FC2ブログ
ひょんさん(松井玲奈)がしでかしたらしい。w


しかしネット上では「ナイスボケすぎて気付かなかった!」「違和感なく語呂があってたね」「ちょっとかわいい偽物みたい」などと温かいコメントが寄せられている。

松井玲奈「『つちのこプロ』って間違いです。『タツノコプロ』です。申し訳ない!」

マチガッテもボロクソに叩かれない。人柄からかな。w

2016.02.15 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(4) |

前回、記憶が定かでなかったんで、書かなかったんだけど、再放送で確認したら、やっぱりそうだったんで書く。徳川家康の「伊賀越え」でもう少しで伊勢に出るってところで登場した明智勢。あれ、何?w

前回書いたように、瀬田橋を落とされて、6/5になるまで、明智勢は足止めされてたはず。どうして、伊勢近くまで来れるのか? マジ、いいかげんにして…。w

本能寺の変、直後の安土。信繁(堺雅人)は松(木村佳乃)を連れ信濃へ逃げようとするが、明智兵に見つかってしまう。追いつめられた松は思わぬ行動に。真田の郷では、「信長公のあだを討つべし」と正論を主張する信幸(大泉洋)に対して、昌幸(草刈正雄)の策は意表をつくものだった。一方、信長の死を知った北条氏政(高嶋政伸)は、信濃に狙いを定める。北条への恐怖におびえる故郷に、信繁が悲しい知らせとともに帰ってくる。

第6回「迷走」

続きを読む

2016.02.15 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

福島の外部被曝線量は高くない?

の高校生が書いた論文なんだけど、怪しいと書いている人が他にもいた。

 七十年代に、公害を高校生が独自に調査し、地元の河川の汚染を測定していたら、なにか圧力なのか事なかれ主義なのか、これまで使用していた理科室の機材を学校が使用させなくなり、それでその男子高校生はバイトして機材を自前で購入し調査を続けたところ、今度は近所から「不良」として変な噂を立てられるなどの迫害をされるようになってしまった、という話をフィールズ賞数学者の広中平祐氏が聞いて、その高校生訪ねるという地味なテレビ番組があった。
 
 これとは逆なのが、福島の高校生が原発事故の汚染を否定する「調査」をし、これを東大名物御用学者の一人である早野龍吾[ママ]氏が支援し、大々的に報道されたという話。その高校生のレポートは調査方法も結論もツッコミどころが満載で、だから外国記者クラブでも厳しい質問が浴びせられたのだが、それを報道では「海外で話題」と大見出し。明らかな印象操作のプロパガンダであった。そうでなければ、こんな宣伝臭い騒ぎ方をされるわけないし、内容が逆だったら迫害されるのが現実だ。

危険な政治を見抜くセンス

この論文の胡散臭さは、軽くじーな(神志那結衣)を超えているな。w

ところで、上記の「福島の外部被曝線量は高くない?」に

あと、比較対象なんだけど、海外はわからないが、国内は、元の英語論文

Measurement and comparison of individual external doses of high-school students living in Japan, France, Poland and Belarus ―the 'D-shuttle' project―

に地図が載ってるんだけど、なんか赤や黄色(自然放射線が強いところ)ばかり選んでいるような気が…。たとえば、オイラが今測定したわが家(東京都北区)の場合、0.05マイクロシーベルト/時なので、0.44ミリシーベルト/年くらいだ。しかも、エステーのエアカウンターSなので、「D-シャトル」より高く出るはず。

と書いたけど、調べてみたら、神奈川と灘を除いて、放射線量の高いところばかり選んでいたようだ。

広島県福山市(市役所) 0.084~0.148μSv/h
兵庫県神戸市灘区(区役所) 0.065~0.086μSv/h
奈良県奈良市 0.128μSv/h
岐阜県多治見市 0.12μSv/h
岐阜県恵那市 0.12μSv/h
神奈川県横浜市神奈川区(総合庁舎) 0.05~0.09μSv/h

岐阜県の多治見市や恵那市は、もともと自然放射線量が多いので有名な場所だった。

あと、去年3月の福島市の平均環境放射線量なんだけど、0.08~0.56μSv/hなので、上記のどこよりも高いじゃん。

全市一斉放射線量測定結果について -放射線量測定マップ(平成27年2月23日から3月9日実施)をアップしました-

なんで、これで高くないなんて言えるのか謎だ。

2016.02.15 | └ 福島第一原発事故 | トラックバック(0) | コメント(0) |