FC2ブログ
南堂久史のツッコミどころ満載の記事。

柏の葉スマートシティの是非


まずはコレ。

高層ビルには、エレベーターがある。これもまた、多大な電力を食う。一戸建てならば食う電気はゼロなのに、高層マンションならばエレベーターを利用するたびに多大な電力を食うのだ。この点でも、省エネにはなっていない。

熱環境のプロが聴いたら、即死するレベルの無知さだ。体積の割に表面積が大きい一戸建住宅と小さい集合住宅では、集合住宅の方が暖冷房に使うエネルギー消費量が少ない。立方体の1辺の長さを2倍にすると、表面積は4倍、体積は8倍になる。ゆえに、表面積/体積は1/2になる。

家を建て替えるんで、半年間、1970年代初めに建てられた無断熱のマンモス中古団地に住んだが、水道・ガス代は同じだったが、電気代と灯油代は半分以下で済んだ。アタリマエだが、地面以外の5面が外気に接している一戸建てより、団地の中層階の残念ながら角部屋だったので3面が外気に接している集合住宅の部屋(角部屋じゃなかったら、2面で済んだ)の方が暖房に使うエネルギーは少なくて済む。

それに、暖房に使うエネルギーに比べたら、エレベーターを動かすエネルギーなんてたかがしれている。エレベーターの使用料は、共益費に含まれるが、たいした額ではなかった。

家庭用エネルギーのうち、暖房と給湯が突出して大きいことは意外と知られていない。

用途別にみますと、家庭用エネルギー消費は、冷房、暖房、給湯、厨房、動力・照明他(家電機器の使用等)の5用途に分類することができます。(中略) 2012年度におけるシェアは動力・照明他(37.3%)、給湯(28.0%)、暖房(24.0%)、厨房(8.3%)、冷房(2.3%)の順となりました(第212-2-4)。

第2節 部門別エネルギー消費の動向(エネルギー白書2014)

エレベーターの消費電力については、秋田県庁で節電実験をした結果、節電のためにエレベーターを停めることはまったく意味がない、という報告がある。w

 節電効果が確認できなかったエレベーターに関して調べてみた。エレベーターは人が乗る箱と重りが滑車でつながっている。重りは「箱の重さ」+「定員の半分の重さ」に合わせてあるそうで、20人乗りなら10人乗ったときに重さが釣り合い最もモーター負荷が減り電力を使わない構造らしい。

 知り合いの会社は通勤時間にエレベーターが大渋滞となり10分待ちになっているそうだ。ブザーがなるほど満員の状態で各階停止すると最も電力消費が増えるはず。空の状態でも満員時と同様に電力消費は増えることになるので、混雑する時間帯は稼働台数を増やし、閑散となる時間帯は台数を減らすと節電ができそうだ。とはいえ、エレベーターの消費電力はビル全体の1%にもならないという説もあり、実際にはエレベーターも間引き運転は節電に関係ないのかもしれない。

オフィスの節電を考える――エレベーターを停止する意味はあるのか

南堂って、記事を書くとき、調べないのかね。困ったヤツだぜ。w

続きを読む

2014.08.27 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

《八木蛇落地悪谷→八木上楽地芦谷→八木三丁目》と変遷したそうだ。

  広島の土砂災害発生から1週間がすぎ、死者は58人となった。行方不明28人の名簿がきのう25日(2014年8月)に広島市から公表されたが、うち20人が安佐南区八木の人たちだった。八木地区を「とくダネ!」が尋ねると、昔の地名は「蛇落地」、激しい水流を描いた絵も残っていた。災害に対する先人の教えはなぜ消えてしまったのか。

     (中略)

  平野孝太郎さん(71)は「昔は蛇が降るような水害が多かったので、悪い谷・悪谷と名がついたそうです。八木蛇落地悪谷が八木上楽地芦谷と改名され、さらにいまは八木だけが残ったようです」という。名前が変わるうちに「土砂崩れ」の教訓も忘れ去られたらしい。

  130年つづく浄楽寺の住職によると、竜がいて、その首をはねたところから「蛇落地」とついたという。「竜は水の神で、水害を収めたということかもしれません。記録にはないが、語り継がれてきました」

「蛇落地悪谷」と呼ばれていた広島・土石流被災地―蛇が降るような大雨たびたび

こちらのツイートにあるように、地名にはその土地のリスクを示すものが多い。



だから、むやみに変更するのは危険なのだ。

某国立大学の最寄り駅、《浜海岸→帝大工学部前→工学部前→黒砂→みどり台》←名前変えすぎ。w

2014.08.27 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

テレ朝「中居正広の号外スクープ狙います!!」で

不動産関係者大集合SP

をやっていた。オイラ的には、大島康徳さんの欠陥住宅に住んでいる話がなかなかだったが、それ以上に関心があったのは大島てるさんの事故物件の話だった。

この番組では、事故物件の特徴として

  1.家賃が安い(周辺の相場より3~5割安)
  2.マンションの名前が変わっている

の2つをあげていたが、ほかに、

  3.マンションの一室だけリフォームされている
  4.部屋の一部分だけリフォームされている
  5.定期借家※
  6.開かずの間がある

といった特徴があるそうだ。

  ※  業界ルールで、事故後一人目の借り手には告知しなければいけないが、更新不可の定期借家にして一人目にだけ安く貸し、二人目から事故物件ではないと扱う。

最近では、家賃が安いので、事故物件を好んで買う人もいるらしい。

そんなところによく住めるな、と思うが、大島さんの話では、4階建ての集合住宅で1・3・4階で、順番は忘れたが、殺人、自殺、事故死があり、2階の住人が引越し先で死んだという物件があったそうだ。


この番組をいっしょに見ていた妹が、「そういえば…」と、欠陥+幽霊の出る住宅に住んでいた人の話をしはじめた。w

その人のオバが、バブルのとき、「輸入住宅」を買ったそうだ。その住宅にいっしょに住むことになった。ところが、この住宅、ホンモノの輸入住宅ではなく、ナ、ナ、ナ、ナント、偽物のなんちゃって「輸入住宅」だったのだ。窓の取っ手が、真ちゅうでできているはずなのに、力を入れたら折れた。それがやけに軽いので調べてみたら、プラスチックで、接着剤で取り付けられていた。その住宅は、幹線道路から入った行き止まり道路のいちばん奥にあるのだが、幹線道路を大型自動車が通ると激しく揺れた。あと、断熱材が入っていないのか、屋外の物音がはっきり聞えるそうだ。w

だが、それよりヤバイのは、雇ったお手伝いさんがつぎつぎと辞めてしまうことだった。その人のオバは、“零感”らしく、何も感じないのだが、お手伝いさんは、誰かの足音がカツカツカツと聞えてきて、(閉まっているはずの)扉をいきなりドンと閉めて、またカツカツカツと戻っていくのをよく聴くらしい。お手伝いさんが驚いて覗き穴から見ると、歩いている人がまっすぐな道の途中で消えるんだそうだ。もちろん、隠れられる場所なんてない。お手伝いさんは、それがあると、みな辞めてしまうらしい。そして、本人もそれを見てしまい。その家から出ることにしたそうだ。オバさんだけが気づかずに住んでいるんだそうだ。

幽霊付き、欠陥なんちゃって「輸入住宅」には住みたくないな。(爆)

2014.08.27 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(0) |