那須で高校生ら8人が死亡した雪崩事故、知れば知るほど、教師のシロウトぶりが明らかになり、生徒が死ぬように仕向けたとしか感じられない。

 訓練では、斜面下の1本の木が生えた辺りから斜面を登り始めたという。救出された生徒の関係者の証言による縦一列になって、登っていったという生徒ら。そして、木々が密集している一帯を抜けたところで、生徒らは表層雪崩が起きないかどうかを確認する作業を行ったという。

 これは、簡易的に確かめる方法で、生徒らは前日の講習で習っていたため、教師の指示ではなく自主的に行ったそうだ。その方法で、「雪崩の兆候はない」と判断し、尾根沿いに登り始めたという。

生徒らの行動判明、顧問は無線放置

生徒たちが行ったのは「弱層テスト」と言われるもの。

雪山でおこる雪崩事故のほとんどは、積雪内の弱い層の上につもった雪が崩れる表層雪崩によるものだ。 この弱い層が弱層(厚さ数ミリから数センチほどの崩れやすい雪の層のこと)と呼ばれるもので、 つまり登山者の登下降や山スキーヤーの滑降などの刺激を受けて弱層が破壊される事によって、 弱層の上に積載している雪が崩落して表層雪崩がおきるというわけだ。 そこで雪崩の危険度を判断するには弱層の有無を調べれば良いわけで、その方法が次に紹介する弱層テストだ。 弱層テストは、斜面が変わる度に行わなければ意味がないので、面倒でもマメに行う癖をつけよう。
  1. 斜面の雪面に手で直径30cm程度の円を描き、両手で雪をかき出しながら高さ20~30cmの円柱を掘り出す。

  2. 円柱の上部を両手で抱えるようにして手前に引っ張る。

  3. 1.~2.の作業を繰り返し、抱える位置を順次下にずらしながら引っ張っていく。 最終的には深さ70cmくらいまで観察する。

  4. 軽く引っ張るだけで円盤がはがれたら雪崩誘発の危険大。
  5. 薄い円盤が何枚もはがれても雪崩誘発の危険あり。

【雪山直前対策】雪崩で死なないための10の法則

しかし、「弱層テスト」は、前日に習ったばかりなので、ちゃんとできていのかは分からない。てか、教師がちゃんとできているかチェックしろよ。

 目指したのは天狗岩と呼ばれる岩で、そこまで行って引き返す予定だったという。しかし、天狗岩に近づいたところで雪崩が発生。生徒たちは雪に流されたとみられ、天狗岩のかなり下で埋まった状態で発見された。警察の30日の現場検証では、雪崩は少なくとも160メートルの長さにわたって起きたことが確認されている。

 現場で引率していた教師から「雪崩の恐れがある」という注意はなかったと話す生徒の関係者。しかし、山岳の専門家は、天狗岩付近は斜面の傾斜が変わる場所のため、雪同士がくっつく力が弱く、ラッセルなどの刺激を与えると亀裂が入る可能性があると話す。

これは、ラッセル訓練などではなく、立派な雪山登山だ。ラッセル訓練はイイワケなのではないのか?

さらにいうと、前掲の10の法則のうち、《2.大量降雪があったときには行動しない》《4.雪崩の危険地帯には近づかない》《7.斜面のトラバースはひとりずつ》《9.雪崩ビーコン・スコップ・ゾンデは必携》などに反していて、言葉は悪いが、生徒が死ぬように仕向けたような印象すらあるんだが…。



山岳救助隊員が自分たちでも足を踏み入れたことがないくらい危険な場所だと証言。

栃木・那須町で高校生ら8人が雪崩に巻き込まれ死亡した事故で、救助にあたった山岳救助隊員らが、献花台を訪れ、当時のくわしい状況を証言した。

救助にあたった山岳救助隊員は、「2メートルくらいは雪の下に埋まっている状況でした」、「ほとんど全員の方が、顔は真っ白、または黒くなり始めている状態で。全く呼びかけにも反応なし」、「なぜ、ここに...大事な子どもたちを連れてきたのか」などと話した。

また救助隊員は、事故が起きた現場は危険な場所で、山岳救助隊員でも足を踏み入れたことがないと証言した。

講習の主催者は、予定の登山が悪天候でできなくなった場合の訓練計画を定めていなかったこともわかり、警察は訓練を行った判断が適切だったか捜査している

フジテレビ系(FNN) 4/2(日) 12:20配信
山岳救助隊員、事故当時の状況語る

狂ってるな。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2017.04.02 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

火山学者の早川由紀夫氏が、那須で高校生ら8人が死亡した雪崩事故についてツイートしているが、どうやら本人は雪山を知らないようだ。



ビーコンだけで救助できるわけないんだが、それを知らないのだろう。





雪山に潜む危険の巻

ビーコン、ゾンデ、スコップ、これら「三種の神器」が揃って、初めて救助できるのだ。

今回の事件で、講習会を開いた教師たちは、1)雪崩が起きることが予想できたのに生徒を雪山に登らせた、2)ビーコン、ゾンデ、スコップを携帯せずに雪山に登らせた、という2つの過ちを犯している。また、1)の可能性が限りなく低くても、2)は用意すべきだ。自然相手に絶対安全はないからだ。

2017.04.02 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

那須で高校生ら8人が雪崩で死亡した事故で、県立大田原高校の校長と山岳部顧問が記者会見した。

 栃木県那須町のスキー場付近で高校生ら8人が死亡した雪崩事故で、登山講習会の講師役として引率した教諭3人が全員、雪をかき分けて道を作りながら進むラッセル訓練について、雪崩の発生を予想していなかったことが30日までに分かった。

 責任者だった男性教諭は「雪の上を歩かせたかった」と述べており、経験による慢心が惨事を招いた可能性もある。

 県警は業務上過失致死傷容疑も視野に、教諭ら関係者から事情を聴くなどして、判断に問題がなかったか調べている。

 犠牲者が出た県立大田原高校の山岳部顧問で、講習会の責任者だった猪瀬修一教諭(50)は29日の記者会見で、雪崩のあった日は雪が降っていたため、当初予定していた登山を断念したと説明。一方、積もった雪が30センチ程度しかなく、風もほとんどなかったため、「ラッセル訓練には向いていると判断した」と述べた。

 猪瀬教諭は麓の旅館に設置した本部に詰めており、詳しい状況は分からなかったが、現場にいた教諭2人の意見を信頼し、予定変更を決定。2人とも登山歴25年以上のベテランだが、雪崩の危険には触れず、自身も「絶対安全だと思っていた」と振り返った。 

時事通信 3/30(木) 5:06配信
講師3人、危険予想せず=「雪山歩かせたかった」―経験による慢心か・栃木雪崩

登山に絶対安全はないだろ。野口健氏もこんなツイートをしているぞ。



24時間で30cmの降雪で雪崩のリスクがあるんじゃなかったっけ。当日は9時間で34cm。なんで絶対安全なんだろうね。しかも、自分は旅館にいて現場を知らないはず。責任逃れの発言としか思えない。

一方で、スポーツ庁は高校生の冬山登山を原則禁止だという。

 スポーツ庁は今回の事故直後に全国の都道府県教委に高校生の「冬山」登山を原則禁じるよう再通知した。毎日新聞が関東・東北の1都12県の高校体育連盟に取材したところ、青森▽秋田▽宮城▽山形▽福島▽群馬▽栃木--の7県が11~3月の積雪期に登山技術の講習会を開催しており、いずれも入山時期の見直しや雪崩遭遇時に位置情報を知らせる電波発信機(ビーコン)の配備など、安全管理を見直す検討を始めたと回答した。

<那須雪崩>雪山登山あり方賛否「原則禁止」「判断力育成」

これに対して、野口氏は以下のように反論した。

 (前略) 雪崩のリスクは冬より春の方が高いことから季節で区切ることに疑問を呈し、毎日新聞の取材に「今回の事故は、責任者が現場を見ることもなく急きょ予定を変更するなど、責任者に基礎知識が欠けていた。問題の本質は判断ミスで、冬山だからというわけではない」と言い切る。

 野口さんは夏山でも暴風雨による低体温症の遭難が起きる可能性があることなどを指摘したうえで、季節ごとの一律規制よりも、状況を見極める能力を重視している。また、「引率者である教諭の役割は山岳ガイドに等しい」と話し、登山は命にかかわる活動だということを念頭に、顧問の教諭が山岳ガイドの資格を取ったり、外部の専門家をコーチに招いたりするなどの対応が必要だとも話した。

また、野口氏は


と疑問を呈していたが、その後、こんなことが明らかになった。

その後の警察などへの取材で、8人は樹林帯を抜けた標高の高い斜面で雪崩に巻き込まれたとみられることが分かりました。8人はいずれも圧死で、雪崩の直撃を受けた可能性があるということです。事故が起きた周辺は雪崩危険箇所とされていて、日本雪崩ネットワークによりますと、樹林帯の中であれば、木が障害物になって雪崩が直撃しなかった可能性があるということです。警察は、引率した教師らの判断に誤りがなかったか捜査を進めています。

雪崩で8人死亡 標高の高い斜面で巻き込まれたか


講習会を開いた教師たちはいったい何をしたのかったのか? 謎は深まるばかりだ。


リンクがキレてたら…

続きを読む

2017.04.02 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

Ayu、後ろ、後ろ!


Yoshikiと浜崎あゆみの背後にゲロブス(指原莉乃)が写り込んでいるという恐怖写真。w

2017.04.02 | ├ HKT48 | トラックバック(0) | コメント(2) |

てち(平手友莉奈)がエイプリルフールを知らなかったというネタ



をマンガ化した人がいる。w




2017.04.02 | ├ 欅坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |

もはや何の店なのかわからなくなっていると評判に…。w




NGT48の推し方もなんか変だ。w


アリオの社員が乃木ヲタで「コイツの存在を許せない!」と公言していたので、店頭で殴り合いが起きないことを祈るばかり。w

2017.04.02 | ├ 欅坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |


お昼は愛ちゃんのラストコンサート

「あなたがいてくれたから」、
モニターに映る愛ちゃんを見ながら
裏でみんな涙を流してました。

VTRもスピーチも感動したなぁ…
さっしーと2人で歌った
「思い出のほとんど」も!

たくさんの人に愛されてて、
まさに「愛佳」という
名前のとおりだなって

10年間ほんとうにお疲れ様でした。

これからは女優・多田愛佳さんのファンです!

Apr 01, 23:10

ワロタ(渡り廊下走り隊)のころは、元はるごん(仲川遥香)の天然に、らぶたんがツッコミを入れ、それにまゆゆ(渡辺麻友)となっちゃん(平嶋夏海)が困るという場面を何回か見ていたので、HKT48に来ると知り、どうなることかと思っていたら、立派にキャプテンとして振る舞い、今までのらぶたんは何だったんだろうと思わせた。w

まどちゃん(森保まどか)も、辛い物好きの仲間がいなくなるので、さぞかし淋しいであろう。




LAST NIGHT / オフコース

2017.04.02 | ├ もりぽ(森保まどか)推し | トラックバック(0) | コメント(0) |