FC2ブログ
汚染土壌処理のイメージを、動画でご紹介します。




豊洲汚染土壌処理の動画

東京都も、YouTubeにアップするとか、もっとアピールしろよ。

2016.09.16 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

移転反対派には残念なことでしょうが…。

 豊洲市場の主要な建物の下に盛り土がされていなかった問題で、都は地下空間にたまった水の分析を進めていますが、現段階ではベンゼンなどの有害物質が基準値以下であることが分かりました。

 都は13日に地下空間にたまった水を採取し、ベンゼンなどの有害物質が含まれていないか分析を始めています。関係者によりますと、すべての分析は終わっていないとしながらも16日までの段階で、ベンゼンについては基準値以下であることが分かりました。都は、さらに、たまった水が地下水であるかどうかを調べるため、15日に新たに市場の地下水を採取したということです。また、小池知事が再招集することを決めた専門家会議の当時の座長、放送大学和歌山学習センターの平田健正所長は17日に会見を開くということです。

豊洲市場地下空間の水 現段階でベンゼン基準値以下

でも、共産党都議団がくんでいったジャム瓶の中の水からは、きっと基準値の数万倍のベンゼンが出るんだよ。w

2016.09.16 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

「おしょくじけん」と打つと、なぜか「お食事券」と変換され、「汚職事件」に変換されない。オイラは、めるザウルスか?wwwww


 東京都の築地市場(中央区)が移転する予定の豊洲市場(江東区)の主要建物3棟の建設工事で、1回目の入札不調後、都当局が入札予定の大手ゼネコン側にヒアリングを行い、積算を事実上聞いていたことが、都幹部や受注ゼネコン幹部の証言で分かった。その後の再入札で3棟工事の予定価格が計407億円増額され、いずれも予定価格の99%超で落札された。

豊洲市場3棟予定価格、ゼネコンに聴取後400億円増

2013年11月の1回目の入札は不調に終わった。それは当時このように伝えられていた。なお、段落は読みやすいようにオイラが勝手につけた。

 築地市場の移転先の豊洲新市場の移転建設工事ですが、19日の東京都の発表によると大手ゼネコンが入札を辞退、4事業のうち3事業が不調になりました。

今年の春から日本全国で建設工事の入札不調が相次いで伝えられるようになりましたが、大型工事では先日の武蔵野スポーツセンターの不調に続き、今回は豊洲新市場の入札も不調となりました。

行政側が示す値段とゼネコン側の見積もりは全く折り合わないようです。既にオリンピックと東北地方の復興の影響で建設工事は飽和状態です。しかも資材と人件費の高騰はものすごいことになっています。型枠工や鉄筋工などの専門職の人件費は震災前の2-4倍になっていると伝えられています。

先日発表になった大手ゼネコンの2014年3月期の決算予想は大方の見方を裏切って減益予想となりました。主因はほとんど資材と人件費の値上がりによるものです。大手ゼネコンも安値では受注できません、まさに工事代金は世間の予想を大きく上回る速度で上昇しています、インフレの芽が建設業界でははっきり出てきました。

日本全体でみるとまだ本格的なインフレにはなっていませんが、全国で建設工事の入札不調が続いてきた状態と、今日の大型工事の不調をみていると先行き思わぬ展開がありそうです。

豊洲新市場 入札不調 全国的に建設工事 受難

…というのが真相なのだが、日本のマスコミって、記憶力がゼロなのか、3年前のことも憶えていないという残念さ。w


リンクがキレてたら…

続きを読む

2016.09.16 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

つぎからつぎへと出てくる話題。

 ベンゼンは発がん性以外に「引火性」も高い化学物資だ。工業会などの資料によると、〈揮発性が高くかつ引火性の強い液体であり、空気との揮発性混合ガスを形成〉〈屋内、屋外または下水溝で爆発の危険がある〉と注意喚起されている。

 ここで都担当者の「酸欠」という表現を額面通り受け取れば、「青果棟」地下の空洞には排気口などの設備が一切ないと言っているに等しい。ということは、「引火性の高いガス」が密閉空間にたまり続けていることになる。つまり、一歩間違えれば「大爆発」の可能性もゼロじゃないのだ。

豊洲市場「爆発」の恐れも 地下空洞に引火性ガスの危険性

とうとう出ましたチュド~ンの恐れ。w


建築エコノミスト氏「どうして、わかった!」←津川雅彦風。w

記事のどこにも名が出てないのに、なぜ、みんな、建築エコノミスト氏が言い出しっぺだとわかるのだろうか?w

2016.09.16 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |