FC2ブログ
文春デジタルに続き、『スポニチ』と『新潟日報』がまほほん事件の準備書面と証拠にかんする記事を書いた(『スポニチ』記事はクリックすると大きくなる)。




『新潟日報』




ある「まほ信」が『新潟日報』の裏切りに激怒していたが、事実を報じているだけで裏切りとは彼らの頭のオカシさを感じる。

また、彼らは、「馴合訴訟」を続ける(と信じて疑わない)新潟地裁にも怒っているわけで、もはや裁判所も信じていないって感じで、コワイ。w

2019.11.06 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |



大阪で生まれた女やさかい
大阪の街よう捨てん
大阪で生まれた女やさかい
東京へはようついていかん
踊り疲れたディスコの帰り
電信柱にしみついた夜





大阪で生まれた女 / BORO


早川聖来(乃木坂46)



彼女は美人なんだけど、新喜劇のマネをしている姿を見て…



松本社会人と同じ匂いを感じてしまう。w

2019.11.06 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |


進化論って誤解されていて、「適者生存」は優れた生物が生き残るってことだけど、何が優れているかは環境に依存するんで、いま栄えている生物が将来も栄え続けるとは限らないのだ。

恐竜の「絶滅」を見ればわかるけど、中生代には恐竜が栄えていて、哺乳類や鳥類(恐竜の一種)は傍流だった。おそらく当時の環境が恐竜に有利だったのだろう。しかし、隕石が落下して環境が激変したら、恐竜はそれに対応できずに「絶滅」し(鳥類が残ったから絶滅ではないが)、それまで傍流だった哺乳類や鳥類が栄えるようになった。

ガラパゴス化=かなり特殊な進化も、生物の多様性の一種なので、将来の環境変化への保険みたいなものだと考えた方がよい。

今から40年くらい前に、某国立大学の教養部で伊東光晴氏に経済学を学んだことがある。そこで知った話の一つに、経済合理性と安全保障は一致しないというものがあった。

経済合理性を追求すると、例えばネジは、1社どころか、1工場が独占的に生産した方が効率的だ。しかし、そんなことをして、その工場に爆弾を落とされたら、その国は白旗を上げるしかない。安全保障上は危険極まりないのだ。

当時まだあったソ連では、1つの工場でネジ1個からすべて生産しており、経済合理性からしたら、バカなんじゃないかと思われる。しかし、ソ連は、第二次世界大戦でドイツ軍に攻められ、工業地帯を占領されて、工場をわざわざシベリアに移さねばならなかった。その経験からネジ1個から生産するようになったそうだ。あまりに経済合理性に反していたので、ソ連は崩壊してしまったが…。

平時と戦時という環境変化で、合理性が変わってしまうのだ。

だから、いま繁栄しているモノが将来的にも繁栄するかはまったくわからない。そこで、ガラパゴス化は一種の保険だと思っていた方がよいのだ。

2019.11.06 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



文春デジタルの記事で、10月28日(月)に開かれた山口真帆暴行事件の民事訴訟・進行協議で、原告が音声データを、被告が証拠2点と準備書面を、それぞれ提出していたことが明らかになった。

 AKS側が今回提出した主な証拠は録音データの文字起こし。録音データは、暴行事件直後に山口が犯行グループとされている男性らと公園で話し合いをした際のやりとりが記録されたものだ。元々は現場に立ち会ったNGTメンバーのM子が録音したデータで、既に第三者委員会に提出された他、音楽関係者やスポンサー、一部のメディア関係者にも出回っている。ニコニコ生放送「直撃!週刊文春ライブ」では、9月7日に公開した。

 一方、被告側からは新たな陳述書と共に主に2点の資料が追加された。

 ひとつは事件現場となった同じマンションの2通の賃貸契約書だ。主犯格とされる男性は大手不動産会社を通じ、平成29年3月23日に山口の住むマンションの602号室を、平成30年の12月3日には山口の向かいの部屋にあたる314号室を契約していた。314号室は、NGTメンバーである太野彩香(22)が以前住んでいた部屋でもある。602号室の家賃は月額約54000円だった。

「暴行事件の際、犯行グループが太野の部屋からでてきたことで、山口は犯人と太野の繋がりを疑っていた。事件直後に、山口が犯人グループに対し『あやかに(※編集部註 太野の愛称)は、どう関わってるの?』『あやかにが鍵をやった(渡した)んでしょ?』『あやかにと連絡取れるんじゃないの?』などと執拗に問い詰めている様子が、録音テープにも記録されている。犯人グループとしては、まず太野との繋がりがなかったことを証明したいようだ」(AKS関係者)

《NGT裁判速報》新たな証拠開示 AKSは音声データ、犯人側は賃貸契約書と“あの写真”を提出…… 1

アヤカニとK氏にはやはり「繋がり」はなかったようだ。

K氏は、まほほんの部屋の前の部屋に事件の5日前に入居してたんだね。これを知った「まほ信」が襲う気マンマンだったと勝ち誇っていたが、5日前だからってK氏の意図までは証明してはいないからね。w

続きを読む

2019.11.06 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |