FC2ブログ


ひょんさん(松井玲奈)について語っているのだが、「Fまど」が成功した理由になっている。


重要なのは以下の部分。

吉田:今までラジオパーソナリティとして、色んな人と一緒に仕事をしてきたけど、その中でも1位2位クラスの実力がある。ラジオパーソナリティで重要なポイントは2つあって、1つはものを良く知っていること。これはダントツに重要。もう1つが、これはエモーショナルな部分ですが、イージーに泣かない。これが長く活躍する人が備えている条件なんですよ。そういう意味で言うと、20代でこの両方を満たしている人って、男女共にほとんどいない。30代40代でも少ないくらいで、彼女がまだ24歳ってことを考えると、驚きのスペックですよ。

宇野:単に上手いんじゃないんですよね。なんだろうね。ラジオならではの距離感をつかんでる感じ。AKBのオールナイトニッポンって裏番組が強いせいで、担当ディレクターからよく意見を求められるんですよね。以前僕が提案したのは、パーソナリティを一人にして、そこにゲストが来る方式にしないと駄目だと。そして、今のメンバーでそれに耐えうるのは指原と松井玲奈しかいない。つまり、「指原莉乃のオールナイトニッポン」もしくは「松井玲奈のオールナイトニッポン」以外ありえないって言ったんですよね。だから卒業発表の時のオールナイトで、玲奈さんの一人語りだけで2時間が実現したときは複雑な心境だった。やっとこれが聴けた、と思ったら卒業(笑)。もちろん、松井玲奈とラジオの関係は続くわけだけど……。

ラジオが成功するには、

  1.パーソナリティが、
    (1)ものを良く知っていること
    (2)感情に流されないこと
  2.ホスト1人・ゲスト1人制がよいこと

だそうです。w


ひょんさんともりぽ(森保まどか)には、もう一つ共通点があって、子どもが好きなところ。養老孟司さんが『バカの壁』で書いてたことなんだけど、子どもは、自然で、何をするかわからない。合理的に行動する人は、合理的に行動しない=予測不能なものを嫌うので、子どもが嫌いなのだ。ひょんさんももりぽも、本人たちは合理的に行動するが、合理的に行動しない=予測不能なもの=子どもに寛容である。

HKT48のメンバーの中には、めるちゃん(田島芽瑠)とか、あおいたん(本村碧唯)とか、植木(南央)くんとか、じーな(神志那結衣)とか、取り扱いが難しい人がいる。めるちゃんは破天荒なところがあり、あおいたんはすぐ泣くし、植木くんとじーなは「変な人」を演じている。ホントはなつ(松岡菜摘)やみお(朝長美桜)も取扱注意なんだけど、2人は大人なので、公の場で不機嫌な態度は取らない。さくちゃん(宮脇咲良)みたいに、自分の感情を完全にコントロールして、喜怒哀楽を演じられる人(ゆうこ=大島優子的w)や、ちーはる(穴井千尋&兒玉遥)みたいに、ホントに(・∀・)イイ!!人たち(怒らない、人に譲る)や、しなもん(下野由貴)みたいに、ホントに「大人」な人(3年前、中学2年生だったが、高校生だと思ったw)は、そんなにいない。

ゲストのキャラを崩さずに、番組を維持するのは、けっこうたいへんなのだ。ゲストに対して、放送できる程度に暴れてもらうとか、泣かない程度にツッコミを入れるとか、本人のキャラが誤解されない程度に「変人」になってもらうとか、ホストはいろいろ気を遣う。w 「ラジオ聴かナイト」や「もも女」はプロの司会者(局アナ・芸人)がサポートしてくれるが、「Fまど」はもりぽが仕切らないとダメなのだ(西川さとりさんのサポートはあったがw)。

あと、作家・木崎ちあきさんへのインタビューは、なかなかの出来だった。



本を読んでいるとはいえ、初めて会った人にインタビューするのは、高校生にはたいへんですよ。w

2015.08.28 | ├ まどちゃん(森保まどか) | トラックバック(0) | コメント(6) |

もりぽ(森保まどか)、キモイぞ。wwwww


もりぽのりーぬ(熊沢世莉奈)推しのキモさは、まどらーも容認しているが、なかなかのレベルだな。w

これ


といい、劇場支配人に推されてるな。最近…。(爆)




2015.08.28 | ├ まどちゃん(森保まどか) | トラックバック(0) | コメント(0) |