FC2ブログ
ものは言いよう。w

  2015年8月1日から全国332館427スクリーンで公開された映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」。世界的大ヒットマンガの実写化に期待が高かったせいか酷評が相次ぎ、監督やスタッフが相次いでツイッターでブチ切れた。これによりさらに批判が殺到し、「炎上」騒ぎとなった。

  そうした中、主演女優の石原さとみさん(28)だけが「大人の対応だ」などとネット上で喝采を浴びている。酷評している人たちに対し「どのような意見も感想も正しい」というメッセージを出したからだ。

映画「進撃の巨人」酷評に監督やスタッフがブチ切れ 大人の対応した石原さとみだけ「株急上昇」

原作がある作品を映画化すると、かならず否定的な反応がある。それに関係者が脊椎反射みたいに対応するから、炎上騒動が起こるんだけど、石原さとみさんの対応はなかなか考えられている。

ところで、みんな「大人の対応」なんて絶賛してるけど、「映画というものはその人の育った環境や情報、知識、体調や心のバランスなどで感想が変わってくる」って、「豚に真珠」(マタイ伝)とか、「寝てないのかな」(by 松岡菜摘)とか、「なんか悪いものでも喰ったのか」(by 2ch)と同じで、けっこう辛辣なこと言ってるんだけど、誰も気がつかないのか?w

石原さん自身が、大河ドラマ「義経」で静御前を演じたとき、演技が下手で(タッキーといっしょにw)ボロクソに叩かれていた。あの頃に比べたら演技が格段に上手くなっているので、心に余裕ができたんでしょう。他の関係者に比べ、彼女はよく考えられたコメント(しかもかなり辛辣な)をしている。そして、それが叩かれない。いつの間にこんな女優さんになっちゃったんだろうね。wwwww

続きを読む

2015.08.04 | 気になる女の子 | トラックバック(0) | コメント(0) |