FC2ブログ
欅坂46の衣装をデザインしている人は、乃木坂46と同じ人で、尾内貴美香さん。



こちらも、尾内さんか。


ミリタリーなのが好きなのかな?

この人、ちょっとヤバイかも…。


フリーメーソンですか…。w

…と思ったら、我が軍のもつくってたよ。orz


2016.11.02 | ├ 欅坂/日向坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今回の欅坂46のナチス親衛隊衣装問題で、「秋元康は無責任」という声がネットで拡散されている。その際、かならず引用されるのが、乃木坂46の「おいでシャンプー」の振り付けが問題になったときの以下のぐぐたす記事だ。

秋元康 一般公開

業務連絡。

ソニーミュージックの今野!
なっ?
やっぱり、乃木坂46の新曲「おいでシャンプー」の振り付けのあの部分、不評だろ?
だから、会議の時に言ったじゃないか!
あれは、やりすぎだよ。
ミュージックビデオの撮り方もよくなかった。
これから収録の音楽番組等は、全部、その部分の振り付けを直してください。
ミュージックビデオは………………もう間に合わないもんなあ。

南流石さんのせいじゃないよ。
本当はとってもキュートな振り付けなんだけど、乃木坂46のコンセプトには合わない。
制作チームが乃木坂46のコンセプトを理解していないからだと思う。

うーん、難しいなあ。
制作チームに自由にやらせてあげたいという気持ちと全部、チェックしなきゃいけないという気持ちと………。


Apr 15, 2012

「ソニーミュージックの今野さんのせいにしている。ゆるせん!」ということなのだが、やすすのホンネは青字の部分だろう。

「部下に好きにやらせて、失敗したら自分が責任を取る」というのが、理想の上司なんだろう。しかし、今回のように部下が非常識すぎて失敗した場合、文句のひとつくらいは言いたくなるだろうな。

2016.11.02 | ├ 欅坂/日向坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今回の欅坂46のナチス親衛隊衣装問題で、欅坂46のMVを見て気づいたのだが、よい歌は「坂道シリーズ」に行ってしまい、残りカスが48グループに来るという哀しい現実。w

サイレントマジョリティ


手を繋いで帰ろうか Short Ver.


世界には愛しかない


語るなら未来を・・・


彼女たちには劇場がないので、致し方ないのかも知れないが、HKT48にもよい歌をくれよ。w

2016.11.02 | ├ 欅坂/日向坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |

欅坂46のライブ衣装がナチスの親衛隊に似ていた件で、ヲタのなかに「他のアーティストだってやってるじゃないか」と文句を言う連中がいる。しかし、問題は、ナチスに似ているとかではなく、それをどう表現しているか、なのだ。

Ayu(浜崎あゆみ)も、“Ladies Night”のMVで、彼女自身が独裁者を演じ、大衆の前で演説しているシーンがある。



ちょうど演説が始まる前でMVは終りになっている。このあと、下図(AA)のように、自分のデカイ肖像画の垂れ幕を前に、顔のないマネキンたちの前で演説するシーンとなる。


このMVは彼女の悪夢を表わしているのだが、最後には悪夢なのか現実なのかわからなくなって終わる。

このMVが問題なしとなる理由は、独裁者の本質を表わしているからだ。独裁者の演説を聴く大衆は、みな“のっぺらぼう”のマネキンで、およそ個性のない人々を表わしている。これは、独裁者が個性のない大衆を好むとか、個性のない大衆が独裁者を望んだ、という解釈なのだ。演説を延々と続けるAyuに個性のない大衆が右往左往するシーンもあり、独裁者に翻弄される大衆、あるいは独裁者がムチャぶりをしてもそれに唯々諾々と従う大衆を表わしている。演説の最後には、ものすごい数の爆撃機がAyuの背後から飛んできて、独裁者が戦争をもたらすことも表現している。およそ独裁者礼賛とはぜんぜんちがった姿なのだ。

サイモン・ウィーゼンタール・センターが欅坂46のライブ衣装を問題視したのは、「ネオナチスの感情が高まっているドイツや他の国にいる若者に、間違ったメッセージを発信していることになる」からだ。かわいい女の子が嬉々として親衛隊の衣装を着ているシーンを見て、「なんだナチスかっこいいじゃん!」と若者がネオナチに参加したら困るというのが、彼らの主張なのだ。

「水樹奈々とかPVでナチスの風の衣装をきて、人々を監獄に閉じ込めて独裁者演じてたぞ」なんて書いているヲタもいるが、それはいいんだよ。だって、独裁者が人々を弾圧するのって、独裁の本質じゃん。独裁を美化してないじゃん。かわいい女の子が親衛隊の衣装を着るのは、美化・礼賛しているように見えるから問題なのだ。

2016.11.02 | Ayu(浜崎あゆみ) | トラックバック(0) | コメント(0) |