FC2ブログ
2万5000分の1の地形図に山荘などをマッピングした。



うさはかせ:と、早川由紀夫氏:の火口列予想図。地獄谷にあることは同じなんだけど、ちょっとちがう。




2014.09.28 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日(9/27)、長野県と岐阜県の県境にある木曽御嶽山が噴火した。

 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)が27日、大きな予兆なく噴火し、秋の行楽シーズンでにぎわう大勢の登山客が巻き込まれた。御嶽山は、日本に110ある活火山のうち、特に警戒が必要だとして気象庁が24時間体制で監視している47火山の一つ。専門家は噴火を事前に察知することの限界を指摘し、今後の火山活動への厳重な警戒を呼び掛ける。

クローズアップ2014:御嶽山噴火 大きな予兆なく

不可解なのは、火砕流が発生したのに、発生していないと、気象庁の防災官が言い張っていること。

 気象庁の宮下誠火山防災官は28日、名古屋市内で記者会見し、御嶽山の噴火直後に南側斜面で確認された噴煙について「上空から見た限り、樹木が燃えた痕跡がなく、火砕流が発生したとは認められない」と述べた。

 宮下火山防災官は28日午前、ヘリコプターを使って上空から御嶽山の状況を調査。山頂付近にできた三つの火口のうち、一つからは時折、黒っぽい噴煙が上がっているといい、「今後どのくらい噴火が続くか分からないが、風下になる南側では降灰への注意が必要だ」との見解を示した。

御嶽山、火砕流は認められず 上空から調査の気象庁

これには火山学者さんたちも呆れ顔のようです。









原発事故でもないのに、被害をなるべく小さく見せようとしているのは、あまりに不可解だな。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2014.09.28 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |