ザ・プレミアム・モルツの水原希子出演のCMツイートに、ネトウヨがヘイト・リツィートしててめちゃくちゃキモイ。w


それではヘイトな方々のリツィートを貼りますよ。wwwww

続きを読む

2017.09.14 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



画像のような「6人乗りの電動アシスト付ベビーカー」が経産省によって「軽車両」となったため、基本的には車道を走行wしなければならなくなり、批判が集まっている。

子育ての負担を軽減させようと、常に進化を続ける様々な育児用品。

中でも、電動アシスト機能を搭載したベビーカーが注目を集める中、経済産業省がある発表を行い、その内容についてネットが騒然となっている。


■電動アシスト付きベビーカーは「軽車両」

経済産業省は、産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消法」により、電動アシスト付きベビーカーは道路交通法に定める「小児用の車」ではなく「軽車両」に該当すると発表。

報道によると、事業者から「電動アシスト機能を追加した6人乗りベビーカー」の道路交通法、道路運送車両法上の取扱についての問い合わせがあり、関係省庁が確認・検討した結果、このような結論に至ったという。

問い合わせが寄せられた「6人乗りの電動アシスト付ベビーカー」は、使用法や用途、車両寸法から道路運送車両法施行令第1条の「人力車」として同2条第1項の「道路運送車両」に該当するとのこと。

これにより、電動アシスト付きベビーカーを使用する場合は、法律上「車道または路側帯」を通行することが求められることとなる他、警音器の設置など「軽車両」の安全基準を満たす必要がある、ということになる。

「電動アシスト付ベビーカーは車道へ」 経産省の発表が「再検討を」と炎上

一般のベビーカーは「小児用の車」と位置付けられ、つぎのような条件が必要だ。

  • 車体の長さ120センチメートル、幅70センチメートル、高さ109センチメートルをそれぞれ超えず、かつ、鋭い突出部がない。
  • 自走機能を有さず、搭載する電動機が人力補助と速度抑制を行うにとどまり、運転速度を高める機能を有していない。
  • 人力補助は時速6キロメートルを超える速度で行われない。

「6人乗りの電動アシスト付ベビーカー」はこの基準を満たしていないというのだ。

歩行者にとって、大きなベビーカーが歩道を動くのは確かにジャマだが、自転車のように危険なわけではない。自動車運転手からしたら、こんなものが車道を移動していたら、ジャマだし、轢いたりぶつけたりしたらシャレにならない。誰得な話なのだ。

ところで、なぜ6人乗りなのかという点だが、これは保育士の配置基準に関係している。0歳児の場合、幼児3人に保育士1人以上、1~2歳児は6人に1人以上、3歳児は20人に1人以上、4~5歳児は30人に1人以上となっている。ベビーカーが必要なのは3歳児くらいまでなので、1~2歳児には6人乗りが必要だ。現在、どこの保育園でも保育士は人手不足なので、これより小さいベビーカーは導入できないのだ。

2017.09.14 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |


福岡ただいま🌟

久しぶりのお家なので
心も体もほっこり落ち着きます。

夜ご飯はおでんでしたよ🍢

明日はガスホールで
生誕祭ぶりの公演…!

緊張するなぁ〜〜
でも楽しみだなぁ〜〜

こないだスタバの新作(ぶどうのやつ)
飲んだからその写真です🍇✨

街のいたるところで秋を感じます😌

9月13日, 20:55

静岡から博多に戻ったまどちゃん。w

続きを読む

2017.09.14 | ├ もりぽ(森保まどか)推し | トラックバック(0) | コメント(0) |