FC2ブログ



遠野の町を自転車に乗り すずんだ笛吹峠で
この町が好きと言った君の眼は 仔馬のように澄んでいた





遠野物語 / あんべ光俊


金村美玖(日向坂46)

2019.05.13 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |

5月12日(日)~13日(月)の荒川河川敷熊の木ワンドのたぬたぬ。


ペットボトルはやめて…



一脚に替えました。

2019.05.13 |     └ たぬ動画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

欅の絶滅危惧種



たぬたぬと



あおたんを

あかねん軍曹のブログ記事で見る。w

感謝を伝えたい | 守屋 茜

あおたんデカクなったのか?

2019.05.13 | │└ たぬたぬ(長濱ねる) | トラックバック(0) | コメント(0) |

1st写真集のツイートが多いような気がする。


イヌになりたい。←ウソw


「なんばしょっと?」←ねる風の尋ね方。w

続きを読む

2019.05.13 | │├ あかねん軍曹(守屋茜) | トラックバック(0) | コメント(0) |



>久しぶりに若めな服着た😀😀


実際、若いんだから、「若め」ではないはず。w

2019.05.13 | ├ まどちゃん(森保まどか) | トラックバック(0) | コメント(0) |

今朝、テレ朝の「羽鳥慎一モーニングショー」でアニマルゴミ屋敷について放送していたらしい。

2019/05/13 08:27 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
アニマルごみ屋敷・タヌキ&コウモリ動物ゾロゾロ

茨城・水戸市のごみ屋敷(通称・アニマルごみ屋敷)を取材。
家に野生の動物(タヌキ、コウモリ、ネズミ、ネコなど)が住み着いている。
駆除ザウルス・丸山潤課長によると「(車の足跡より)アライグマやハクビシンも生息している可能性がある」と指摘。
家主は一人暮らしの高齢女性。
近隣住民によると1999年に土地購入、2002年ごろに家を新築。
住み始めて半年でごみ屋敷になったという。
水戸市の対応について。
2012年、近隣住民からの相談を受け家主女性と接触を試みるが会えず。
近隣住民によると「女性は日中は不在。自宅に戻るのは夜が多い」。
2019年、女性と連絡が取れたが現在は体調不良で入院中。
近日中に話し合う予定。
野生の王国、私有地、所有権、財務省、感染症について言及。
写真:アフロ。
石原良純、ニューヨーク州弁護士・山口真由、玉川徹のスタジオコメント。

アニマルごみ屋敷・タヌキ&コウモリ動物ゾロゾロ

5月10日(金)にフジ「とくダネ!」でも放送していたそうだ。

2019/05/10 フジテレビ 【とくダネ!】
異様・動物がすみつく“アニマルごみ屋敷”実態

茨城県水戸市の“アニマルごみ屋敷"。
悪臭に近隣住民は迷惑。
この家には70代後半の女性が一人で暮らしていて、10年以上前からモノを拾ってきてため込んでいるという。
ごみの周りには数十匹のネズミやタヌキなどの野生動物が生息。
野生動物の細菌の影響で人間を死に至らせる可能性もあるという。
夜になるとコウモリが出入りする姿を確認。
この家の女性は普通に挨拶もするというが「ごみを何とかしてほしい」と伝えると態度が急変し、怒鳴ることや2階から植木鉢を落としてきたこともあったという。
女性は家の外で物を整理するばかりで、家の中に入る姿は見られない。
女性は現在体調を崩し入院中。
行政側は現在、女性本人と話し合いを続け、問題解消の糸口を探している。
茨城・水戸市の映像。
近所の人、動物研究家・パンク町田、町内会長のコメント。
最近について言及。

異様・動物がすみつく“アニマルごみ屋敷”実態

タヌキはエキノコックス症の原因で危険だとツイートしている人がいたが、それはエキノコックスの卵を経口摂取した場合で、タヌキが沢などで糞をし、その下流で水でも飲まない限り伝染することはない。それ以前に、このタヌキ、疥癬に罹っているので、そっちを気にした方がよい。タヌキのヒゼンダニは人間に寄生しても卵が孵らないけどね。伝染病を恐れるのなら、ネズミやコウモリの方が危険だ。

アニマルごみ屋敷は水戸駅から800mのところにあり、タヌキは、もともと住んでいたか、那珂川の河川敷や水戸城址の斜面緑地から来たと思える。ごみ屋敷は、2002年築で、ストリートビューで確認するとベタ基礎っぽいので、縁の下はない。もともと住んでいるタヌキだったら、巣はここにはない可能性が高い。市街地のタヌキは空き家の縁の下か側溝で子育てする。



タヌキは、珍しいので話題にはなるが(じつはそれほど珍しくない)、生ゴミをあさったり、溜糞が臭いくらいしか害がないので、野良猫みたいな感じだ。問題はネズミとコウモリで、こっちはちゃんと対処しないと伝染病のリスクが上がる。

自然動物保護を目的とするNPOに頼めば、箱罠で捕まえて、疥癬治療の後、里山に放獣してくれるんじゃないのか?

2019.05.13 | └ たぬたぬ(タヌキ) | トラックバック(0) | コメント(0) |