下表は、江川紹子さんの記事

最高裁国民審査の”傾向と対策”~「これだけ棄権」もできます

を元に作成した国民審査の対象となった最高裁判所裁判官が過去にどのような判断をしてきたかの一覧である。



1.夫婦別姓

2015年12月に「姓の変更を強制されない権利」を求めた夫婦別姓訴訟で、大法廷判決は夫婦同姓を決めた民法の規定を合憲とし、別姓を認めなかった。全15人の裁判官のうち、女性の全3裁判官を含む5人が民法規程を違憲とする個別意見を書いたが、今回の審査対象の小池裕、大谷直人裁判官は多数意見に与した。

2.GPS捜査

同じく大法廷で、裁判所の令状なしに捜査対象者の車にGPS端末を取り付ける捜査は違法だとの初判断(2017年3月15日)には、審査対象の5人の裁判官が関わっているが、これは全員一致の判決。ただし、大谷裁判官は、岡部喜代子裁判官ら2人とともに、新たな立法措置が整うまでの間「ごく限られた極めて重大な犯罪」に限り、現行の令状で認められる余地があるとする補足意見をつけた。

3.参院選

「1票の格差」が最大2.13倍だった2014年12月の衆院選について、15年12月25日の大法廷判決は、「違憲状態」としたが選挙無効の請求は退けた。3人が「違憲」とする反対意見で、「合憲」とした裁判官の中にも制度の改善を求める意見をつけた者もいたが、今回の審査対象者の小池、大谷両裁判官は、いずれも多数意見で、補足意見も書いていない。

4.厚木基地

「第4次厚木基地騒音訴訟」にかんする2016年12月8日の判決は、自衛隊機の夜間・早朝の飛行禁止を命じた2審判決を破棄し、住民側の差し止め請求を棄却。さらに、やはり東京高裁が認めていた2審が同月末までの将来分の損害賠償を認めた部分も破棄し、住民側の逆転敗訴とした。一度は住民の前に開かれた道に、最高裁がぴしゃりと扉を閉めた形である。これに小池、大谷、木澤克之の3裁判官が関わっているか、この判断は5人の裁判官が全員一致だった。

5.財務省データ

「森友学園」への国有地売却に絡み、情報公開の推進を求める活動を行っているNPO法人が、財務省が廃棄したとする交渉記録について「電子データから復元できる可能性がある」として、財務省と近畿財務局が持つ関連電子データの証拠保全を求めたのに対し、第一小法廷は、請求を棄却する決定をした。これも全員一致。審査対象の小池、山口厚、大谷、木澤の4裁判官が全員関わっている。

6.参院選

「1票の格差」が最大3.08倍だった昨年7月の参院選挙について、大法廷判決は「合憲」とした。4人の裁判官が個別意見を書いているが、その中で今回の審査対象は林景一裁判官ただ1人。「投票価値の平等…の追求は、民主主義の国際標準であり、国際的潮流である」とし、「多数意見のように違憲状態を脱したとまでの評価を明言することにはためらいがある」と、控えめな表現ながらも、合憲判断に異を唱えた。


7.その他

A.山口厚 ←官邸のゴリ推し人事

著名な刑法学者で元東大法学部長。司法試験委員会委員長や法制審議会委員なども務めた。山口氏は、今年3月30日に定年を迎えた大橋正春判事の後任として任命された。大橋氏は弁護士出身。日本弁護士連合会は、弁護士の中から後任者の推薦名簿を最高裁判所裁判官推薦諮問委員会に提出した。その中から選ばれるのが、これまでの慣例。山口氏は昨年8月に東京第一弁護士会に登録したばかりであり、日弁連の推薦名簿に名前は入っていなかった。ところが、その山口氏が任命された。

これまで最高裁裁判官には不文律の出身別枠組みが存在し、おおむね裁判官出身が6人、弁護士出身4人、検察出身2人、行政出身2人、学者出身が1人となっていた。本籍が学者の山口氏が弁護士枠の大橋氏の後任となることで、弁護士枠が減らされたことになり、波紋を呼んだ。

最高裁裁判官の任命権は内閣にある。内閣法制局長人事など、人事において「官邸主導」を印象づけてきた現政権が、最高裁人事においてもその意向を反映させたのか、との憶測が飛び交うが、真相は今なお判然としない。

B.菅野博之 ←最高裁で逆転無罪

菅野裁判官が属する第2小法廷は、今年3月10日、窃盗罪に問われ無実を訴えていた中国放送の元アナウンサーの事件で、一審、控訴審の有罪判決を破棄して、逆転無罪とする判決を出している。原判決を「客観的事情を無視あるいは不当に軽視した…不合理なもの」と厳しく批判した。菅野裁判官を含む4人の裁判官による多数意見で、検察官出身の1人だけが反対意見を書いている

C.木澤克之 ←加計ありきではない

弁護士出身の木澤克之裁判官は、獣医学部新設に向けてのプロセスの透明性と公平性が問題となっている加計学園理事長の加計孝太郎氏と立教大学の同窓で、同学園監事を務めていたことから、「異例の人事」などと話題になっている。ただ、木澤氏は日弁連の推薦名簿に名前が入っており、「異例」というわけではない。


これ以外に、朝日新聞が国民審査の対象となる裁判官にアンケートを行っている。

国民審査を受ける最高裁裁判官7人のアンケート回答全文(朝日新聞 2017年10月12日10時23分)

2017.10.22 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

48/46グループの画伯といえば…。

宮脇画伯

宮脇画伯はヘタウマ?w

生田画伯

生田画伯

この2人に加え、登場したのが、てち画伯。w





てち画伯、ヤバイ!wwwww

2017.10.22 | ├ 欅坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |

いくちゃん(生田絵梨花)といえば、画伯。wwwww

2017.10.22 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |

推しが長崎アピールをやり合っててw



これは昨日のバドミントン・アピール。w

2017.10.22 | ├ 欅坂46 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ジャパネットの創業者・高田明氏がV・ファーレン長崎の代表取締役社長なんだな。w


ジャパネット社長の旭人氏ともいっしょ。w


「森保だけに盛りだくさん」的なダジャレを言いそうだな。

2017.10.22 | ├ もりぽ(森保まどか)推し | トラックバック(0) | コメント(0) |