FC2ブログ
テレ朝「テレメンタリー2019」で今年3月31日に放送放送された「那須岳雪崩事故の真相」。



2017年3月、栃木県那須岳の雪崩事故で、大田原高校山岳部の生徒7人と教諭1人が亡くなった。県の検証委員会は「自然発生と、人為発生という両方の可能性を否定できない」と結論付けた。真実が明らかにされていないと、強い不満を抱く遺族たち。その日、山岳部員たちはどのルートを、どのように行動していたのか。そして雪崩はどこで発生したのか。関係者の証言、事故現場の画像解析で、雪崩の全容に迫った。

ナレーター:阿部幹雄
制作:北海道テレビ放送

過去の放送

この事故については、当時、けっこうたくさん記事を書いた。

雪崩で高校生等8人死亡
登山に絶対安全はない
雪山登山の三種の神器
シロウト教師の指導で事故る
「職員室の流儀」を山に持ち込んではダメ
生徒が進みたいと言ったから

事件当初から引率教員の雪崩にかんする知識のなさと無責任さに呆れていたが、検証されると、改めてその気持ちが強くなった。

2019.09.05 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

まほほんのp.idl時代のネガティブ情報を投下している人がいた。





続きを読む

2019.09.05 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |