FC2ブログ
昨日(6/30)の柳川高等学校の集団パニック事件の続報がJ-CASTニュースで報じられた。

  学校によると、1年生の女子生徒1人が「ギャー」と叫び出し、貧血か何かで青ざめてうずくまった。教室内はざわつき、騒ぎを聞きつけて様子を見にきた生徒や、お昼時でこの教室と同じ階にある食堂に行こうとしていた生徒が連鎖反応を起こし、続々と気分を悪くしてしまったという。結果、計26人の女子生徒が体調不良を訴える事態となった。「倒れた」というのは語弊があるとのことだ。

  短時間で次々と気分が悪くなる生徒が出たことで他の生徒からも恐怖を訴える声が上がり、学校全体が落ち着かない空気になってしまった。とりあえず生徒たちを帰して、この日は午後から臨時休校とした。

  学校としては初めての出来事で、まだ原因もわからず、対応を考える時間が必要ということで、翌7月1日も休校としたという。

  ネット上で「1年生が研修で行った英彦山(ひこさん)で霊に取りつかれた」との噂が出回っているが、「英彦山には毎年1年生が2泊3日の研修で行っていて、他にも研修で行っている学校がある。今回の一件とは一切関係ないはず」と話していた。また、「俺を殺してくれー」「しにたいんじゃー」という叫び声はなかったとの認識だった。

「原因はわからないが、霊は関係ない」 生徒が倒れた柳川高校、ネットの「噂」を否定

繰り返すけど、この手の事件は、何年かに一度起きていることなので、あまり騒ぐ必要はない。

2014.07.01 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

自衛官募集のCMに登場したぱるる(島崎遥香)。





よりによって、集団的自衛権容認の閣議決定がなされる、今日から放送とは…。orz

「ここでしかできない仕事があります」って、アメリカの要請で海外派兵して、他国民を殺し、殺される仕事ってこと。それじゃ、嫌でしょうね。

2014.07.01 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |

さて、集団パニックが起きて、高校が臨時休業となった事件。

集団パニック

この女生徒たちが行ったとされる英彦山(ひこさん)だけど、「心霊スポット」などと一部で報道されているが、いわゆる修験道場なのだ。こういうところって、結界を張ってしまうので、不成仏霊は入れないから、そこでとり憑かれるってことはあまりないと思う。ただ、成仏したくて、周りにその手の霊が集まってる可能性は否定できない。

ただ、オイラにとっては危険な場所なのだ。母方も父方も熊野系なので、修験道場なんて行ったら、せっかく眠らせている霊感が復活してしまう。登山も、トレイルランニングも、オイラにとっては危険行為だな。トレイルランニングなんて、修行法の一つに似たものがあるくらいだ。w

考えてみたら、このとき

N県K市のホテル

も、ここ

吉野

に行ってたんだよね。なるほど!wwwww

2014.07.01 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(0) |

この人じゃない人が言ってたら、納得できる内容なんだけどね。
   ↓   ↓
自殺をセンセーショナルに伝えてはいけない - 石井孝明

世に隠れなき御用記者さんのご意見ですからね。福島第一原子力発電所事故後、一貫して「安全! 安全!」と書き続けている記者さん。そんな人の記事だから、内容がマトモでも、素直に受け取ることはできない。それこそ「火消し」に躍起になってるって感じ。

中学生が自殺すると、WHOのガイドラインなんて平気で無視してがんがん報道するくせに、自殺未遂の理由が政府に都合が悪いとなると、急にガイドラインを持ち出す。ダブルスタンダードってヤツですね。

いじめで自殺した子どもについてくわしく(自殺方法とか、遺書の内容とか)報道することは、同じような状態にある子どもたちがつぎつぎと自殺する可能性がある(群発自殺)。だから、自殺予防のため、WHOはガイドラインをつくったのだ。

現在、安倍内閣の集団的自衛権容認に反対する人はたくさんいるが、焼身自殺してまで抗議する人は、ゼロとは言えないが(やった人がいるから)、まずいないだろう。くわしく報道したからって、群発自殺が起きる可能性はかぎりなく低い。

この記事、もとはアゴラだろ。池田トンデモ信夫がやってるヤツね。池田トンデモ信夫も、トンデモないことばかり書いてるわけじゃないんだけど、だいたいそれには元ネタがある(マンキューとか、マンキューとか、マンキューとか…w)。ちなみに、池田トンデモ信夫が引用するから、マンキューをトンデモだと思ってる人がいるけど、トンデモではござんせん。w

逆を言うと、トンデモない内容じゃないから、トンデモが書いてないという保障はないのだ。これも、書いてある内容はマトモだが、書いてるヤツがマトモじゃないので、そのことを留意して読むべき記事だな。

2014.07.01 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

ツイッターで騒ぎになっていた。

 「霊に取りつかれた生徒がバタバタ倒れて臨時休校になった!」

  こんなツイートが2014年6月30日、ネット上を駆け巡っている。

  研修で山に行って「霊を持ってきて」しまった生徒が暴れ出したというのだが、真偽のほどは―。

霊に取りつかれた生徒がバタバタ倒れて臨時休校?! こんなホラー小説みたいな話、本当に起きたのか

じつは、何年かおきに起きているんだよね。これは去年の事件。

  次々に過呼吸になり、病院に搬送された兵庫県の女子高生18人に何があったのか、とネット上で関心を集めている。一部生徒の霊感が強かったと報じる向きもあったからだ。

  最初の発症は、兵庫県上郡(かみごおり)町の県立上郡高校の4階廊下で起きた。高校の説明などによると、1年生の女子生徒が2013年6月19日午前中の休み時間に、女子トイレ前で「気持ちが悪い」と体調不良を訴えた。

女子生徒18人搬送は集団パニック? 「霊感が強かった」との報道も

むかしは「集団ヒステリー」と呼ばれていた。世界中で認められているが、そのメカニズムは医学的・科学的に解明されていない。若い女性や子どもがなることが多いらしい。

彼女たちが行った英彦山(ひこさん)は、「心霊スポット」と紹介されているが、修験道の道場のひとつ。ちなみに、宮本武蔵と巌流島で戦ったとされる佐々木小次郎は、この山と関係の深い豊前佐々木氏の出身とされている。

また、柳川高等学校は、テニスの強豪校で、松岡修造さんも在籍していた(留学のため中退)。この事件にかんするツイートの中には「松岡修造のせい」などというのもあった。ヒドすぎ!

2014.07.01 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |