FC2ブログ



不愉
…な笑みをむけ 長い
…沈黙の後
…度を更に悪くしたら
たい
…アスファルトに
…を擦らせて 期
…はずれのあたしを責めた





正しい街 / 椎名林檎


Andre Kertesz "On Reading"を読むタヌキ。w

続きを読む

2018.05.23 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |



これは5/20の画像と同じ。


これを観てきたらしい。w
   ↓   ↓
日生劇場『シラノ・ド・ベルジュラック』

主人公は、実在の人物(1619-1655)で、フランスの剣術家、作家、哲学者、理学者。三十年戦争(1618-48)で負傷し、フロンドの乱(1648-53)では、最初、フロンド派に属してマザランと対立したが、その後、反フロンド派に転じた。材木が頭に落ち、重傷を負うのは事実だが、死因は梅毒だった。

彼の書いた『月世界旅行』が、17世紀に書かれたとは思えないくらいリアルで、三段ロケットで月に行く話。ただし、ロケットの前は、水が太陽に引き寄せられる力を利用して、体に大量のボトルを付けて空を飛ぶ話だった(月には行けず、アメリカ大陸に着陸w)。月に空気があり、四足歩行の知的生命体が住んでいて、彼らの方が文明が進んでいる。w

戯曲の主人公より、実在の人物の方がオモシロソウ。w

2018.05.23 | ├ まどちゃん(森保まどか) | トラックバック(0) | コメント(0) |



タヌキちゃん、文春砲のターゲットにされる。

長濱に関しては今後また取材する。情報量が多いので志田ふくめて来月・再来月に話すかも。》

と、文春砲の中の人は言ってたそうだ。



タヌキちゃん、ピンチ!

2018.05.23 | ├ 欅坂/日向坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |



「怪談図書館」の桜井伸也館長が経営するコンビニで
防犯カメラに映っていた不思議な映像(約13分間)。
   ↓   ↓
怪談図書館 特別編

起きた事件の説明(約18分間)。
   ↓   ↓
週刊怖い図書館 第28回

2018.05.23 | 心霊 | トラックバック(0) | コメント(0) |