FC2ブログ
昨日(7/18)、わが家から足立花火大会の花火が見えると書いたんだけど、画像をアップしておく。






デジカメで花火を写すのはメンドクサイ。とくに、オイラのは、8年前に買った Panasonic の LUMIX なので、なかなか上手く撮れない。ちなみに、CMは、綾瀬はるかではなく、浜崎あゆみだった。w



Hanabi / 浜崎あゆみ

2014.07.19 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |

野口健氏が韓国人に差別された事件は10年前の話だったそうだが、それ以上に驚いたのは、彼がサウナから追い出された事件で、しかも、日本人が言って韓国人が怒る台詞No.1を彼が口にしていたことだ。これはアカン。

――釜山のサウナに入ったときも、「日本人か?」と聞かれ、「追放」されたそうですが、詳しくお願いします。

野口 あの「追放」という表現は過剰だったかもしれません。サウナでは、一緒に行ったヒマラヤのシェルパの方と日本語で話していると、お店のお年寄りの方が上手な日本語で「あなたは日本人ですか?」と聞いてきました。こんなことを聞き返す方が悪かったかもしれませんが、「日本語がお上手ですね」「お勉強されたんですか?」と言いました。すると、お年寄りの方は、スイッチが入ったように、「違うよ。あなた方、日本人が教えたんじゃないか!」と怒り出したのです。日本統治時代に強制的に教育を受けたのに、配慮のない言い方だと思ったのでしょう。すると、何が起きたんだと周りが騒ぎ出し、困ったなと思っていると、お年寄りの方が「あなたは出て行きなさい」というので、出て行ったわけです。

韓国での「日本人差別」10年ほど前だった 「あの時そうなら、もっと酷いのでは」 アルピニストの野口健さんに聞く

日本語の強制は、三・一独立運動(1919年)後の「文化政策」と1930年代後半の「皇民化政策」の2段階で行われ、その結果、韓国人のお年寄りのほとんどは日本語が話せる。「日本統治時代に強制的に教育を受けたのに、配慮のない言い方だと思ったのでしょう」なんて言ってるけど、たぶん当時は知らないで言って、めっちゃ怒られたんだろうな。逆に、知ってて言ったとしたら、野口さんの人格はかなりヤバイことになる。

野口さんは、お母さんがエジプト人で、幼少期を海外で過ごし、カイロの日本人学校からイギリスの立教英国学院って学歴(しかも自称「おちこぼれ」)だから、誰からもそのことを教わらなかった可能性が高い。その点で、野口さんは災難だったわけだ。

ここで言えるのは、野口さん自身のアイデンティティ(帰属意識)は「日本人」なんだろうけど、いわゆる日本人とはちょっとちがう感性である可能性が高い。彼の発言はフィフィの発言と同じくらいに考えた方が良いのかもしれない。…ということかな。

2014.07.19 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |