FC2ブログ
…という妄言をNHK「クローズアップ現代+」でやっていたそうだ。w


「恋愛が面倒」「セックスを嫌悪している」。そうした若者が急増している。9月に発表された国の調査でも、独身男性の約7割、女性の約6割に交際相手がおらず、独身男女の4割に性経験がないことが明らかになった。一方、恋愛プロセスを飛ばして「いきなり結婚」を目指す若者もいるという。一体、何が起きているのか。番組では若者800人にアンケートを実施。先進国でも異例とされる“恋愛無用社会”の深層に迫る。

恋人いらないってホント?出現!“いきなり結婚族”

どーでも(・∀・)イイ!!けど、AKB48の握手会の影響が早すぎる。w



つまり、AKB48(の握手会)が有名になるのって、2009年以降なのだから、その前から影響があるってことがすでにウソっぽい。w


あと、握手会に来るのって、オッサンの比率が高いんだよね。オッサンの方がカネをもってるし、女性に接するスキルが高い。

指ヲタなんて、オッサンばかりだから、3万4500円のディナーショーの券が完売しちゃうわけで、さしこ(指原莉乃)がうたう歌がオッサン好みだったりする。w


2003年からサイン会や握手会に行っていたが、あれはむしろ恋愛経験のない男の子が女性に接するときの予行演習としてたいへん役立つと思っている。

女の子が逃げずに話を聴いてくれるってのが、女性に接した経験のない連中にはとってもよい。ここで女性に接するスキルを磨けば、実際の恋愛にも役立つと思うんだけどね。w

じつは、48/46グループのようなメジャーなアイドルだと、すぐハガされる=接する時間が短いので、地下アイドルとか、AV女優とか、あまり売れてない女優とかの方が良いと思う。

2016.11.25 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |

宇都宮で自爆死した栗原利勝容疑者が、妻から起こされた離婚裁判の「本人調書」をサイトにアップしていた。ここでは被告(栗原容疑者)の「本人調書」を載せるが、前回の妻の「本人調書」で語られていた栗原容疑者の妻や三女に対するDVを本人が(正当防衛と言っているが)認めている。栗原容疑者は自分に有利だと思ってアップしたのだろうが、やはりどう考えても不利なんだよね。

本人調書の登場人物は以下のとおり。

   裁判官
   被告=反訴原告…栗原容疑者
   原告代理人=反訴被告代理人…妻側の弁護士



裁判官 まず,前提として,あなたの御主張は,これまで準備書面で出していただいたとおりということでよろしいですか。

被告 はい。

裁判官 それから,あと,あなたの陳述内容については,陳述書,あるいは関係証拠として提出いただいたもので間違いないでしょうか。

被告 はい。

裁判官 それでは,補足的にお尋ねをいたしますので。あなたは,栃木県岡本台病院主治医が判定した精神疾患病名に,[三女の名]は統合失調症ではないと抗議したのは事実ですか。

被告 自分ではありません。妻が抗議したということであります。

裁判官 あなたは抗議したことはないんですか。

被告 抗議したことはありません。

裁判官 原告の[妻の名]さんが抗議したことはあると,こういうことですか。

被告 はい。

続きを読む

2016.11.25 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |