FC2ブログ
かつて東大合格者数で「浦高ごえ」と騒がれた県立大宮高校でこんな事故が起きてしまった。それにしても、埼玉県の高等学校は「強歩」が好きだな。

 さいたま市大宮区の埼玉県立大宮高で16日、体力向上や精神力を養うため毎年実施している「強歩大会」に参加した2年生の女子生徒がゴール手前で倒れ、その後死亡していたことが26日、同校などへの取材で分かった。県警によると死因は病死。大会は雨天中止の予定を小雨で決行しており、同校の担当者は「因果関係はまだ不明だが、大会を中止していれば防げたかもしれない」としている。

 この事故を受け、同県教育委員会は21日、体育活動などでの事故防止に万全を期すよう求める文書を県内の全県立高へ通知した。

 同校によると、大会は16日午前10時半に開始し、全学年の生徒約1170人が参加。男子が16.5キロ、女子が13キロを、途中走りながら完歩を目指した。

 同11時45分ごろ、ゴール手前約1.6キロで女子生徒が倒れるのを複数の生徒が目撃。知らせを受けた教諭が119番通報した。女子生徒は心肺停止状態で、17日夜、搬送先の病院で死亡した。

 同校は19日に臨時の全校集会、22日に緊急保護者会を開いて事故を報告。小雨決行した理由については「行事が午前中に終わることを考慮した」と説明している。県教委によると、女子生徒は9月中旬の体育授業中に倒れるトラブルがあったが、医師の検査で異常はないとされていた。

「強歩」大会で女子生徒死亡 埼玉県立大宮高 小雨で決行、ゴール前で心肺停止

当然だが、学校の責任を問う声が上がっている。たとえば、我らが南堂ちゃんとか…。

 最後に「防げたかもしれない」と述べているが、これは、そういう問題ではない。「たまたま事故が起こった」のではなく、「学校側が意図的に殺した」と見なせる。

 これはどういうことかというと、たとえ殺人の意図がないとしても、過酷なスパルタ運動をさせれば、人は死ぬことがある、ということだ。

     (中略)

 ここまで見れば、明らかだろう。雨の中で、唇が紫色になっている生徒がたくさん出るという状況で、低体温症になる被害者が明らかに多数発生しているのに、競技を強行した。しかも、半袖短パンが強要され、ウインドーブレーカーなどの着用も許されなかった。もちろんジャージーも駄目。(走っていないときにはジャージーOKだが、走っているときはジャージー不可。)

強歩大会で女子生徒が死亡

続きを読む

2015.10.30 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |