FC2ブログ
昨夜(9/7)に『文春』が公開したNGT48山口真帆襲撃事件の音声データを聴いた「まほ信」がマネージャーが犯人をかばったと大騒ぎ。



【衝撃】現場に駆けつけたNGT48マネージャー、山口真帆の「顔を掴まれました」を信じずに犯人をかばっていたことが判明・・・【諏訪寛】

マネージャーは、犯行現場に居合わせておらず、まほほんと犯人の主張がちがっても、どっちがホントのことを言っているかわからない。だから、こんな対応になっているわけで、べつに犯人をかばっているわけではない。

オイラが同じ立場で、被害者がまどちゃんやあかねん軍曹、たぬたぬだったら、実際に顔を掴まれたと信じるだろう。しかし、「彼女は顔を掴まれたと言っているが、彼は否定している」としか言えない。実際に見たわけではないから。

しかし、「まほ信」にとって、このような態度は、まほほんに仇なす行為であり、犯人の仲間と認定するに足る証拠なのだ。犯人の「仲間」と認定されたマネージャーは、吉成夏子社長とともに、一斉に叩かれ始めた。ホントに災難である。

だが、冷静に考えてみると、まほほんの

>傷もついています

は、傷害罪でなく暴行罪として捜査されたことから、警察は事実とは認定していない。

こんなことから、身内が主張しているから事実に違いない(キリッ)って態度がいかに危険かわかるだろう。

2019.09.08 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |

まほほんと犯人との「繋がり」について詳しい人のツイート。

まほほんのネガティブ情報

と同様、犯人との「繋がり」を疑っている。





続きを読む

2019.09.08 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |