FC2ブログ
法令違反をしていないのに、身柄を拘束して厳重注意って、めちゃくちゃな警察官だな。

  御開帳法要のさなかの善光寺境内にドローンを落下させた横浜市内在住の少年(15)が、今度は東京・永田町の国会議事堂近くでドローンを飛ばそうとして警察官から厳重注意を受けた。


  14日(2015年5月)午後0時半ごろ、憲政記念館の広場でドローンを飛ばそうとしている男がいると110番通報があり、警察官が駆けつけると、少年はそのやりとりをインターネットで生中継した

  警察官「この場所は分かるよね、官邸も近いし国会も近い。やめてもらえますか、ドローン飛ばすのは。最近、問題になっているのはご存じですよね」

  少年「ここ『飛ばしちゃダメ』なんて書いていないじゃないですか」

  警察官「やめてもらえますか。落下事故がありケガしたりする」

  少年「じゃあ、ドローンは法的に規制されているんですか」

  警察官「これからなるよ」

  少年「今はなっていないですよね。じゃ関係ないじゃないですか」

  執拗に食い下がる少年に手を焼いた警察官は任意同行を求め、警察署内で事情聴取し厳重注意のうえ保護者に引き渡した。少年はドローンを飛ばそうとした理由について「言いたくない」と話していたという。

「善光寺ドローン少年」今度は国会議事堂飛行で厳重注意!「禁止されてない」

ほとんどの人がこのクソガキが悪いと思っているようだけど、「罪刑法定主義」の原則からしたら、警察官の方が悪いだろ。警察官ができるのは「法令による規制はないが、事故が起きた場合、刑事責任(過失致死・致傷)を問われるし、損害賠償が発生した場合、支払い義務が発生しますよ」と注意することなんだけどね。

このクソガキのしていることは、ゴミ屋敷の住人に似ている。ゴミ屋敷の住人が、近隣住民にどれだけ迷惑をかけても、「これはゴミでなく財産だ」と主張すれば、行政はゴミ屋敷に手が出せない。財産権の保障は、自由権の重要な要素だから…。しかし、近隣住民にだって、健康で文化的な生活を営む権利(生存権)や、幸福追求する権利がある。これらの人権相互の対立を調整するために「公共の福祉」の原則がある。そこで、立法がまずゴミ屋敷問題を解決するための法令を制定し、行政が法令に基づいて対処するのが常道だ。そうしないで、行政が勝手にゴミを撤去しちゃったら、「法の支配」の原則が崩れてしまう。

このクソガキに怒っている連中は、基本的人権の保障を理解していないんだよな。クソガキの人権も守るのが、本当の民主主義なんだけどね。

2015.05.16 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |