FC2ブログ
だそうだ。

 ツイッターで他人の投稿を引用する「リツイート」で名誉を傷つけられたとして、橋下徹・元大阪府知事がジャーナリストの岩上安身氏に慰謝料など110万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は12日、33万円の支払いを命じた。末永雅之裁判長はリツイートについて「投稿に賛同する表現行為」として、名誉毀損(きそん)に当たると判断した。

 判決によると、岩上氏は2017年10月、知事時代の橋下氏が幹部職員を自殺に追い込んだなどとする第三者のツイート(投稿)を1回、リツイート。その後削除したが、橋下氏は「パワーハラスメントをする人物だという印象を与えた」として、同年12月に提訴していた。

 末永裁判長は、岩上氏のリツイートについて「普通の読み方をすれば、元の投稿に賛同する表現行為に当たる」と判断。投稿内容が真実だとする証拠はなく、18万人を超えるフォロワーがいる岩上氏には影響力もあったとして、橋下氏の社会的評価を低下させたと認めた。【村松洋】

9/12(木) 15:20配信
「リツイートは賛同行為」橋下氏への名誉毀損、ジャーナリストに賠償命令 大阪地裁判決

テレビで光市母子殺害事件の弁護士団の懲戒請求を呼びかけておいて、自分はしなかった卑怯者が、自分の悪口ツイートをリツィートしたジャーナリストを訴えた裁判で勝訴したという胸糞悪い判決だ。

ただ、岩上さんも、ジャーナリストなんだから、裏取りしてからリツィートしても良いのではないかと思う。オイラ的には、IWJの経済問題でのインタビューは、ビデオニュース・ドットコムとならんで、緊縮よりにめちゃくちゃ偏ってると思う。w

ところで、NGT48山口真帆暴行事件で、AKSを誹謗中傷するツイートをリツィートしてる人は、後でAKSに訴えられてもかまわんという、なかなか度胸のある人だと思える。AKSはトンデモというツイートをリツィートしてるのに、そのAKSは自分を訴えないだろうと信頼してるんだね。オモシロイ。w

2019.09.12 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



あかねん軍曹のケツとどっちがエロいか勝負だな。wwwww



くだらねぇぇぇえええ!wwwww

2019.09.12 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |


>かに〜〜!白!

に延髄反射して、白=無罪って主張してると激怒してる「まほ信」ども。

たんに肌が白いって意味だろ。


よくわからん。w

2019.09.12 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |

9月8日(日)~12日(木)の荒川河川敷「熊の木ワンド」にある「タンクの林」のたぬ一家。台風でヨシが倒れたりして大丈夫なのか?

1.おすそ分け



ヤマボウシの実がなったので、たぬにおすそ分け。



気づかないちび白たぬ2号。大あくびの後、行ってしまった。そして戻ってきたら、もうない。カメラが撮影できてなかったので、誰が食べたか不明。orz

2.なんだお前か



逃げ去るたぬ(ムキズかハナキズ)



なんだお前(ちび白たぬ2号)か

続きを読む

2019.09.12 |   └ 荒川熊の木ワンド | トラックバック(0) | コメント(0) |


この子のことじゃん。
  ↓  ↓


ジジイ、ババアなら死んでも(・∀・)イイ!! ってわけじゃないけど、若い人の死は悲しいものだ。

続きを読む

2019.09.12 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) |

AKSがNGT48山口真帆襲撃事件の民事裁判を起こしているが、新潟地方裁判所に行けば、裁判でのやり取りを記した調書を閲覧することができる。写しや筆写は禁止しているが、けっこう生々しいやり取りがわかる。

3年前の2016年10月、栃木県宇都宮市で元自衛官の男性が公園で自爆死した事件があった。ネット民が、この男性の主張を信じ、離婚した妻と精神疾患にかかった娘の悪口を書きこんでいたが、よく調べると、たんにこの男性がトンデモだったことがわかった。

この男性、自分の正しさを主張するため、精神疾患のある娘の診断書や妻との離婚裁判での本人調書を自分のサイトにアップしていた(実名入りで!)。オイラ的には、この事件の本質を知るうえでとても役立ったわけだが…。

以下に、事件の概要を伝える記事(1)と妻の親族による男性への反論記事(2)、離婚裁判での(3)「原告本人調書」、(4)「被告本人調書」を貼っておく。どのようなやり取りが民事裁判で行われるか、知りたい人は読んで欲しい。

(1)自爆死した容疑者がトンデモ

(2)爆死した容疑者の主張はウソ

(3)原告本人調書

(4)被告本人調書

ちなみに、裁判の当事者は本人調書の写しを取ることができ、それには実名が載っている。サイトにアップされていたのはその写しなので、妻や娘の実名が分かってしまう。それは問題なので、実名を「妻の名」「三女の名」と変えている。

あと、被告が弁護士を立てずに裁判をしているので(本人訴訟)、裁判官が被告に注意したりして、裁判がかなり混乱している。とくに「原告本人調書」では、被告が証拠のナイフをいきなり取り出し、裁判官が慌てるシーンが記載されている。

2019.09.12 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |