FC2ブログ
小田嶋隆氏が“WELQ”について書いた記事に江原啓之氏の似顔絵を載せ、「まず守護霊の肩こりをほぐさないとね」と書いてあるのは、いささかやり過ぎなのでは?



その冒頭部分を引用すると、以下のとおりである。

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明

インチキメディアの時代到来

2016年12月2日(金)


 医療情報サイト「WELQ」の記事が11月29日以来、非公開になっている。

 WELQを運営しているディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:守安功)の説明によれば、掲載記事の信憑性について医療関係者から疑義が寄せられていることを受けての措置だという(日経電子版のニュースはこちら)。さらに本日(12月1日)、社長名で「9つのキュレーションメディアの非公開化と社長の減俸処分」を発表した。

 まあ、当然ではある。

 というよりも、数日前からの経緯を踏まえて考えるなら、配信停止の判断は遅すぎたと言って良い。

 私がこのたびのWELQについてのニュースを知ったのは、例によってツイッターのタイムラインでの騒ぎを通してだったわけなのだが、考えてみればこのこと(私がツイッター経由でこのニュースに触れたこと)自体、WELQが引き起こしている状況と無縁ではないのかもしれない。どういうことなのかというと、世間で起こっている出来事の概要を、主にツイッター上の噂話から知り得ている昨今の私の暮らしぶりの危うさは、WELQに代表されるお手軽なキュレーションメディアをうっかり信じ込んでいる人々のおめでたさと同質だということだ。

 私たちは、ネットから流れて来る情報に対してあまりにも無防備だ。

 自分で選び取った気になっている情報は、実は「つかまされた」情報だったりするのかもしれない。でなくても、われわれは、つまるところ、誰かに誘導されている可能性が高い。

 ということで、今回は、さんざん言われ尽くしていながらほとんどまったく身についていない、わたくしどもの「メディアリテラシー」について考えてみることにしたい。

 まず、WELQの記事が炎上したいきさつを振り返っておく。

 当初、ツイッターに流れてきたのは、WELQのサイト内で紹介されていた記事への論評と、それに対する反応だった。

 現在、当該の記事は非公開の扱いになっている。ちょっと前まではアーカイブサイトで読めたのだがそちらも削除された模様だ。

 読んでみると、記事の書き手は、驚くべきことに、肩こりの原因のひとつとして「幽霊」を召喚している。

《ちなみに「肩が重い」と訴える方を霊視すると、幽霊が後ろから覆いかぶさって腕を前に垂らしている、つまり幽霊をおんぶしているように見えるそうですよ。肩の痛みや肩こりなどは、例えば動物霊などがエネルギーを搾取するために憑いた場合など、霊的なトラブルを抱えた方に起こりやすいようです。

 また右肩に憑くのは守護霊、という話もよく知られているかと思います。守護霊は人などに憑き、その対象を保護する霊のことで、多くの方の守護霊はご先祖様だと言われています。》

 なんと、右肩に憑くのは守護霊なのだそうだ。なるほど。

 解説はさらに続く。

《なお守護霊は実は1人ではなく、縁のある複数のご先祖様が憑くそうで、そうすると右肩にたくさんの守護霊が乗っている、ということになるので、肩の痛みやこりを感じるのは無理のないことなのかもしれません。》

 で、このお話は

《もちろんこれは科学的に実証された話ではないので、信じるか信じないかは人それぞれです。》

 という、なんとも人を食った物言いで一段落するわけなのだが、いったいこれは何を意図した記事なのであろうか。

インチキメディアの時代到来

江原啓之氏が「幽霊が肩こりの原因」と書いているのなら、問題ないのだが、おそらく彼は書いていないだろう。オイラは、江原氏がこのような主張をしているのを聴いたことがない。どちらかというと、「まず、病院に行きなさい」っていう人だからね。小田嶋氏は江原氏をよく知らないのではないかと思われる。

…というか、およそ霊能者はインチキで、ボロクソに叩いてもかまわないくらいの認識なのだろう。しかし、ここまでやると名誉毀損になってしまうのではないだろうか?

2016.12.07 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(0) |

前者=現代の(女性)政治家と、後者=歴史上の(女性)政治家では、政治であつかう対象がぜんぜんちがうので、比較しても意味がないような気がする。



国家の範囲がちがっていて、近代国家(広義国家)は、支配者だけでなく、被支配者も国家の構成員となっている。政治家も、支配者だけでなく、被支配者についても気を配らなければならない。だから、自分の選挙区の住民から陳情を受け、彼らに対する政策を政府に働きかけたりする。ネットで「保育園落ちた 日本死ね」という記事が話題になったら、保育行政について厚生労働省に質問をするわけだ。

これに対して、前近代国家(狭義国家)は、基本的には支配者だけの国家であり、支配者にだけ気を配ればよい。北条政子は、御家人間の力関係と、朝廷と幕府の関係だけ見ていればよく、日野富子は、守護大名の力関係と、京都の町衆や京都周辺の国人層くらいを見ていればよかった。政子にとって下人・所従=荘園にいる隷属農民、富子にとって形成されつつあった惣村に住む農民、そして、それ以外の被支配民に対して、何かをしなければならない理由はなかった。

歴史上の人物が自分と同じような人間だと思うこと自体がそもそものマチガイで、まったく異なった思考や感性の持ち主と考えた方がよい。歴史教育とは、本来、そのようなものなのだが、大河ドラマのような疑似歴史ドラマのせいで、誤った歴史観がこの国には蔓延しているようだ。

2016.12.07 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |



昨夜(12/6深夜)に再放送された「戦艦武蔵の最期 ~映像解析 知られざる“真実”~」を観た。

人類史上最大の戦艦でありながら日本海軍のトップシークレットとして、その存在やデータを徹底的に隠蔽されてきた戦艦「武蔵」。太平洋戦争の真っ只中に米軍機の猛攻を受け壮絶な最後をとげたとされている。去年3月、フィリピン沖の海底1000mの深海で発見され、アメリカのプロジェクトチームによって初めて映像が記録、公開された。こうした記録映像やNHKが独自に入手した新資料の詳細な分析から、いま、歴史の定説を覆す武蔵の実像が次々と浮かび上がってきている。日本の最高技術を結集し“不沈艦”とまで言われた武蔵だが、実は決定的な脆さを抱えた構造の艦であったことなど、知られざる実態が明らかになりつつある。番組では、NHKが開発してきた映像解析技術と新資料から「武蔵の実像とその最後」を完全再現。わずかとなった元乗組員の生存者や、世界の軍事専門家たちと共に、歴史の闇に埋もれてきた戦艦武蔵の真実に迫る。

戦艦武蔵の最期 ~映像解析 知られざる“真実”~

12/4夜の本放送後、この番組を観たネトウヨがキレて必死に反論していたので、ぜひとも再放送を観たいと思っていた。わが家では、母親が裏番組のドラマ(織田裕二ではなく、玉木宏の方)を観ており、もう一つのドラマも録画していたので、観れなかった。w

上記の「決定的な脆さ」とは、遠距離からの砲撃に耐えられるように設計されていたが、航空機による真横からの魚雷攻撃は想定しておらず、とくにリベットで繋ぎ合わせた装甲盤が魚雷攻撃で破壊され、そこからの浸水で沈没したということ。当時の技術では分厚い装甲盤を溶接することができなかったからだ。しかも、そこが弱点であることは、同型の大和が1発の魚雷攻撃で装甲盤の繋ぎ目のリベットが緩んだことで、知られていた。しかし、海軍上層部は、弱点を知りながら、対策をとろうとしなかった。


これに対して、ネトウヨたちが、日本は世界でもっとも早く「大艦巨砲主義」から脱していたとか、アメリカの戦艦ミズーリだったらもっと早く沈没していた、などと騒いでいた。

続きを読む

2016.12.07 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |