FC2ブログ
ヘリウム吸引事故について、南堂ちゃんが妄想に満ちた記事を書いていた。

【 後日記 】( 2015-05-26 )

そこで、コメント欄に反論を書いたけど、ここにも転載しておくね。ちなみに、色を変えている部分は補足。



【後日記】へのコメントです。私の父親は肺炎で救急搬送され、集中治療室に25日間入っていました(結局、死亡)。これから書くのはそのときの体験を元にしています。


 まず、救急車を要請すると、救急隊員は、救急要請の電話の内容(録音)や、現場にいた人に状況を聞いて、「救急活動記録票」に記入します。これは救急搬送先の病院に提出されます(写しは持ち帰る)。救急隊が到着した直後、父がいちどだけ痙攣を起こしたのですが、そのことがちゃんと担当医に伝えられていました。

「救急活動記録票」は、裁判の証拠とされたり、保険金支払いの根拠となるので、いいかげんなことは書けない。

 救急搬送の際には、状況をよく知っている人に同行を求め、病院に連れて行きます。病院に着くと、しばらく待たされ(この間にさまざまな検査を行う)、医師に質問されます。過去の病歴や現在受けている治療、処方薬、アレルギーの有無とともに、発生状況を聞かれます。家族だと、病状を説明され、入院手続きの方法を教えられます。交通事故や変死だと、待たされている間に警察が来て、事情聴取されます。父が入院している間に、その場面を2度ほど目撃しました。

交通事故と変死の事情聴取を目撃。交通事故では腰縄をつけられた容疑者が、警察官に連れられ、診察を受けていた。その後、T警察署に連れて行かれたらしい。変死は、結婚記念日に夫がリビングで倒れ、急死していたのを妻が発見した。号泣する妻が哀れで見ていられなかった。ちなみに、その日の霊安室は、父の遺体を挟んで、交通事故死の遺体と変死した遺体が、並んで安置されていた。

 「傷害速報」の「発生時の詳しい様子と経緯」に書かれていることは、その場でそのときに聞かないとわからない内容なので、その場にいたスタッフや関係者が救急隊に対して非協力的であった(つまり隠蔽しようとした)とは思えません。

そもそも人が卒倒して痙攣を起こしているような場面では、みんな動揺してしまい、組織的にウソをつけるような精神状態ではない。

続きを読む

2015.05.28 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |