FC2ブログ
昨夜(9/14)、NHKスペシャル「臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか」を見た。

で、感想。NHKの最近の「なんでも科学で説明できる」って態度は何なんだろうね。w

『私』という存在は死んだらどうなるのか、死ぬとき『私』は何を見るのだろうか――。 20年余り前、臨死体験について徹底的に取材し考察を深めてきたジャーナリスト/評論家立花隆さん。74歳を迎え、がんや心臓の病を抱えて死を間近に感じる今、再び臨死体験の最新研究の現場を見つめ、“死”について思索しようとしている。死の間際に一定の人が見る臨死体験。臨死体験が世界で注目され始めた1980年代以来、その解釈としては、脳内現象として科学で説明できるとする「脳内現象説」と、肉体が死んでも“魂(もしくは自我を感じる「意識」)”が存在し続けるという「魂存在説」―――これら二つの説が互いに相容れない、激しい議論が続いてきた。そうした中、立花さんは新たな臨死体験の掘り起こしをすると同時に、そもそも「意識(魂)」と呼ばれているものの正体とは何なのか、最新の脳科学・心理学・哲学にいたるまで、徹底した取材に基づいて正面から挑もうとしている。科学的に見て、死後の世界があると言える余地はどれくらいあるのか。死後の世界がないとしたら、『私(自分)』という意識(魂)はどう生まれどう消えていくのか。私たちが当たり前と思っている『私』という存在はいったい何なのか。有史以来、人類が答えを追い求め続けてきた生と死にまつわる壮大な謎―――その謎に挑む立花さんの思索の旅を通じて、大震災や紛争などで多くの命が失われる今、命や『私』の存在する意味を考える。

臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか

「脳内現象説」と「魂実在説」のうち、「脳内現象説」に有利な情報ばかり提供してるね。

まず、「体外離脱は脳の錯覚」なんだけど、あいかわらずヒドイ実験をしていた。ゴーグルつけて、人形の脚を自分の脚だと思い込ませるヤツ。いつも思うんだけど、死ぬとき、ゴーグルつけてないだろう!ってツッコミを入れたくなる。なんで体外離脱した意識が、実際に起きたことを見ることができるのか説明しなきゃ。

そして、人間は実際に体験してないことを体験したことと認識する(虚偽記憶)って実験なんだけど、体外離脱した人が見たことは実際に起きた(虚偽ではない)ことなんだが…ってツッコミを入れたくなる。ただ、利根川進さんのネズミを使った虚偽記憶の実験や、人間に偽造した写真を見せて事実だと思い込ませる実験を見ていると、冤罪がなぜ起きるかがよくわかる。NHKが言論機関なのなら、あの映像を使って、取り調べの全面可視化は絶対に必要だと訴えるべきだろう。

つづいて、人間の脳が意識をつくり出すメカニズムを明らかにしたっていうトンデモ理論の紹介。起きているときと寝ているときでは電気で刺激したときに脳の反応がぜんぜんちがうって実験。起きているときは脳全体がつぎつぎと反応し、寝ているときは一部しか反応しない。あれで脳は全体で意識をつくっているってことの証明になるんだろうか? 睡眠にレム睡眠とノンレム睡眠があることは、ほとんどの人が知っているけど、レム睡眠とノンレム睡眠で反応にちがいはあるのか、なんてことも知りたいね。

死ぬとき、人間の脳は覚醒と睡眠の両方の特性を示すってドヤ顔で説明してた。でも、ここで紹介された実験は《意識=自我 vs 肉体》って枠組で行われていて、フロイトやユングの唱えている「無意識」はどう位置づけるのかね。記憶は、意識できるエピソード記憶以外は、言語や知識なら前意識、箸の使い方や自転車の乗り方は無意識の世界にあるんだけど、この枠組では説明できませんよね。

この手の番組を見て毎度思うことは、認知科学の発展で、人間にとって事実と想像の境界が曖昧であることがわかってきたのに、科学はいつまで素朴実在論で行くのかってこと。素朴実在論じゃダメなのは、カントのころ(18世紀)にはわかっていたのに…。あと、テレパシー実験で統計的に明らかな有意差が証明されているのに、それを否定する科学者(神はサイコロを振らないw)とかね。「科学教」の信徒なんだろうか?w

2014.09.15 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(2) |