FC2ブログ
東浩紀さんが、日本の市民運動の問題点として、快楽原則の問題を提起していた。










市民運動だけでなく、川崎中1殺害事件で容疑者の個人情報をネットに晒す行為(『週刊新潮』も含む)とか、野党議員の質問中にヤジを飛ばす首相とか、快楽原則で行動しているアホ多すぎ。

とくに、政治家が快楽原則で行動するなんて、怖い、怖い、怖い。国が滅びてしまう。現実原則で行動してください。あっ、安倍ちゃんにはムリかな?w

続きを読む

2015.03.06 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

ジブリのアニメに出てきそうなシーン。


しかし、これは、蟻を食べるキツツキをイタチが襲ったら、キツツキが飛び立ち、イタチは落ちまいと必死にしがみついているのだ。

車を運転していたら、いきなり強盗に襲われ、怖いから車を発車させたら、強盗がしがみついてきた。…みたいなシーンだと思える。wwwww

本人(鳥獣)は必死だが、見てる方は微笑ましい。(爆)

2015.03.06 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

何かって、『週刊新潮』だよ。

  川崎中1殺害事件の主犯格とされた少年(18)について、「週刊新潮」が実名と顔写真を掲載したことが論議になっている。週刊新潮では、事件の残虐性などを考えたと説明しているが、賛否は割れている。

  タバコを指に挟み、不敵な笑みを浮かべてポーズを取る少年...。週刊新潮の2015年3月5日発売号の特集記事には、タイトルの横にこんな写真が掲げられた。写真は2枚あったが、うち1枚は、ネットではすでにお馴染みのものだ。

「よくやった!!」「いや、制裁者気取りだ」 「週刊新潮」18歳少年実名掲載に賛否両論

はいはい、「月に代わってお仕置よ!」ってか?w 少年がリンチ殺人したから、俺たちもリンチで応える。その安っぽい正義感はどこから来たんでしょうかね。

まず、法律違反だ。少年法は、未成年者の個人情報を報じることを禁じているが、違反に対する罰則がない。罰則がないのは、「紳士協定」みたいなものだからなんだろうけど、紳士じゃなくてヤクザがいた。w

だいたい「罰則がないから平気」って論理は「未成年だから平気」と同じ論理。この記事を載せる編集者は(彼らが想定する)加害少年たちと同じメンタリティーだ。実際は、何にも考えないで、短絡的にやるのが、少年犯罪の特徴。未成年だから平気なんて考えもしない(未成年だって18歳以上は場合によっては死刑もありうる)。

今回は、冬の川で泳がしたり、頸動脈を切って殺したから、残酷、残酷ってマスコミは騒いでいるけど、少年による殺人事件としてはかなりありふれた部類だ。過去に少年が起こしたリンチ殺人(未遂)事件を調べれば、生きたまま灯油をかけて焼いた(被害者は、死ななかったが、大やけど)とか、箱に閉じこめて橋から川に投げ込んだ(被害者は死亡)って、事件もあった。

あと、遺体を転がして運んだことが「残虐性の表れ」とか報じられたが、非力な加害者たちが遺体を運ぶのに困って転がしただけだろう。バラバラ殺人の加害者には女性が多いんだけど、それは犯人の残虐性でなく、非力で死体をバラバラにしないと運べなかったからなのだ。

裁判員裁判の問題点の一つに、犯罪に対して無知なので、重い刑罰を科しがちなことだ。そりゃ、マトモな市民からしたら、犯罪を起こす人の心理なんてわからないもんね。少年犯罪だと、理由があまりに短絡的なので、裁判員は激怒してしまうだろう。殺人とか傷害致死事件など、市民の常識が通用しない異常な事件に裁判員裁判を導入することがマチガイなのだ(死体写真を見せられてPTSDになった裁判員もいる)。もっと市民の常識が必要な政治家や公務員の不正にかんする裁判に導入すべきなのだ。

この加害少年、おそらく家庭裁判所から地裁に逆送されて刑事裁判を受け、少年刑務所で相対的不定期刑(明確な期間を定めない刑)に服する可能性が高い。問題は、少年の顔がネットや週刊誌で晒されてしまったので、仮釈放後の社会復帰が難しいことだ。社会から排除された存在ほど、恐ろしいものはない。再び犯罪を起こす可能性が高いからだ。ちなみに、イスラム過激派でテロを起こす連中はみなこの範疇だからね。

わざわざ社会を危険な状態にしようとするとは、将来の取材ネタが欲しいのか?と邪推してしまう。『週刊新潮』は反社会的組織なんだろうか。

2015.03.06 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

3/4(水)深夜放送の「HKT48のおでかけ!」で放送された「HKT48 vs 達人 三番勝負」に出ていたじゃんけんママがスゴかった。とくにスゴイのは、勝つ方じゃなく、負ける方。













試しに、後出しジャンケンでワザと負けてみてみな。できないから…。人間の脳はジャンケンでは勝つようにフォーマットされてるので、それを解かないとあれはできない。


これで思い出したのが、むかし見た雀鬼(じゃんき)桜井章一の積み込みテク。YouTubeで探したら、見つけたので貼っておく。



こーゆー人っているんだよね。w


ぜんぜん関係ないけど、最後の大食い企画。める(田島芽瑠)だけでなく、もりぽ(森保まどか)とわかちゃん(若田部遥)を投入しないと…。(爆)

2015.03.06 | ├ HKT48 | トラックバック(0) | コメント(0) |