FC2ブログ
MMTの提唱者の一人ケルトン教授が来日し「国際シンポジウム」に参加したので、“DIAMOND OnLine”が記事を書いた。

異端の理論「MMT」に、保守もリベラルも熱くなる理由

記事はMMTの特徴を以下のようにまとめている。

 MMTが強調するのは、(1)通貨発行権を持つ政府はデフォルトのリスクや財政制約はない、(2)財政赤字は民間の資産増であり民間への資金供給になる、(3)貨幣は税の徴収のために政府が流通させたもので、貨幣価値は政府の信用力で支えられている、(4)租税や公債は財源調達手段ではなく、金利や購買力を調整する手段――といった点だ。

異端の理論「MMT」に、保守もリベラルも熱くなる理由 4

(1)(2)はそのとおりだが、(3)は市中銀行の信用創造について言及されておらず、(4)はあくまでも現代だから言えることで昔からそうだったわけではない。

(4)については、このように書いている。

 これらの主張の多くは、ケインズ理論などが前提とする財政の考え方と大きくは違わないが、財政赤字や政府の役割をより積極的に肯定しているのが特徴だ。財政の均衡は中長期的にも考慮する必要ないという考え。ただケルトン教授は講演で、MMTが財政赤字を無制限に続けることを肯定しているわけでなく、財政赤字はインフレ率によって調整する考えを強調した。

 インフレや景気は税や国債の増減で調整できるし、雇用も政府の「雇用保障プログラム」を通じて調整されるとする。

 不況期には、財政支出を増やして政府が働く意欲のある人を最低賃金で雇って支えるが、好況になれば失業が減り、賃金の高い民間に雇用が移動するので、財政支出は減るというわけだ。

異端の理論「MMT」に、保守もリベラルも熱くなる理由 5

問題は、議会承認を必要とする財政で機動的できめ細かな調整が可能なのかという点だ。ここについては、金融政策の方が優れていると思うんだけどね。

ロードレーサーで坂を登るのに、大きな坂だったらギアチェンジが必要だが、小さな坂だったらギアを使わないで登る。ぜんぶギアチェンジしててはレースに勝てないと思うんだが…。w

MMT信者のツイートを読むと、金融政策不要論(アベノミクスで金融緩和してカネ余りだから不要!は除く)みたいなのもあって、それはちがうだろ!と思うんだよね。w

2019.07.17 | ├ 経済ネタ | トラックバック(0) | コメント(7) |