FC2ブログ
社会学者・津田正太郎さんの記事。

 イギリス人作家、ジョージ・オーウェルの『1984年』は、全体主義国家による徹底した管理を描いたディストピア小説としてよく知られている。

 この小説に登場する全体主義国家では、「ダブルシンク(二重思考)」と呼ばれる思想統制方法が用いられている。それによって国民は、本来は矛盾するはずの二つの信条を矛盾のないものとして受け入れることが可能になる。

 たとえば主人公が勤める真理省は、国家の方針に沿って歴史を都合よく書き換えるための国家機関を指す。真理省で働く者は歴史の捏造に手を染める一方で、そこで生み出される「歴史」が真実であると信じねばならないのだ。

 このダブルシンクを彷彿とさせるのが、昨日、北朝鮮が発射した「事実上の長距離弾道ミサイル」に関する報道だ。北朝鮮政府は人工衛星の打ち上げと主張しており、実際に「地球観測衛星」を軌道に乗せた可能性もあるという。

 言うまでもないことだが、日本が人工衛星を発射するために用いているのは「ロケット」だ。だが、すでに多くの人が指摘するように、多くの報道では北朝鮮の人工打ち上げに関しては頑なに「ロケット」という言葉の使用が拒否され、「事実上の長距離弾道ミサイル」という言葉が用いられている。つまり、同じ人工衛星を発射するのでも、日本が打てば「ロケット」だし、北朝鮮が打てば「ミサイル」だと考えるようにわれわれは求められているのだ。

「ダブルシンク」としてのミサイル報道

むかし、「社会主義国の核兵器は侵略防止のためのもので容認すべき」って言説をめぐって、原水協(原水爆禁止日本協議会=共産党系)から原水禁(原水爆禁止日本国民会議=社会党系)が分離し、原水爆禁止運動が分裂した。

1965年の部分的核実験禁止条約は、すでに核開発に成功していたソ連が、核開発を続けている中国を牽制するために、アメリカ・イギリスと結んだ条約なので、原水禁=社会党はソ連支持で賛成、原水協=共産党は中国支持で反対という、ややこしい事情が背景にあった。

ちなみに、ソ連は、「すべての核兵器を禁止すべし」という原水禁の主張に、核保有国なのに賛意を示している。矛盾だ。wwwww

この記事に対しては、「“キチガイに刃物”の北朝鮮と日本をいっしょにするな!」ってコメントが多い。しかし、「狂った」ジャップに原爆投下したのは、「民主国家」アメリカ様だったことをお忘れなく。w

2016.02.08 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

交通保険に入ったり、行き先を告げて家を出たからって、交通事故に遭わない保証にはならないんだが…。

 調査を終えて、気になったことがありました。登山届提出の義務化について96%が賛成なのに、実際に提出した人は64人。山岳保険の加入者は59人でした。安全対策について、意識と実際の行動に隔たりがあり、この差が遭難増加につながっている気がしました。賛成の96人全員が登山届を出し、山岳保険にも加入するようになれば、遭難防止につながるはずです。

規制だけではない「安全な登山」対策

山岳保険に入っても、入山届けを出しても、山岳事故が未然に防げるわけではない。

登山届を提出し、山岳保険に加入すると遭難を防げるのでしょうか?何度も書いていますが、登山届にしても山岳保険にしても起きてしまった遭難事故に対処するためのものです。

新聞記者ですら遭難防止の意味を違えている

天候に注意しながら行動するとか、危険が予想される場所には近づかないとか、そっちの方が重要だと思う。水や食料を余分にもっていくとか、ビバークできる装備で行くとか、ヘッドランプをもっていくとかも、ことが起きてしまった後のためだけどね。

因果関係がよく分からない人が、新聞記事を書いている。『サイゾー』とか『ゲンダイ』ではなく、『朝日新聞』で…。w


リンクがキレてたら…

続きを読む

2016.02.08 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

「建設反対はエゴ」ってシロウトが激怒しててオモシロイ。

 救急患者を搬送する「ドクターヘリ」のヘリポートの整備を巡り、岩手県が病院に近い県立高校の敷地内に設置する方針を示し、論議を呼んでいる。ヘリの効率的な運用につながる一方、騒音や事故を不安視する声も根強い。学校敷地内に設置された例は全国でもなく、保護者の賛否も割れている。

<岩手県>高校に「ドクターヘリ」のヘリポート 割れる賛否

これ、mixiの記事だったんだけど、「反対するのはエゴ」とかコメントしてる連中がじつに多くて楽しい。

ドクターヘリの元操縦士の方によると、ドクターヘリの目的は、救急患者さんへの医療介入までの時間を短縮することで、搬送にかかる時間を短縮することではない、という基本的なことを関係者があまり理解していないそうだ。

 ニュースでは10日に一回程度と言っていますが、もしそれが本当ならヘリポートは必要ないでしょう。

 10日に一回なら年間40回未満程度ですので、ドクターヘリの機能が有効に発揮されて救命される事例は年間2,3回もないでしょう。

 なぜかというとドクターヘリの機能は搬送にかかる時間を短縮することが目的ではないと言うことを関係者があまり理解していないようです。

 ドクターヘリの目的は救急患者さんへの医療介入までの時間を短縮することが目的で、いったん医療介入されてある程度の救命処置がなされた患者さんの病院への搬入が、5分10分遅くなることは良いことではありませんが、致命的ではありません。

 基地病院として使うのではなく、搬送先病院のひとつとして使うだけなら何億円ものヘリポート建設費用や学校の防音工事に貴重な税金を使うべきではないでしょう。

岩手県ドクターへ利用へリポート反対、、、、

山岳遭難→「自己責任」、建設反対→「住民エゴ」って、脊椎反射のように騒ぐ人って何なんでしょうね。せっかくgoogleがあるんだから、ぐぐって事情通の意見を聴いてみようってキモチがないんでしょうか?w



考えてみたら、新聞記者が、ドクターヘリ導入の意義を知っていたら、ちゃんとした記事になり、頭の悪い人たちが怒ることもなかったはず。これもまたマスコミの怠慢か?w


リンクがキレてたら…

続きを読む

2016.02.08 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

本日(2/7)の「真田丸」は第5回「窮地」ということで、本能寺の変で翻弄される真田家&家康という話だった。

本能寺の変。安土城下の信繁(堺雅人)は京に向かうが、その隙に松(木村佳乃)を混乱した兵たちに奪われてしまう。一方、徳川家康(内野聖陽)と本多忠勝(藤岡弘、)は明智の軍勢から逃れるため、険しい伊賀山中を抜けての脱出を決断。野盗の群れが次々と襲うが、そのときある人物が現れる…。信州で事件を知った昌幸(草刈正雄)は激しく動揺する。再び主を失った真田家を守るため、越後の上杉景勝(遠藤憲一)を頼ろうとするが…。

第5回「窮地」

「真田丸」を見てて思うこと、それは戦国時代には「どこでもドア」が存在したらしいということだ。w

家康の「伊賀越え」って、6/2未明に本能寺の変が起き、6/4には岡崎に帰り着いているから、200km以上の道のりを3日もかからず、移動したことになる。豊臣秀吉の「中国大返し」だって200kmを7日かかっているわけだから(武装していたから?)、それ以上のスピードで移動したわけだ。徒歩じゃムリだろ。


さらに不可解なのが、本能寺の変の情報が、京都から45kmの安土(旧中山道の武佐宿で代替)にいる信繁よりも先に、360kmの信濃(同じく塩名田宿で代替)にいる昌幸の元に届いたこと。忍びをつかったってムリでしょ。

で、滝川一益に呼び出されて、昌幸が厩橋(前橋)まで行ったけど、一益は信長の死を知らなかったみたい(忍者出身説もあるのにw)。こっちの方がフツーだよな。


信繁が、安土から京都に向かう途中、安土に向かう明智勢とすれ違ったり、京都で焼けた本能寺を見たりしてたけど、あれはムリなんだよね。なぜなら、瀬田橋を守っていた瀬田城主・山岡景隆が、光秀から味方するように誘われたが、それを拒否して橋を落とし、甲賀に逃げてしまったから。橋の復旧は6/4までかかり、この間、光秀は坂本城に3日間足止めされ、安土入城は6/5になってしまった。

だから、陸路で、信繁が京都に入るのも不可能だし、逆に明智勢が安土に行くこともできなかった。この間に、安土の留守を預かっていた蒲生賢秀(氏郷の父)が、信長の家族を連れて、日野城に立てこもった。人質をどうしたかは『信長公記』には書いてないけど、安土城を焼いて財宝を奪うのを拒否したくらいマジメな人だから、捨てていったとは思えない。

なんか信繁が、姉だけでなく、他の人質たちも救出をしたかのように描かれていたけど、アレって、主人公による“手柄横取り”だよね。山崎豊子の小説で、主人公を目立たせるために、他人の功績も主人公の功績にしてしまう、アレね。w

ここで蒲生氏郷と協力して人質救出に当るって方が、ドラマとしてステキだし、史実と矛盾しない。まあ、「過剰な人間関係」が嫌いなオイラは、信繁が安土まで行ってること自体がアレだと思ってるんだけどね。w

2016.02.08 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |