FC2ブログ
昨日(2/24)、NHKのニュースで知った。

 埼玉県小川町腰越の自宅で介護中の妻(77)を殺害したとして今月8日に殺人容疑で逮捕されていた無職国崎誠一容疑者(83)が、その後約2週間にわたり食事をほとんどとろうとせず、搬送先の病院で病死した。同県警が23日発表した。逮捕時に「認知症の妻の介護に疲れた」と話して以降、取り調べにも応じていなかったという。

介護中の妻殺害容疑の83歳、2週間食事拒み死亡 埼玉

認知症の妻を介護してきた高齢男性が、妻を殺して逮捕されたが、取り調べに応じず、自ら食事を断って病気となり、亡くなった。行政が介護サービスを受けることを勧めたが、男性は断り続けていた。

男性は、妻の介護でそうとう参っていたようなので、その苦しみから逃れるために、無理心中をはかり、妻だけ死んで自分は死にきれなかった。「この年齢の男性は責任感が強すぎるから」などとニュースでは言っていたが、それとはちょっとちがうような気がする。「共依存」なんじゃないのかな。

「共依存」とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖(あることを好きこのんでするくせ)状態を指す。すなわち「人を世話・介護することへの依存」である。共依存者は、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、そして相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平安を保とうとする。

娘の依頼で食事のサービスが提供されたその日に事件は起きている。「もっと早く手をさしのべていたら」とニュースでは言っていたが、共依存者である男性が、介護サービスという第三者の介入を拒絶して、このような事件を起こしてしまったのではないだろうか。

亡父が、関節リウマチになり、認知症状が出たとき、ケアマネージャーが、介護用ベッドのレンタルや、介護保険の申請などをしてくれた。さらに、さまざまな介護サービスを受けるように勧めたが、なかなか乗る気にならなかった。介護サービスを受ければ、自分が楽になるのに、なんで気が進まなかったのだろうか。←ということを、いま考えている。

もしかして、オイラも「共依存」だったのではないか?などと思ってしまう。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2016.02.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

判決にどうこう言う以前に、誤診なんじゃないのか?

 粗暴な言動を繰り返すうつ病の姉に耐えかね殺害したとして、殺人罪に問われた妹2人の裁判員裁判の判決が24日、東京地裁であった。斉藤啓昭裁判長は「同情できるが執行猶予を付す事情はない」と述べ、江川悦子被告(43)に懲役4年(求刑懲役6年)、小杉山真由美被告(37)に懲役3年(求刑懲役4年)を言い渡した。

 判決によると、悦子被告は昨年5月、東京都足立区の自宅で、真由美被告と共謀して同居する姉の江川弘子さん=当時(45)=の首を布製ベルトで絞め、窒息死させた。

 弘子さんは2003年に出産後、育児ノイローゼでうつ病になり離婚。代わりに娘を養育する悦子被告と3人で暮らしていたが、次第に「殺す」と暴言を吐き、はさみを投げつけるなどエスカレートした。

 事件当日も果物ナイフを持って娘を追い掛けており、斉藤裁判長は「悦子被告の受けた恐怖感や精神的苦痛は大きかった」と指摘したが、「ことがあれば殺害する構えで、犯行を主導した」と非難した。(2016/02/24-18:17)

うつ病の姉殺害、妹2人実刑=粗暴な言動、「同情」も厳罰-東京地裁

被害者は、うつ病ではなく、双極性障害(躁うつ病)だったのではないだろうか? うつ病の人が、暴言を吐いたり、はさみを投げつけたり、ナイフを持って追いかけたりしないだろう。双極性障害なのに、医師がうつ病と誤診して抗うつ剤を処方し、その結果、暴力的になったのでは?

ちょっと前に医療系の番組で双極性障害を扱っていたけど、近所の心療内科にうつ病と診断されていた妻が、隣の家のテレビがうるさいと夜中に起き出し、隣に押しかけて暴言を吐き、大げんかになった。夫がとめて、大病院で診察を受けたら、初めて双極性障害だとわかった。…という話だった。

双極性障害といっても、圧倒的にうつ状態が多いので、医師も見抜けなかったようだ。この裁判で医師の誤診が問題になるとは思えないけど、医師にも責任があるんじゃないのか?

2016.02.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |