FC2ブログ



バカバカしい人生より
バカバカしいひとときがうれしい





時には娼婦のように / なかにし礼


山口真帆


確かに大胆だな。w

2019.09.19 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |

NGT48山口真帆襲撃事件の民事訴訟・第2回口頭弁論が明日(9/20)開かれる。そこでAKSの訴状に対する答弁書の具体的内容が明らかにされる。

第1回口頭弁論は、原告側の訴状と被告側の答弁書(内容は認めるか認めないかだけ)なので、3分で終わったらしい。だから、第2回口頭弁論からいよいよ裁判となるわけだ。

そこで何が出てくるかがひじょうに興味があるのだが、まほほんに都合が悪い事実が出てくるのではないかという気がしてならない。それは彼女の主張に事実と異なることがけっこう多いからだ。


1月8日の“涙のSHOWROOM”の後、彼女がしたツイートの中で事実とは異なる部分を調べてみた。

なお、ツイート全体は以下の記事に載せておいた。

まほほん遭難



第三者委員会の報告書によると、一人のメンバーが、送迎のバスにまほほんが乗っているかどうかを尋ねられ、それに不用意に答えてしまっただけ。



文春が公開した音声データだと、メンバーの名前をあげていたのはまほほん、犯人はちがうと否定していた。その子=もふちゃんなので、音声データの録音は始まっていたはず。



第三者委員会の報告書だと、警察(検察か)はメンバーの関与を否定している。

昨年12月中に、捜査は終わり、検察は不起訴を決定した。上にあげたことは、1月8日以前にまほほんも知っていたはず。なのに、なぜ、こんなツイートをしたのか?

続きを読む

2019.09.19 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |