FC2ブログ
…だそうです。

 俳優の堺雅人さんが主演するNHK大河ドラマ「真田丸」がBSプレミアムで好調な視聴率を記録している。BSプレミアムではスタート以来、3%以上をキープしており、7日放送の第5回は平均視聴率4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)をマーク。NHKの関係者は「BSの視聴率は3%でいい方。4.5%は異例の高さ」と驚きを語っている。

 NHK総合での平均視聴率は、初回が19.9%を記録し、第2回が20.1%、第3回が18.3%、第4回が17.8%、第5回が19.0%を記録。近年の大河ドラマは視聴率で苦戦しているなどという声もある中、1月17日放送の第2回は13年放送の「八重の桜」以来、大河ドラマでは3年ぶりに視聴率20%の大台に乗せている。

 BSプレミアムの視聴率は、初回が3.3%、第2回が3.3%、第3回が3.5%、第4回が3.9%、第5回が4.5%を記録。地上波よりも2時間早い「日曜午後6時」から放送されているBSプレミアムが好調なのは、コアなファンが多いということも考えられる。

 「真田丸」は、堺さんが真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・真田信繁を演じ、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿が描いている。三谷幸喜さんが2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけ、長澤まさみさんや大泉洋さん、草刈正雄さんらが出演している。

真田丸:BSで“異例”の高視聴率

ちなみに、NHK総合とBSプレミアムの視聴率を合わせると、毎回20%越えだな。



まあ、視聴率調査には±3%の誤差があるんだけどね。

2016.02.13 | ├ TVネタ | トラックバック(0) | コメント(2) |

高校生の書いた論文が世界的に注目されているとの記事。

福島第一原発事故が起きた、福島県の高校生と、他県、他国の外部被曝線量はどれだけ違うのか。福島高校の生徒を中心に216人のデータを比較した英語の研究論文が昨年11月、専門誌に掲載された。オンライン版は無料で公開されており、全世界で3万ダウンロードを超えている。

執筆した福島高校3年の小野寺悠さんと、論文執筆をサポートした東京大大学院の早野龍五教授(物理学)が2月8日、日本外国特派員協会での会見後にBuzzFeed Newsの取材に応じた。

     (中略)

小野寺さんたちは、実際の生活パターンから測ってみたいと考えた。1時間ごとの外部被曝線量を調べることができる個人線量計「D-シャトル」を使えば、それが可能になる。福島高校の教諭のつながりや、事故後に高校で特別講義をするなど交流を深めていた早野さんら科学者のネットワークを使い、比較研究の土台を作り上げた。

     (中略)

調査に参加した216人は2014年6月~12月の期間中、原則として2週間、線量計をつけて生活した。どこにいたか日誌もつけてもらった。データをもとに年間の被曝線量を換算すると、差はごくわずかだった。集団の真ん中にあたる中央値で比較すると、福島県内では0.63~0.97ミリシーベルト、県外では0.55から0.87ミリシーベルト、海外0.51~1.1ミリシーベルトだ。

「福島の外部被曝線量は高くない」 高校生執筆の論文が世界で話題に

論文のタイトルどおり、福島の外部被曝線量は高くないって結論に…。

だけど、これ、東京大学大学院の早野龍五教授がサポートってところがミソ。

続きを読む

2016.02.13 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |