FC2ブログ
6月26日まで「虫の林」のいちばん西で撮影していたが、同日中にいちばん東に移動した。

「虫の林」はほとんどがサクラの木だ。



右手前のサクラの木にカメラを設置した。

続きを読む

2019.06.28 |   └ 荒川熊の木ワンド | トラックバック(0) | コメント(0) |

6月25日(火)~26日(水)の荒川河川敷熊の木ワンドのたぬたぬ。

26日のたぬたぬ。


続きを読む

2019.06.28 |     └ たぬ動画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

6月25日(火)~26日(水)の荒川河川敷熊の木ワンドのたぬたぬ。

25日のたぬたぬ。



やっぱりヨシ原が…

続きを読む

2019.06.28 |     └ たぬ動画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

6月24日(月)~25日(火)の荒川河川敷熊の木ワンドのたぬたぬ。

ボスたぬ三連発。




やっぱりヨシ原の中に巣がありそう。

2019.06.28 |     └ たぬ動画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

共産党市議の方が、共産党員であることを理由に、入居を拒否されたそうだ。


いつの時代の話だ!と批判が集まっているが、三菱樹脂事件の最高裁判決に従うと、たけこしさんの主張は受け入れられないことになる。

【憲法判例・労働法判例】 三菱樹脂事件の要点をわかりやすく解説

あと、こんなコメントがあった。


それは、戦争とは関係なく、1950年代前半、共産党が「火炎瓶闘争」「山村工作隊」など武装闘争路線を採用していたからであろう。共産党は「六全協(日本共産党第6回全国協議会)」でその路線を否定したのだが、当時の人には「怖い共産党」の印象が残っている。オイラの世代だったら「日本赤軍」とか「連合赤軍」みたいなイメージ(オイラは当時小学生だったがw)。

三菱樹脂事件 の最高裁判決は、高校の「現代社会」や「政治・経済」で教えるけど、さすがに共産党の「火炎瓶闘争」や「山村工作隊」は「日本史」では教えない。だから、知らない人がいてもオカシクないし、共産党員も知らないんじゃないのか?

かくいうオイラもそんなこと知らずに、友人の誘いで民青(日本民主青年同盟)に入ってしまい、親にめちゃくちゃ怒られたんだが、親の世代がまさに「火炎瓶闘争」や「山村工作隊」に動員された世代なんだ。w

ちなみに、オイラの恩師は共産党の武装闘争時代の学生指導者の一人で、某国立大学の教授だったK氏(故人)とその友人で超有名な言語学者T氏は、山村工作隊で「ウンコ爆弾」を製造していたと過去の武勇伝を開陳していたそうだ。w

2019.06.28 | ├ 政治ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |


4日前のツイートだけど、貼り忘れていた。orz


クリムト展に行ったそうだ。

グスタフ・クリムト(1862-1918)は、世紀末ウィーンを代表する画家。パンフレットの表紙になっている「ユディト」は有名。

2019.06.28 | ├ まどちゃん(森保まどか) | トラックバック(0) | コメント(2) |

たぬたぬ「卒業」について語るニューハーフくまこと狂虎。以前「けやかけ」のロケで共演した。




この動画をみたヲタの発言。

《たった数時間でねるちゃんのかしこさが分かるとはさすが毎日色んな人と接してるだけあるよな》

30分でわかるぞ。w

2019.06.28 | │└ たぬたぬ(長濱ねる) | トラックバック(0) | コメント(0) |