FC2ブログ
じーな(神志那結衣)が今年やり残したことベスト3。



やっぱり出ました。世界の美女ランキングにランクイン!wwwww

あいかわらず、ウサンクサイ博多弁でした。w

2016.11.07 | ├ HKT48 | トラックバック(0) | コメント(0) |

石巻市立大川小学校の訴訟で宮城県と石巻市が控訴した。

 東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が犠牲になった宮城県の石巻市立大川小学校をめぐる訴訟で、市と県は7日、学校側の過失を認めて児童23人の遺族に計約14億円を支払うよう命じた仙台地裁判決を不服として控訴した。原告側も控訴を検討している。

 先月26日の地裁判決は、教職員は市の広報車の呼びかけで津波の襲来を遅くとも、到達の7分前までに予想できたと判断。また、児童とめざした川の近くの小高い場所は、移動先として不適切だったと認定した。

 市や県は判決後、それぞれの議会に対し、「学校は海から約4キロ離れ、津波の際の避難所に指定されていた。教職員は津波の襲来を予想するのは困難だった」と説明。近くの裏山は崩壊の危険があるうえ、地域の高齢者も含めた全員が避難するのは難しく、「川近くの小高い場所を移動先に選んだのは精いっぱいの行動だった」としていた。

大川小の津波訴訟、石巻市・宮城県が控訴 原告側も検討

「学校は海から約4キロ離れ、津波の際の避難所に指定されていた。教職員は津波の襲来を予想するのは困難だった」と主張しているが、地裁判決はこの部分を「回避義務違反」とは判断していない。

7分前に10mの津波が来るのがわかっていたのに、標高7mの「川近くの小高い場所を移動先に選んだのは」どう考えても理解しがたく、とてもではないが、「精いっぱいの行動だった」とは言えないだろう。

生存した教員を病気と称して口止めさせるのではなく、児童74人と教員10人が亡くなったホントの原因を明らかにして欲しい。

2016.11.07 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

下のような悲惨な事故が起きた訳なのだが…。

 東京・明治神宮外苑で開かれていたロボットやオブジェなど現代アートの展示イベントで6日夕、木製の展示品が燃え、遊びに来ていた5歳の佐伯健仁(けんと)君が火に巻き込まれて死亡した。晩秋の休日が一転し、会場には消火作業にあたる人たちの大声が飛び交った。

「子どもが中に!」ジャングルジムから火の手 神宮外苑


 警視庁四谷署などによると、健仁君は高さ約2メートルのジャングルジムの中で遊んでいたとみられる。父親や来場者らに運び出されたが、すでに心肺停止の状態だった。焼死とみられる。ジャングルジムの骨組みには、アートとして、かんなくずのようなものが絡みつくように飾られており、中から電球で照らしていた。署は電球が発する熱などが原因で、このかんなくずのようなものから出火した可能性があるとみて、業務上過失致死傷容疑も視野に調べる方針。

神宮外苑の催しで展示物燃える 5歳男児死亡、2人負傷



ネットでは、この作品が谷尻誠さんのパクリではないか?と言われているらしい。

谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現

オリジナルは、可燃性の高いかんな屑と、火元と見られる白熱電球だけのようである。

さて、それはともかく、建築家の白熱電球愛とLEDの嫌い方は尋常じゃないレベルだと思った。それは、「渡辺篤史の建てもの探訪」とか、「大改造!!劇的ビフォーアフター」とか、建築系番組を見るとよくわかる。オイラ的にはエネルギーのムダづかいでしかないと思うのだが、ポリティカル・コレクトネスな省エネは、一部を除いて、建築家に嫌われているようだ。

あと、間接照明とか、薪ストーブとか、床暖房が好まれているようである。逆に、エアコンは嫌われていて、室内機も室外機も隠される傾向にある。もちろん、どちらも隠すと、本来の性能が発揮されず、エネルギーのムダづかいとなる。

家を建て替えたとき、最初に示された照明プランが、リビングの天井がダウンライトで穴だらけだったので、「シーリングとダクトレールでいいです」と断った。w


リンクがキレてたら…

続きを読む

2016.11.07 | ├ 住宅・建築ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |