FC2ブログ
森嶋通夫氏につづき、ノーベル経済学賞を受賞する可能性のある日本人が亡くなったな。

 世界的に知られた理論経済学者で、公害や地球環境問題にも積極的な発言を続けた東京大名誉教授の宇沢弘文(うざわ・ひろふみ)さんが18日、脳梗塞(こうそく)のため、東京都内で死去していたことがわかった。86歳だった。葬儀は近親者で営まれた。喪主は妻浩子さん。

 鳥取県生まれ。東京大理学部数学科を卒業後、経済専攻に転じた。1956年に渡米し、スタンフォード大準教授やシカゴ大教授などを歴任。市場に任せる新古典派の成長理論をベースにした数理経済学者として活躍した。消費財と投資財をつくる部門がそれぞれどのような過程を経て資本蓄積がなされるかを考察した「2部門経済成長モデル」などの研究で評価された。

 ベトナム戦争に深入りする米国への批判から、68年に帰国。翌年、東大経済学部教授に就いた。74年に都市開発や環境問題への疑問を提起した「自動車の社会的費用」を発表。環境や医療、福祉、教育などで構成する「社会的共通資本」の整備の必要性を説いた。

 東大を定年退職後は新潟大、中央大を経て同志社大社会的共通資本研究センター長に。ノーベル賞受賞者らが名を連ねる国際学会エコノメトリック・ソサエティーの会長や、理論・計量経済学会(現・日本経済学会)の会長も務めた。83年に文化功労者、97年に文化勲章を受章した。ノーベル経済学賞の候補としても長年、名前が挙がり続けた。

 地球環境問題の啓発に力を注いだほか、93年に設立された「成田空港問題円卓会議」のメンバーとして国と農家の調停役を引き受けた。2000年代前半には「脱ダム」政策を掲げた田中康夫・長野県知事(当時)の諮問委員会に参加。環境税や旧住宅金融専門会社(住専)問題、教育、医療制度のあり方でも積極的に発言した。

 「近代経済学の転換」「地球温暖化の経済学」など多数の著書がある。

理論経済学者の宇沢弘文さん死去 環境問題でも積極発言

ロバート・ソローらが提唱した新古典派経済モデルが技術進歩と貯蓄率が外生的に与えられているのに対して、1980年代ころから技術進歩を経済活動の成果として取り込んだ内生的経済成長理論がポール・ローマーらによって提唱された。この契機となったのが、シカゴ大学教授だった宇沢による全米の優秀な大学院生を集めての経済成長理論にかんする議論だった。このため、ローマーがノーベル経済学賞を受賞するとき、宇沢も同時に受賞する可能性があった。宇沢の死によって、その可能性は永遠になくなったわけだ。

2014.09.26 | ├ 経済ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

記憶にかんする記事は、書いてあると思っていたけど、書いてなかった。

池谷裕二(同著『記憶力を強くする』講談社、2001年)によると、記憶は以下の5種類に分類できる。

Ⅰ 短期記憶
Ⅱ 長期記憶
  1.エピソード記憶
  2.意味記憶
  3.手続記憶
  4.プライミング記憶

「短期記憶」は、30秒~数分以内に消える記憶で、7コほどの小容量である。長期記憶のうち、「エピソード記憶」は個人の想い出、「意味記憶」は知識、「手続記憶」は体で覚えるものごとの手順(箸の使い方や自転車の乗り方など)、「プライミング記憶」は難しいので以下で解説する。

文章の中に「ほうれんそう」という言葉が出てくるとする。ところが、そのなかに「ほうれそんう」という言葉を混ぜても、人はそれを「ほうれんそう」と読んでしまう。これがプライミング記憶だ。

これらの記憶は階層化されており、意識できる「顕在記憶」と、意識できない「潜在記憶」に分けられる。

Ⅰ 顕在記憶
  1.エピソード記憶
  2.短期記憶
Ⅱ 潜在記憶
  3.意味記憶
  4.プライミング記憶
  5.手続記憶

意味記憶は、潜在記憶のいちばん表層に位置し、問わないと出てこない。だから、ちゃんと覚えているか試験をする(これが試験をする理由なのだw)。一生懸命勉強して覚えたはずなのに、試験の本番で「ど忘れ」してしまい、答えられないのは、知識が潜在記憶だからなのだ。言葉もここに属する。

記憶喪失で失われるのは、エピソード記憶だけなので、記憶喪失になっても、日本語がしゃべれなくなったり、自転車に乗れなくなったりはしない。固有名詞(人の名前など)は、それ自体の意味をもっておらず、エピソード記憶と密接な関係があるので、忘れてしまうのだろう。

2014.09.26 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

空き家問題のデータです。

日本の住宅世帯構成割合(2008年 単位:万戸)
戸数(万戸)割合(%)割合(%)
住宅総数5,758100.00
居住世帯4,96086.14
非居住世帯79813.86
  建築中90.16
  一時現在者のみ*320.56
  空き家75713.15100.00
    賃貸用の住宅4137.1754.56
    売却用の住宅350.614.62
    二次的住宅**410.715.42
    その他の住宅***2684.6535.40

  * SOHOなど
  ** 別荘など
  *** 個人住宅等の空き家

牧野知弘(著)『空き家問題』(祥伝社新書、2014年) p.25


統計的に「空き家」とされるのは、「非住居世帯」のうち、「建築中」やSOHOなど「一時現在者のみ」を除いた住宅である。しかし、これは、「賃貸用の住宅」、「売却用の住宅」、別荘などの「二次的住宅」、個人住宅等の空き家である「その他の住宅」に分けられる。いわゆる「空き家問題」で問題視されているのは、相続などで個人の所有物となったが、住む人がおらず、取り壊すと固定資産税が増えるので、放置されている「その他の住宅」である。

自然災害があったとき、自治体などが「災害仮設住宅」として借りるのは「賃貸用の住宅」である。南堂久史あたりは「空き家」をすべて仮設住宅に使え!などと言っているが、その中には別荘などの「二次的住宅」も含まれ、「その他の住宅」のなかには、長年放置されているので、人の居住に適さないものもある。

2014.09.26 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |