FC2ブログ
  101万4653人の年金情報が流出し心配されているが、そこに付け込む「便乗詐欺」が広がっている。70歳代女性に「国民年金機構」と名乗る男から電話がかかった。「あなたの年金情報が漏れています。家族構成、銀行口座、口座番号を教えて欲しい」と言う。さらに、弁護士を名乗る男から「年金情報が悪用される恐れがある。キャッシュカードのデータを消して元通りにするから暗証番号を教えて欲しい」と電話があり、女性は信じて教えてしまった。

  3日後、弁護士秘書を名乗る男が女性宅に現れ、4枚のキャッシュカードを手渡しし、銀行口座から300万円が引き出されてしまった。

年金情報流出「便乗詐欺」!有働キャスターの亡くなった母親にも電話「漏れてる。受け取れなくなる」

こんなニュースが流されているせいか、先月末に父親の口座がある某信用金庫から電話があった。

  信金社員「○○さん[父親の名]の口座に年金が振り込まれていません。“年金情報が漏れたので、対応して欲しい”との連絡があったのではありませんか?」

  オイラ「父は先月亡くなりまして、年金給付停止の手続きと、死亡日までの年金を母の口座に振り込む手続き、それと母の遺族年金給付の手続きをしたのですが…」

  信金社員「そっ、それは…。失礼いたしました」

このあと弔慰を示してもらったのだが…。どうやら、父親が、年金情報流出事件に便乗した詐欺師に騙され、年金情報を教えてしまい、その結果、年金が別口座に振り込まれているのではないか、と心配しての電話だった。

しかし、それ以前の問題として、父親の口座は相続が決着するまで凍結されているはずなんだが…。まさか凍結されてないのか? いや、介護用ベッドの代金の徴収ができないと業者が連絡してきたので、凍結されているはず。どうなっているんだ。某信用金庫…。

2015.07.02 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |