らない生徒が入ってくるので、彼らにそれらを教え、さらに大学入試に必要な知識を教えました。だから、ぜんぜん「ゆとり」はありません。むしろ、「ゆとり教育」が終わったので、これから「ゆとり」をもって教育できるのかな?と思っています。w

  自分たちが高校生のころは教科書をぜんぶ終わらせなくても、とくに問題になりませんでした。しかし、今は、教科書をぜんぶ終わらせないと、保護者から抗議が来るので、終わらせています。だから、「ゆとり世代」の方が、少なくとも教科書をぜんぶやっている分、学力が高いのではないかと、思うんですよね。

  私は、この番組を見なかったので、どういった話が展開したのか、知らないのですが、「新人類」世代より上の人たちは、自分たちが学校でやってきたことの“劣化版”が「ゆとり教育」だと思っているので、「ゆとり世代」をバカにしているのではないかと思うのです。ちなみに、尾木直樹氏は、かなり昔に教師を辞めているので、たぶん実情を知らないのではないかと思います。



たまには教師らしいことするでしょ。(爆)

2014.06.18 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

アイドルねたを少なめにしたとたん、
アクセス数倍増という結果に…。orz

ヲタをやめろとの神の啓示か?(爆)

2014.06.18 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

まず、「チンドン屋」の前に、「○○屋」は放送禁止用語らしい。その理由は…

江戸時代、大店(おおだな)と呼ばれる大規模商店では「売り掛け(掛け売り)」をしていた。「売り掛け(掛け売り)」とは、代金はあとで(月末や年末に)受け取ることを前提に商品を売ることである。これに対して、「○○屋」と呼ばれる小規模商店は、「売り掛け」する余裕がなかったので、即金で品物を売っていた。つまり、「○○屋」は、江戸時代、「大店ではない」という意味で、差別用語だったのだ。

しかしである。今は、ほとんどの小売店が、「売り掛け」ではなく、即金で品物を売っている。まあ、通販やクレジットカードを使った売買などでは、「売り掛け」しているわけだが…。もはや、差別の実態は存在していないので、いまさら「差別」だと言われてもね。

ちなみに、マスコミでは、八百屋→青果店、魚屋→鮮魚店、肉屋→精肉店、床屋→理髪店などと言い換えている。あと、八百屋さん、魚屋さん、肉屋さん、床屋さんなどと、「さん」をつければ、差別じゃないそうだ。なんだ。それ…。w

さて、「チンドン屋」なのだが、「チンドン屋」は、昭和のころ、

   「馬鹿、カバ、チンドン屋…」

などと、明らかに、相手を馬鹿にする意味で、差別的に使われていた。しかし、平成になり、「チンドン屋」自体が激減して、めずらしい存在となると、逆にリスペクトされるというオカシナ現象が起きている。

ASKAさん(ASKA容疑者ではないw)の情報によると、群馬県前橋市では「全国アマチュアちんどん競技会」なるものが開催されているそうだ。



また、東京チンドン倶楽部なる団体もある。

東京チンドン倶楽部

「チンドン屋」は、今や、予算がかかりすぎるマスコミ広告に対抗する、「低予算ながら地域密着の宣伝として効果抜群」と評価されているらしい。

ちなみに、チンドン屋さんは自ら誇りをもって「チンドン屋」を名乗っているので、「チンドン屋は差別用語」とするマスコミの対応は、「チンドン屋」人気に危機感をもった電通をはじめとする広告代理店の陰謀なのではないかと考えている。(爆)

2014.06.18 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |