FC2ブログ
前回は8月1日だった。

たぬたぬと遭遇

明日午後から雨となるので、電池とSDカードの交換を本日行った。

河川敷道路から踏み分け道を通って「熊の木ワンド」に入り、人が通れる獣道を使って「タンクの林」に入る。「獣道」とあるのは、丈の高い草が生え、“たぬ”しか通れぬ獣道である。

川に並行して2本の獣道が通っているが、土手側が高く、ワンド側が低い。その間に急な坂がある。踏み分け道から人が通れる獣道に入り、途中で坂を下って下の人が通れる獣道に入る。



ちょうど坂に出たとき、ガサガサと音を立てて大きな動物が下の獣道を東(下方)に向けて逃げていくのが見えた。動物そのものは見えなかったが、けっこう派手に草が揺れていた。

たぬだ。w

それからタンクを通り、カメラの設置場所に着いた。電池を交換していると、さっき逃げた方向から“たぬ”がやってきた。

無視していたら、寄って来たので、あっち行け!と手を振ったら、立ち止まった。

しかし、しばらくすると、また寄って来たので、またあっち行け!をしたら、方向転換したので逃げると思った。

しかし、また寄って来たので、またまたあっち行け!をした。

今回は余裕があったので、デジカメで撮影したが、ピンボケだった。orz



たぶん、白たぬ♀だと思う。下図は8月25日撮影。



たぬは、坂を上ってヨシ原の獣道を通って、西に向かって行った。かなり大きな音を立てていた。

たぬがまったく人を恐れていないのには驚いた。しかし、「熊の木ワンド」の真ん中に生息しているので、人を見たことがあまりないのだと思う。西端とか東端なら釣り人と接触する機会があるからだ。

こちらとしては、人を恐れるように追っかけたりした方が良いのかもしれないが、せっかくたぬが寄って来ているので、そんなことをしたくない。なんでたぬに嫌われるようなことをしなければならないんだ!という思いがある。

秋が深まると、たぬが夜行性になるので、遭える機会も減るだろう。

2019.09.20 |   └ 荒川熊の木ワンド | トラックバック(0) | コメント(0) |