FC2ブログ
事故現場は、西丹沢檜洞丸(ひのきぼらまる)への登山口がある西丹沢自然教室の上流にある。

 母子3人が川に流され死亡したキャンプ場「ウェルキャンプ西丹沢」にある中州を、経営する業者が再三にわたり河川法に違反し人工的に造った可能性があることが2日、分かった。工事を目撃していた近隣住民は「危険性とともに違法性を県に何度も指摘してきた。事故はもはや人災だ」と話す。河川を管轄する県の県西土木事務所(開成町吉田島)は「刑事告訴も視野に調査する」としている。

事故の山北キャンプ場 中州は違法造成か「事故でなく人災」

さっきツイッターで意見交換したけど、そもそも車で中州に行くという行動自体に問題があるとの意見だった。それはそうなんだけど、山や川にくわしくない一般人(山屋や釣り師とちがいシロウト)は、中州の危険性を理解していないと思う。とくに、わざわざ川を渡って行けるように整備してたりすると…。

あと、事故現場を見ると、テントが流されずに残っているので、わざわざ危険を冒してまで渡河する必要はなかったんじゃないかと思う(結果論だが…)。この点でも、管理人が「危険ですから、中州から出てください」と言ったと報道されているから、その責任も問われるかもしれない。

この川(河内川)の下流に丹沢湖(人工湖)があり、「ドキュンの川流れ」で有名な玄倉川が流れ込んでいる。その場所こそ「玄倉川水難事故」現場である。玄倉川水難事故とは、1999年8月14日、キャンプ中のグループ18人が中州に取り残され、降雨により増水した激流に全員が流され、5人が救助、13人が死亡した事故だ。ダム管理事務所員が警告したり、警察が避難勧告をしたにもかかわらず、キャンプ客がそれを無視し続けたため、事故となった。「ドキュンの川流れ」は、このとき2chに立ったスレの名前である。

ここには10年以上前に行ったことがある。

2001年9月24日(月) 檜洞丸・玄倉川

問題はその冒頭部分で、

話は9月13日(木)にさかのぼります。この日、西丹沢の檜洞丸に登る計画で、西丹沢自然教室に行きました。ところが、そこの人に「今日は危険だから行ってはダメですよ」と停められました。どうしてなのか?行ってみました。すると、前日降った雨のため、途中のゴーラ沢出合が渡れないのです。

雨が降ったら川が溢れる。このようなアタリマエの知識も経験しないと身につかないんだよね。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2014.08.03 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(8) |