FC2ブログ
調査委員会の「学位取り消し規定には該当しない」は、さすがに甘いと判断したんでしょうね。

 早稲田大は7日、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(31)に2011年に授与した博士号の取り消しを6日付で決定した、と発表した。ただし、約1年間の猶予期間を設け、論文の訂正や研究倫理教育を受ける機会をつくり、博士論文としてふさわしいものになったと判断した場合は、博士号を取り消すことなく維持する、としている。

 小保方氏の博士論文は文章の盗用などの疑義が指摘され、2月に同大が調査を開始。外部の専門家をまじえた調査委員会が7月に発表した報告書で、盗用など11カ所の不正行為を認定していた。調査委は「論文の信頼性や妥当性は著しく低く、審査体制に重大な欠陥がなければ、博士の学位が授与されることは到底考えられなかった」などとする一方で、実験結果の部分に盗用はないなどとして、同大の学位取り消し規定には該当しないと結論づけていた。

 博士論文は、マウスの骨髄や肺などの細胞から万能性をもつ幹細胞を見つけ出すという内容。「STAP細胞」の発想を得るきっかけになったとされる。

早大、小保方氏の博士号を取り消し決定 1年の猶予つき(朝日新聞 2014年10月7日16時17分)

当然と言えば、当然の結果。猶予期間でさえ、甘すぎると思う。

この判断にオボちゃん応援団が必死に反論するは必至だろうな。

2014.10.07 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

またまた人騒がせな軍事ヲタ。w

 イスラム過激派組織「イスラム国」に参加するためシリアに渡航しようとしたとして、警視庁公安部は6日、刑法の私戦予備および陰謀の疑いで、北海道大学に在籍し、現在は休学中の学生(26)ら複数の日本人から任意で事情を聴くとともに、大学生の住居とみられる東京都杉並区の一軒家など関係先数カ所を家宅捜索した。

     (中略)

 都内の自宅の家宅捜索を受けたフリージャーナリストの常岡浩介さん(45)は毎日新聞の取材に対し、「北大生は以前から取材をしていた人物で、実際にイスラム国へ向かうのなら取材のために同行するつもりだった。任意で事情を聴きたいということだったので拒否した」と話した。

 容疑の関係先として捜索を受け、ビデオカメラやパソコンなどの取材機材を押収されたという。

 常岡さんによると、男子学生とはイスラム国を取材した際に知り合った友人の紹介で8月に初めて会った。その際、イスラム国に参加するためシリアへの渡航を思い立ったきっかけとして、古書店の張り紙を挙げたという。

 ただ、学生は軍事マニアで本気で渡航を希望しているかは疑問に感じたという。

 常岡さんは、張り紙を元に同様にイスラム国行きを希望した別のフリーターにも会ったというが「母親の反対で断念したようだ」と話した。

イスラム国:26歳北大生ら、参加を計画 警視庁、私戦予備容疑で家宅捜索

「イスラム国」に捕まってる人も、御嶽山噴火で山頂に装甲車とか言ってたのも、軍事ヲタ。

しかし、軍事ヲタを取材して取材道具を押収された月岡浩介さんは迷惑だろうな。

夕方、携帯電話もメールもつながらないので、おかしいなと思い、自宅に電話を入れると、同居人が「いま、警察が来ています」と小声でいう。なんと、ガサ入れの最中だった。

午後4時ごろ、警察官7人が自宅にやってきて、任意の事情聴取を要求したが、常岡さんはこれを拒否。すると彼らは押収令状を見せて家探しし、夜9時ごろ、常岡さんの取材道具をごっそり持って行ったという。

     (中略)

常岡さんは、あくまで取材でイスラム国に接触してきたのであって、本人も「イスラム国のやっていることには、一片も賛同できるものがない」とテレビでも主張し、イスラム国を厳しく批判してきた。

     (中略)

取材に必要な機材を押収された常岡さんは、予定していた取材をキャンセルせざるをえなくなった。

乱暴な取材妨害だと常岡さんは憤慨している。

2014-10-06常岡浩介さん宅にガサ入れ!(高世仁の「諸悪莫作」)


私戦予備および陰謀罪なんて初めて知った。

【私戦予備及び陰謀】
第93条 外国に対して私的に戦闘行為をする目的で、その予備又は陰謀をした者は、3月以上5年以下の禁錮に処する。ただし、自首した者は、その刑を免除する。

グリーンベレーやフランス外人部隊に入るのはOKなのかな。柘植久慶や毛利元貞はどうなんだろう。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2014.10.07 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

この企画、48グループは大好きだな。

9/28と10/5、「乃木坂ってどこ?」の「10thシングルヒット祈願キャンペーン!」で富士登山を放送していた。御嶽山が噴火して50以上死んでいるのに…。w

くじ引きで選ばれた乃木坂46の秋元真夏、生駒里奈、桜井玲香、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理の6人と、自主参加という「てい」の生田絵梨花の7人が、富士スバルライン五合目から吉田ルートで登った。雨のなか、途中で桜井が脱落したが、残り6人で登頂した。

登山ではよくあることだが、運動オンチの秋元、生駒が平気だった。運動オンチとは、走るのが遅い、鉄棒ができない、跳び箱が跳べないなど、速筋が弱い人のことなので、遅筋ばかり使う登山では関係ないのだ。


48グループの富士登山は、これが最初ではなく、「ネ申テレビ」SEASON 2「“優”言実行、富士山に登れ!」(2009/9/11・9/18)が最初であった。このときは、AKB48の秋元才加、大島優子、北原里英、指原莉乃、高城亜樹、宮崎美穂の6人で同じく五合目から吉田ルートで登り、1500回以上富士登山経験のある実川欣伸(じつかわ よしのぶ)さんが同行した。天候がきわめて悪く、途中で宮崎が高山病の症状となったが、全員登山に成功した。降りは、強風のため高城が飛ばされ、危険なのでブルドーザーで降りた。さしこがめっちゃ元気だったので、運動オンチは山に強いを証明した。

つぎがNMB48の「スター姫さがし太郎」での「目指せテッペン! 富士登山に挑戦」(2011/8/20・28・9/3)で、14人というかなり大人数で、途中でMVを録りながら、富士宮ルートという短いが急なルートで登った。「山をなめてる!」尾野真千子(C)って言われそうな登山だった。案の定、体調不良のメンバー続出(人数が多すぎてサポートできない)で、雷雨のため途中で断念した。オイラ的にはみるるん(白間美瑠)が異常に元気だったことを覚えている。

そのあと「ネ申すテレビ」SEASON 13「世界遺産に挑戦!」(2013/9/29・10/6)があった。岩田華怜、大島涼花、大森美優、島田晴香、田野優花、名取稚菜の6人に實川さんが同行して、五合目から吉田ルートで登った。ほぼ快晴で、田野、島田、大島が元気、名取がふつう、大森と岩田が脱落しそうだったが、全員登頂した。


「スター姫さがし太郎」以外は、山をなめてるわけではないので、得に問題はなかった。「スター姫…」については、すでに書いているので、こっちを読んでください。

NMBも富士登山?
例の一行と遭遇した人

ここでは書いてないけど、MV撮影のため山の山腹で踊らせるのはたいへん危険。転んで捻挫したら歩けないし、石が落ちたら登山者がケガをする。

しかし、アイドルも富士登山なんて楽な仕事じゃないね。

2014.10.07 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |