FC2ブログ
以前、

餌やりの危険性

親子じゃないだろ

で紹介した「マルちゃん」のその後なんだけど、なかなか興味深いことになっている。

簡単に説明すると、マルちゃんはケンケンという連れ合いがいたが、出産に失敗してケンケンは死んだらしい。そしたら、マルちゃんは別の子連れの♀タヌキ(新ケンケン)を自分のものにしようとして、♀の方もまんざらじゃない。しかし、マルちゃんは、ケンカに弱いので、他のタヌキにボコボコにされてしまう。あるとき、新ケンケンは自分の子ども(ちびマルちゃん)をマルちゃんに会わせたんだけど、他人行儀で絶対親子じゃないなとオイラは思っている。

今回はその続き。



8月1日の夜、仔ダヌキが水遊びが好きそうなので、撮影者がボックスに水を入れて置いた。

1.仔ダヌキ2匹

仔ダヌキが2匹来て、1匹は水遊び、もう1匹は餌を食べる。

2.マルちゃん仔ダヌキを噛む

マルちゃんが餌を食べていると、新ケンケンが来てご挨拶。そこに仔ダヌキが来た。そこでなんとマルちゃん、仔ダヌキの後足に噛みつくという暴挙。新ケンケンはマルちゃんをなだめるが、仔ダヌキは怒っている。そこに新たな仔ダヌキが登場。さらにもう1匹登場する。新ケンケンが去ると、再び険悪な雰囲気に…。ちなみに、新ケンケン、別なタヌキとどこかに行ってしまう。しかし、マルちゃん、餌の後ろに隠れてしまう。水遊びしていた仔ダヌキ2匹がマルちゃんを無視してケンカを始める。もう1匹はいなくなる。タヌキたち、何かに気づき、ケンカ終了。

3.マルちゃんを無視してケンカ

マルちゃんが餌を食べていると仔ダヌキが来る。じつはもう1匹がカメラ側にいた。マルちゃんが威嚇するも、逆に威嚇される。すると、また、仔ダヌキ同士がケンカを始め、いなくなる。

4.冷戦は続く

餌場に陣取るマルちゃんと、水場で遊ぶ仔ダヌキ。この状態がずっと続く。

5.マルちゃん鎮圧される

餌場に陣取る大きな仔ダヌキ。草むらからマルちゃんと新ケンケンが出てくる。そして、小さな仔ダヌキが来る。マルちゃんと小さな仔ダヌキが険悪。よせばいいのに、マルちゃん、大きな仔ダヌキの尻の臭いを嗅ぎ、ケンカに…。大きな仔ダヌキと新ケンケンに鎮圧されるマルちゃん。以後、草むらに潜む。新ケンケンはいなくなり、仔ダヌキ2匹となるが、草むらから出て来れない。大きな仔ダヌキがいなくなり、ようやく出て来る。しかし、小さな仔ダヌキに威嚇され、座り込む。小さな仔ダヌキもいなくなる。


仔ダヌキ同士でガチのケンカをしているが、荒川河川敷「熊の木ワンド」でも4月には激しく行われていた。白たぬ♀ともう1匹(おそらくきょうだい)がいがみ合っていた。首の後ろから背中を噛むのがルールのようだ。マルちゃんがケンカに弱いのはあのようなケンカをして来なかったからなんじゃないかと思われる。

それにしても、マルちゃん、複数相手とはいえ、仔ダヌキに鎮圧されるとは弱すぎ。この仔ダヌキたちが成長したら、マルちゃん、ここにいられなくなるんじゃないかと思う。しかし、マルちゃんも、この場所への執着が強いから、命を落とすかもしれない。

撮影者も取り巻きも今回の事件に混乱しているようだ。子どもにいきなり噛みつくとは、マルちゃんはとんだDVオヤジだった(実際には親子ではないんだからアタリマエ)。しかも、そのDVオヤジがあまりに弱い。

新ケンケンの子どもたちが、マルちゃんを追放した後、この場所をめぐって争い、勝者が残って「つがい」を見つけ、子どもをつくる。こんな展開になりそうだ。

2019.08.04 | └ たぬたぬ(タヌキ) | トラックバック(0) | コメント(0) |

7月31日(水)、母親所有の自転車の後輪がパンク。

8月1日(木)、20年くらい前に買ったwタイヤウェルドで修理。乗れるようになる。

8月3日(土)、タイヤの空気ふたたび抜ける。

本日(8/4)、チューブ交換。費用:2,400円

紙の家計簿に記載され、検索不能となるので、ここに記載する。w

2019.08.04 | 日記らしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



この子のとなりに…



たぬたぬ。

…という表現は何をあらわすか考えて欲しい。

過去/現代、朝鮮人/日本人、従軍慰安婦/アイドル、植民地/ナガサキ、従軍慰安婦/被爆3世…

対立するだけではないだろう。

人間を「関係性の束」として捉えたら、繋がっている部分もあるのだ。

彼女にしかできないことってあるんだよね。

もうすぐ8月9日が来る。

2019.08.04 | │└ たぬたぬ(長濱ねる) | トラックバック(0) | コメント(0) |

7月18日(木)の夜に1匹だけ小さい仔ダヌキが写っていた。



仔ダヌキは3~4匹?

今日(8/3)回収したSDカードの動画で、この子が疥癬にかかっている姿が写っていた!





この子は、白たぬ♀にそっくりなチビ白たぬ♂に似ている。が、小さい。



疥癬にかかってお尻の毛が抜けたので、おティンティンとタマタマが確認でき、オスだとわかった。

疥癬といっても、より深刻な角化疥癬にはなっておらず、他の仔ダヌキや大人タヌキに今のところ感染しているわけではない。ボスたぬママのお尻の毛が抜けていることがちょっと気になるが…。あと、元気に走り回ってるんだな。

いつ感染したかなのだが、いちばん上の画像を撮ったとき、反対側のお尻に小さいハゲができていた(そのときは気にもとめなかった)。



この子は、他の仔ダヌキと比べて、体が小さい。子どもが多いと(5匹くらいいる)お乳の取り合いになるので、あまりお乳を飲めなかったのかもしれない。あるいは、生まれたときから、すでに体が小さかった可能性もある。体が小さいと、他の子に負けるので、お乳がもらいにくい。そのあたりが原因で疥癬にかかりやすくなってしまったのかも…。

この子だけにピンポイントで投薬するのは不可能だ。そもそも野生動物に投薬すべきかという議論もある。薬を入れた餌をあげようにも、どこにいるかわからない。このタヌキ家族が住んでいる土地は最低でも65aあって、そのほとんどがヨシや草に覆われている。居場所がわかったとしても、人が近づいたら逃げてしまう。

疥癬にかかったタヌキは死んでしまうと言われているが、自然治癒するタヌキもいる。寒い時期でないのが幸いしている。寒い時期だと、抵抗力が落ち、角化疥癬になりやすいのだ。

オイラとしては見守るしかないのかもしれない。

2019.08.04 |   └ 荒川熊の木ワンド | トラックバック(0) | コメント(0) |