FM福岡「HKT48 渡辺通1丁目 FMまどか まどかのまどから」



HKT48 渡辺通り1丁目FMまどか まどかのまどから


2014/12/01~04 ゲスト:田島芽瑠






続きを読む

2014.12.31 | │└ Fまど | トラックバック(0) | コメント(0) |

 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  新しい記念カキコ用のページです。
 | 
 |  気楽にコメントを残してください。
 .\____  ____________
          )/
   ,.:~"~:.,
  /川川川川ヽ
  (川川川川川)         !
  .リリリ℃)  ℃) リ      ∧∧
  リリ人""∀""ノリ /|    ( ゚ ゚;)
  .リリリリ )  ( リリ.( )   ≡∨≡
             /(
 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |  あたらしい記事はこの下にあります。
 .\___________________

2014.12.31 | 足跡帖 | トラックバック(0) | コメント(2) |

紅白で紅組が負けたら、滝行するんだって。w


 指原は「第6回AKB48選抜総選挙」で2連覇を逃し、ソフトバンクのCMで滝行にチャレンジ。「もし紅組が負けたら!?」と報道陣から質問されると、「みんなで滝行CMします」と公約宣言。これには他のメンバーから「さっしーに巻き込まれるの嫌だ!」と愚痴がこぼれた。

【第65回紅白リハ】HKT48・指原莉乃が公約宣言 紅組が負けたら「みんなで滝行します!」

「さっしーに巻き込まれるの嫌だ!」といいつつ、もりぽ(森保まどか)やさくら(宮脇咲良)は「さすが指P、CM出られたら、オイシイな」と思っているはず。なつ(松岡菜摘)は…。wwwww

ちなみに、彼女たちの数字の意味は以下のとおり。

  後列左から
    森保まどか:26…誕生日の7月26日から
    田島芽瑠:07…好きな数字らしいが、誕生日の1月7日からかも
    朝長美桜:30…「みお」から
    松岡菜摘:88…誕生日の8月8日から
  前列左から
    矢吹奈子:75…「なこ」から
    宮脇咲良:11…総選挙の順位11位から
    指原莉乃:34…「さっしー」から
    兒玉  遥:86…「はるっぴ」から
    田中美久:39…「みく」から


リンクがキレてたら…

続きを読む

2014.12.31 | ├ HKT48 | トラックバック(0) | コメント(0) |

吉高由里子さん、ゆうこ(大島優子)と共演してたときもNG連発してたな。

  NHK紅白歌合戦は、13年の綾瀬はるかさん(29)に続いて、2年連続で紅組司会が不安材料になりそうだ。奔放な発言が不安視されていた吉高由里子さん(26)だが、重大な局面での「言い間違い」のリスクも明らかになってきた。

  2014年12月30日のリハーサルでは、大トリの松田聖子さん(52)の名前を本人の前で言い間違え、連鎖する形でデビュー年も言い間違えた。

  過去の本番では名前の言い間違えが大問題になったこともあり、新たな火種を抱えることになったと言えそうだ。

紅組司会吉高由里子、早くも言い間違い連発 「大トリ」松田聖子を「まつど」...

ゆうこがNGが少ないので、ゆうこがNG出したとき、めっちゃ喜んでた。wwwww

吉高さんがどれだけマチガッテも、去年の綾瀬はるかさんよりは少ないだろうな。アレは放送事故だもん。(爆)

2014.12.31 | 気になる女の子 | トラックバック(0) | コメント(0) |

三代目J Soul Brothers がレコ大受賞したんだってね。それで、よしりん(小林よしのり)が発狂してるんだって。w

は?レコード大賞、あれ誰?
エグザイルの子分?
グループも知らんかったし、楽曲も知らんかったぞ。
あきれたなあ。
得体の知れないグループに、得体の知れない力が働いとるなあ。
最近は、なんでもかんでも得体の知れない力が働きだしたなあ。
わしにも誰か得体の知れない力をプレゼントしてほしいなあ。

得体の知れない力

“CD付き”握手券や“CD付き”選挙券を売ってミリオン連発してる方が「得体の知れない力」を発揮してるんだって…。世間のみなさんもそう思ってるんだから…。自覚がないのかなぁ。wwwww



どさくさにまぎれて、Ayu(浜崎あゆみ)の悪口書いてる香具師が多いな。“CD付き”握手券や選挙券なしでも、Ayuは2002年に単独ミリオンだったんだけどな…。

2014.12.31 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(4) |

NHKはやっぱ「出させてやってるんだ」って思ってるんだな。

  病気で活動休止が続いていた中森明菜さん(49)が2014年12月31日のNHK紅白歌合戦で復帰することになった。NHKホールからではなくレコーディングを行っている米国から生中継で出演し、披露するのも往年のヒット曲ではなく、5年半ぶりの新曲「Rojo -Tierra-」(ロホ ティエラ)だ。

  12月29日から始まったリハーサルで、制作陣が一連の経緯を説明した。中森さんの復帰は体調がネックだとされてきた。そのため「VTR出演」説も指摘されてきたが、中森さんは「出る限りは生で歌います」と断言したという。「神経質な子」(和田アキ子さん)という評価もある中森さんだが、体調はかなり回復していることがうかがえる。

「出る限りは生で歌います」 中森明菜が断言、紅白制作陣が明かす

あれっ、今年の紅白のテーマは


歌おう。おおみそかは全員参加で!


じゃなかったの? まだ出してない新曲ではみんなで歌えないんだが…。

それにしても、HKT48は「メロンジュース」を歌うんだってね。去年の歌なんだが…。そして、季節はずれもはなはだしい…。

紅白でうたう歌って、NHKが勝手に決めて通告してくるんだけど、そのことはあまり知られていない。Ayu(浜崎あゆみ)が出てたときも、なんでこの歌?って選曲が多かった。その一方で、NHKがぜひ出てほしいって歌手は好き勝手ができる。これってオカシクない?

しかし、中森明菜の新曲を聴きたい人ってどれくらいいるんだろうか? オイラ的には

難破船


サザンウィンド(1:04~)


スローモーション


あたりが(・∀・)イイ!!んだが…。w

2014.12.30 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

…らしい。

芸能界特技王決定戦 TEPPEN - フジテレビ

師匠(松井咲子)といっしょに出演者から名前が消されていた。理由は不明。


そもそも、もりぽ(森保まどか)は優勝できないようになっている。その理由は放送時間!

生放送で、放送時間が21:00~23:24。もりぽは、17歳(18歳未満)なので、22:00以降の仕事は労働基準法で禁止されている。つまり、最後まで番組に出られない。だから、優勝できない。wwwww

ちなみに、去年も同じ理由。去年のいくちゃん(生田絵梨花)も同じ。

2014.12.29 | ├ もりぽ(森保まどか)推し | トラックバック(0) | コメント(0) |

人気の本を買って来たお。w



池袋のジュンク堂本店の1階で平積みで売っていた。すごい人気だな。wwwww

ちなみに、翻訳者の山形浩生さんの書いた「ピケティ『21世紀の資本』FAQ」があります。

ピケティ『21世紀の資本』FAQ

あと、池田トンデモ信夫の書いたアンチョコ本。しかし、山形さんによると、薄いけど、悪い本ではないらしい。w

池田『日本人のためのピケティ入門』:pp.38-47をとばせばアンチョコ

700ページもある本なので、お正月中に読めるかどうかもわからん。(爆)

2014.12.28 | ├ 経済ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |

決まり切った記事だけ書いてりゃ(・∀・)イイ!!んだから、記者はラクだな。

  ひと言で言えば、あまりワクワクする面白さのない優等生ドラマだった。悪いけど義務で見ていた。主演の岡田准一の生真面目さそのままで、破天荒な軍師の一代記を期待した向きには物足りなかった。数字は正直で、今時にしては特に悪くもなく、しかし1度として20パーセントは越えない絶妙の10パーセント台後半を維持した。

  俳優では竹中直人の秀吉がピカイチ。彼は30パーセントを維持した「秀吉」以来の秀吉役者なので、見るものに馴染みがあったせいもあるが、豊臣秀吉晩年の、大権力者にしては日々不安に苛まれる太閤殿下の心の焦燥を、不思議な泣き笑い顔で巧みに表現した。草履とりの下賤な出自が体中からにじみ出ていたのもよかった。

  一方、家康の寺尾聰は晩年の狸親父ぶりを最初から演じさせられていて、目の大きさをわざと違えるなどの小細工が目立ち、人物の奥深さはあまり伝わってこなかった。淀の方の二階堂ふみは典雅なお市の方の娘としての気品に欠け、北の政所の黒木瞳は美人過ぎてピンと来ず。最も気に入らなかったのは長政役の松坂桃李。近頃モテモテだが、この人、舌が長いのか短いのかセリフのエロキューションが悪い。脚本(前川洋一)は正史の裏の軍師の生涯を描きにくかったと思うが、努力は多とする。

  筆者の最大の不満は劇伴の弱さ。テーマ曲もインパクトに欠けて物足りなかった。タイトルバックにCGを使うと歴史ドラマがチープに見えるから止めた方がいい。(放送2014年12月21日20時~)

「岡田准一」生真面目さが徒...ワクワク感なきまま終わった戦国軍師...!さすが竹中秀吉の泣き笑い顔芝居 <大河ドラマ 軍師官兵衛 総括」>(NHK総合)

何回も書いてるけど、実在の黒田官兵衛は生真面目な人だったんだよ。破天荒なのは後世の人が考えたフィクションです。wwwww

江口洋介演じる織田信長が異常人格で良かった。史実ではあそこまで酷くなかったと思うんだけど…。竹中直人の“秀吉”はもう飽きた。毎回、アレやってりゃ(・∀・)イイ!!んだから、ラクだよな。黒木瞳のおねさんも…。寺尾聰がジジイすぎて、実在の家康よりかなり老けていた。関ヶ原のとき、57歳だったんだぜ。小細工演技については同感だが…。二階堂ふみは、演技がうまいとの触れ込みだったが、どこがうまいのかぜんぜんわからなかった。てか、性格悪すぎて、実在の淀殿がカワイソウ。これは石田三成役の田中圭にも言えるな。松坂桃李の顔が長くて、サカヤキを剃った顔が悲惨だった。ぜんぜん似合わないと母親が言っていた。

脚本の前川洋一さんは、比較的史実に近い“生真面目な”官兵衛像を描いているから、オイラ的には「よくぞやってくださった」と褒めたいが、関ヶ原になって急に「キャラ変」したのにはがっかりした。天下を望めなかったし、望んでいたわけではないのだから、生真面目キャラでとおせば良かったのに…。w

ところで、来年は、主人公が地味すぎて、どうなるかわからん。TOさま(小田和正のトップヲタ=井上真央)は、大好きなんだけど、いかんせん子役出身なので背が低い(158cmはそうでもないか)。共演の巨人たち、小田村伊之助役の大沢たかお(181cm)、吉田寅次郎(松陰)役の伊勢谷友介(180cm)、久坂玄瑞役の東出昌大(189cm)との身長差がとても気になるな。(爆)

2014.12.28 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |

あんにん(入山杏奈)のツイートにこんな返信をしたら、


あんにんサンタが降臨した。wwwww


やってみるもんだね。(爆)

2014.12.27 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |

今年の「クリスマスの約束」は総集編だったんでしょうか?orz

 25日深夜に放送された毎年恒例の小田和正(67)ライブ特番「クリスマスの約束」(TBS系)の内容に、ファンから不満の声が噴出している。

 2時間の同番組中、新収録曲はオープニングの井上陽水「最後のニュース」とエンディングのチャールズ・チャップリン「スマイル」の2曲のみ。それ以外は過去の放送の名場面を集めた「総集編」に等しい構成だったからだ。

「クリスマスの約束」は、小田和正をメーンアーティストに毎年豪華ゲストが集結。一夜限りのコラボレーションを繰り広げる内容で、2001年から続く人気番組である。毎年楽しみにしていたファンも多く、事前にはJUJUやスキマスイッチ、細野晴臣(67)など11組のゲストが出演すると発表されていた。さらには、ゲストの一人である松たか子(37)がテレビで初めて「Let It Go~ありのままで~」を披露するのではと注目が集まっていた。

 それだけに期待を裏切られたファンの怒りは大きかったようで、放送終了直後からネットには〈約束がちがう〉〈ほとんどダイジェスト〉〈酷かったね、ホント〉〈TBSまじで詐欺だろ! 総集編ならそう書いておけ!!〉という声が殺到した。

 なんらかのトラブルが原因で、本来放送するはずの映像がお蔵入りになったのではとか、小田和正がツアーで忙しくゲストとコラボする時間が足りなかったんじゃないか、と心配する声もあるが、11月にはTBSの公式サイトで同番組の観覧者募集の中止が発表されている。今年の構成がほぼ総集編になることは、放送の1カ月前から“織り込み済み”だった可能性がある。

 ちなみに25日の毎日新聞の番組欄を見ると、〈クリスマスの約束 小田和正のライブ特番 37組のアーティストが互いに尊敬し認め合う14年間のライブ〉とあった。

新収録は2曲…小田和正「クリスマスの約束」に不満の声噴出

去年、見損なったけど、吉田拓郎が出てたんだね。で、「落陽」を歌ったのか。見れないくて、じつに残念だ。

で、今年は「総集編」だったのか? そうだとしたら、最初の「最後のニュース」と最後の「スマイル」は不可解だ。なんかモメてるのかな? ジジイ(小田和正)がモマすのは、いつものことだけど、何があったんでしょうかね。

ぜんぜん関係ないけどさ、「クリスマスの約束」に出てるときの根本要さん(STARDUST REVUE)がめっちゃ楽しそうなので、不思議だ。何かいいことあったのかな、って思って見てしまう。(爆)

2014.12.27 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日の午後、父親を病院に連れて行くため、都営バスに乗って、西巣鴨付近に来たとき、こんな光景が…。


イメージ


高速の高架から茶色い煙が…。事故か?

ところが、少し行ったら、風呂屋の煙突からの煙だった。


イメージ


風呂屋の煙突からの煙は、高速の高架だけでなく、近隣のビルにまで当たっていた。公害じゃん。でも、高速の高架やビルが建つ前から風呂屋は営業されていたんだろうな。

そして、帰り。帰りはタクシーに乗って帰ってきた。そしたら、また、こんな光景が…。


イメージ


タクシーの運転手が「かっ、火事じゃないですか?」って言ったから、オイラ、半笑いで「いやいや、あれはお風呂屋さんの煙突からの煙なんですよw」と答えた。

人騒がせなお風呂屋さんでした。(爆)

2014.12.27 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

「芸能界特技押決定戦 TEPPEN 2015」にもりぽ(森保まどか)が出るらしい。

芸能界特技王決定戦 TEPPEN - フジテレビ

まあ、この番組には何の期待もしていませんが…。w

TEPPEN 2014

もりぽがピアノ演奏を楽しんでくれれば良いと思っています。審査員がマトモな人なら、少しは期待するんですが…。亡くなったあの方も審査員だったな。自称オペラ歌手の方…。なぜシロウトが審査員になるのかは下の記事で論じました。w

審査員がシロウトなワケ

いくちゃん(生田絵梨花)みたいに、別の目的で出演するのなら良いんですけどね。

そばかす

結果はどうあれ、テレビに出て目立つのは良いことかと…。(爆)

2014.12.26 | ├ もりぽ(森保まどか)推し | トラックバック(0) | コメント(0) |

人気のトマ・ピケティの『21世紀の資本』について、高橋洋一さんが書評を書いている。

全く退屈しないデータ満載の歴史書 ピケティの『21世紀の資本』を読む

この本の「新しさ」は、所得成長率(g)と資本収益率(r)との比較によって、格差の大きさを考察しているところだ。

 この本にある従来の本と違う新しさというのは、20ヵ国の大量の歴史データである。それによって、200年以上の歴史のなかで、r=資本収益率とg=所得成長率を比較している。第1次と第2次世界大戦の間と、第2次大戦後のしばらくの間は、rとgが比較的近くて、格差の小さい時期だったが、それ以外ではrはgより大きく、格差の大きい時期であることを明らかにしている。

エッセンスは格差拡大の証明

格差は、英米などアングロサクソン系の国でいちじるしく拡大し、日本を含めた他の先進国では、拡大しているが、英米ほどではない。

 さて、ピケティは日本に対してどのように見ているのだろうか。先日、日経新聞に興味深いインタビューが出ていたので、まずそれを紹介しよう。

 それによれば、日本の現状をどう見ますかという質問に、

「財政面で歴史の教訓を言えば、1945年の仏独はGDP比200%の公的債務を抱えていたが、50年には大幅に減った。もちろん債務を返済したわけではなく、物価上昇が要因だ。安倍政権と日銀が物価上昇を起こそうという姿勢は正しい。物価上昇なしに公的債務を減らすのは難しい。2~4%程度の物価上昇を恐れるべきではない。4月の消費増税はいい決断とはいえず、景気後退につながった」

と、アベノミクスには及第点をつけている。きわめてまっとうな答えだろう。

 日本のg(所得成長率)はここ二十数年間で世界の最低ランクだ。まずデフレ脱却して、2%程度の物価上昇にするのは、g(所得成長率)を高めることの第一歩である。g(所得成長率)が高まれば、累進課税などによって、格差の問題を解決するのは、それほどたいした話でなくなるだろう。

日本に対するピケティ氏の見解

なかなか読みごたえのある本なので、買いたいと思った。

2014.12.26 | ├ 経済ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

<「男女の仲になったデートの日の別れ際、彼が、『これからは僕のことを剛ちゃんと呼んでください。本名は小田剛一ですから』と言ったんです。二人の仲を縮めたかったのか、それとも『俳優・高倉健』ではなく、一人の男として私と付き合いたかったのか、それはわかりません」>

  女優・児島美ゆきが高倉健とつきあっていた日々を告白している『週刊現代』を、MAISON TROISGROSのインスタントコーヒーを飲みながら読み始めた。とうとう出てきたという気持ちと、なぜ児島なんだという気持ちがないまぜになる。健さんだったら大原麗子か吉永小百合との「忍ぶ恋」が似合うのに......。そういえば歌手の石野真子を熱心に口説き落としたと書いた週刊誌もあった。女性の好みは人それぞれ。健さんはこういうタイプが好きなのかもしれない。

高倉健「児島美ゆきの膝枕で涙」こんなに幸せでいいのかなあ...300日間の二人の暮らし

「なぜ児島なんだ」とは失礼ですね。まあ、児島美ゆきさんと言えば、「ハレンチ学園」ですが…。w







なかなか可愛かったんだな。当時、オイラは小学生だったけど…。その後もドラマでたまに見かけました。

ちなみに、テレビ・ドラマのオープニングの歌は…。



原作者の永井豪さんは、PTAに睨まれて、たいへんだったようです。「キューティーハニー」や「けっこう仮面」もこの路線の延長かな。「デビルマン」や「マジンガーZ」も描いてるんだから、当時大活躍だったようです。

2014.12.26 | 気になる女の子 | トラックバック(0) | コメント(0) |

王子のきつね OnLine



All alone I watch the quiet rain
Wonder if it's gonna snow again
Silent night Holy night





Christmas Eve / 山下達郎


最新の記事はこの下にあります。

2014.12.25 | 表紙 | トラックバック(-) | コメント(-) |

これから読んでもらう記事は、算数ができない人が書いた記事である。

 殺人事件は戦後、1950年代から減少し続け、1990年代以降は1100~1250件程度とほぼ横ばいで推移、2009年以降はさらに減って1000件以下となった(いずれも検挙件数。警察庁の統計による)。高度経済成長で暮らしが豊かになるのに伴い減少し、その件数に大きな変動がないことがわかる。

 しかし、親子、兄弟、配偶者同士など「親族間」の殺人に目を転じると、事情は異なる。2003年までの過去25年、親族間の殺人は検挙件数全体の40%前後で推移してきたが、2004年に45.5%に上昇。以後の10年間でさらに10ポイント近く上昇し、2012年、2013年には53.5%まで増加した。

家族同士の殺し合いが増加 昨年の殺人事件は親族間が53.5%

『犯罪白書』によると、2003年の殺人件数は1,258件であり、うち42.1%が親族間の殺人であった。2013年の殺人件数は858件であり、うち53.5%が親族間の殺人である。ここから計算すると、親族間の殺人は、2003年は530件あったが、2013年には459件に減少している。増えてないじゃん。

ホントは、算数ができないんじゃなくて、ネタ元の『犯罪白書』の統計を見てないから。ちゃんと読めば、殺人件数が減っているので、割合が増えても件数は増えていないことがわかるはず。

ダメですね。(爆)

2014.12.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

「社会実情データ図録」を見ていたら、「憑きものの分布」と解説が載っていて、びっくりした。w


 4番目にはキツネ憑き、犬神といったある種の霊力が人にとりくつという「憑きもの」のパターンであるが、一時的に個人に憑くのでなく、家筋に代々伝わるという観念をもつ地域がある。これを分布図にしてみると九州東部、中四国、そして飛び地として北関東がくるようだ。「家筋を伝わる範囲のなかに、犬神がすっぽり含まれていることに注目される。家の意識が強いこと、それに犬に対する意識が強いことに、大陸的、遊牧民的臭いを感じないであろうか」(p.168)。関東地方の一部の山村の俗信として知られていた憑きものは、オサキ、あるいはオサキギツネと呼ばれ、オサキを持つ家は、オサキモチ、オサキ屋、オサキ使いなどといわれた。オサキは常には姿を見せず、金銀、米穀その他なんであれ心のままに他に持ち運ぶという。オサキモチを世間は避け、縁組することはなく、オサキモチどうしで縁組するという。

地域分布図から見た日本文化の重層構造

永久保貴一さんのマンガとか、山本まゆりさんの「魔百合の恐怖報告」シリーズとかに、「憑きもの筋」の人が出てくる。

永久保さんのマンガ『永久保怪談 恐怖耳袋』に出てくる話は、ある大学の文化人類学教室の学生が「憑きもの筋」の家に調査に行く話だった。

埼玉のオサキギツネの家に調査に行くと、家の人だけにオサキギツネが見える。家の人のインタビューを録音し、再生してみると、能で狐憑きや亡霊が出てくるときに唱和する「うおおぉぉ」という声が入っていた。ちなみに、オサキギツネは、イタチやオコジョのような、胴の長いクダギツネ(管狐)らしい。

また、山陰の「犬神憑き」の家に調査に行くと、夜、学生の1人が目を覚ますと、もう1人の学生が四つん這いになり、犬のような声を上げていた。金縛りで体が動かず、ジネズミのような小動物が自分の周りに集まっていた。朝起きたら、ふとんが破られ、中のわたが散らばっていた。驚いて弁解すると、家の人は「犬神が悪さしたんだね」くらいにしか思っていない。その後、吠えていた学生が変死し、もう1人も失踪してしまった。

「魔百合の恐怖報告」では、「憑きもの筋」の人と関係を持ってしまったため、酷い目に遭った相談者が霊能者・寺尾玲子さんに助けを求めてくる。「憑きもの筋」の人は、意識している/していないに関わりなく、憑いているモノが周りの人に悪さをするので、かなり怖い。たとえば、職場の同僚が「憑きもの筋」の人で、ちょっとしたことで対立したとしよう。すると、憑いているモノが復讐しに来るので、相談者はヒドイ目に遭う。こんな感じだ。

上記のオサキギツネの解説にもあるが、「憑きもの筋」の家は結婚等で差別されている。差別自体は悪いことなのだが、例に挙げたような実害があることもあるので、批判しづらいのも事実だ。

2014.12.25 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(0) |



もしも僕たちが やさしさ失くせば
今度ばかりは 神様 あなたのミステイク





PLEASE / ASKA


森保まどか(HKT48)

2014.12.25 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |

我らがツンデレじじいのTO(トップヲタ)さま主演の大河ドラマなんだけどね。

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(総合、日曜午後8時)が来年1月4日にスタートする。「イケメン大河」の別名がつく豪華キャストに加え、38年ぶりに幕末の長州が舞台ということで、若者から歴史ファンまで幅広い層から期待が寄せられている。一方で長州は吉田松陰や高杉晋作など、ドラマになりそうな人材の宝庫なのに、主人公に「松陰の妹」という“マイナー”な人選。「なぜ?」と疑問や不安を抱くネットユーザーも少なくない。前作「軍師官兵衛」が話題になり視聴率でも大河として“一矢報いた”。「花燃ゆ」はどう受け入れられるか…。(本間英士)

「吉田松陰の妹なんて知らないよ」…新大河『花燃ゆ』めぐる“困惑”と“自信”

TOさまのツンデレじじい(小田和正)ネタ。wwwww



TOさまはともかく、大河ドラマの「○○の身内」系主人公には閉口する。「(史実上の)『かせ』が少なくていい。思い切って“激動の時代”に飛び込ませることができる。作ろうと思っても作れないくらい、杉文さんはドラマチックな生涯を歩んだ女性だと思います」って、アリエナイ展開にしちゃうんじゃないかと心配。「江~姫たちの戦国~」が酷かったからね。w

戦国と幕末、たまに源平と赤穂浪士しかやらない大河はもうネタ切れ。他の時代を扱って欲しい。古代~中世あたりだと、歴史上のビッグネームで大河の主人公になっていない人たちがいっぱいいる。卑弥呼とか、厩戸皇子(聖徳太子)とか、中大兄皇子(天智天皇)とか、藤原不比等とか、聖武天皇とか、桓武天皇とか、菅原道真とか、藤原道長とか、足利義満とか、伊勢盛時(北条早雲)とか…。この人たちの方が「○○の身内」より何倍もマシな話になるだろう。

そうはいっても、TOさまの活躍も見たいから、大河ドラマを見てしまうんだろうな。(爆)


リンクがキレてたら…

続きを読む

2014.12.24 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |