fc2ブログ


ローマ法王フランシスコが来日する。

 ローマ・カトリック協会の最高指導者、法王フランシスコが23日に来日します。法王来日は38年ぶりで、長崎・広島で核廃絶を訴えるほか、東日本大震災の被災者とも交流する予定です。

 法王フランシスコは22日、訪問中のタイの首都バンコクで仏教やイスラム教など他宗教の指導者らとの集会に参加。「異なる宗教がお互いに尊重しあい、協力することが今の人類にますます必要になっている」と訴えました。さらに夜には若者らとミサを行い、未来に目を向けるよう呼びかけました。

 法王は23日午前にタイを出発し、夕方、羽田空港に到着する予定で、24日、長崎・広島で核廃絶の重要性を訴えます。また、25日には東京で東日本大震災の被災者と交流したあと天皇陛下との面会や安倍総理との会談を行うほか、東京ドームで大規模なミサを開催します。

 ローマ法王の来日は1981年の故ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり2度目です。(23日10:50)

ローマ法王フランシスコ、38年ぶりに来日へ

「たぬ信」がたぬたぬがローマ法王に謁見することをあきらめていなかった。w

※明日からローマ法王が来日され、明後日には長崎と広島の原爆慰霊碑を訪問する。以前から言っていた長濱ねるのローマ法王謁見の可能性がゼロではない。何故なら長濱ねるはまだ長崎市観光大使のままだからだ。微かな可能性に期待しつつローマ法王の原爆被災地訪問を歓迎したい。私も昨年の秋に長崎の原爆資料館等を訪問したがボランティアの方の詳しい説明を聞いたので今でも鮮明に覚えている。また長濱ねると言えば五島だが、NHKの大河ドラマの代役が五島出身の川口春奈(24)に決まった。芸能界復帰後は長濱ねるの朝ドラと大河ドラマ出演も楽しみだし、NHKのねるねちけいONLINE!もかんざらしに恋してのTwitterにも長濱ねるは残っています。

長崎市観光大使だからってのは理由にならないだろうな。だったら、まどちゃんだって謁見できるはずだもん。そもそもたぬたぬはカトリック信徒じゃないのでは…。w

五島列島出身の川口春奈が大河ドラマに出演するからって、たぬたぬが朝ドラと大河ドラマに出演するって発想も理解できない。川口春奈が代役になれたのって、他の女優がスケジュール的に無理だからって理由みたいだし、大河ドラマに出演する女優が麻薬所持でパクられるって事態はしばしば発生することではない。

ちなみに、「ローマ法王」って言い方と「ローマ教皇」って言い方があるが(教皇は教科書に多い)、今後は「教皇」に統一するらしい。

2019.11.23 | 長濱ねる | トラックバック(0) | コメント(0) |

師子角允彬さんという弁護士がNGT48山口真帆暴行事件の民事訴訟について書いていて、これが「まほ信」の心のよりどころとなっているようだ。

司法記者の倫理(NGT裁判の報道の在り方)

読んでいくと、こういう記述がある。

 記事には、

「『山口は自ら潔白の自信があるのであれば、証人出廷し、100%疑惑を晴らせばいいんですよ。ファン、メンバー、スタッフたち皆のためにも出廷し、K氏ら犯人グループに罪を償わせるべきですよ』(前出の司法記者)」

と書かれています。

 しかし、証人尋問は当事者が証人尋問の申出をしなければ実施されません(※)。

 つながりがなかったと仮定した場合、出てこられると嘘がばれるため、被告側から証人尋問が申し出られることはないと思います。

 他方、山口氏とAKSとの関係は必ずしも良好ではないことを考えると、AKSが山口氏の証人尋問を求めるかも不透明なところがあります。

 そういう状況の中で「真実」らしきものが議論されて、それが面白おかしく報道されることが問題なのに、証人として出廷しろと煽るのは酷なのではないかと思われます。

※印部分は、最後に「令和元年11月21日追記」として長い解説が載っている。

で、問題なのは、「つながりがなかったと仮定した場合」と書いているように、この記事自体がつながりがなかったという仮定を前提に書かれていることであり、つながりがなかったと弁護士が信じているってことなのだ。つまり、この弁護士も「まほ信」だってこと。

こっちとしては、その前提を疑ってるわけだから、ぜんぜん説得力がないんだよね。w

さらにいうと、被告側は聴きたいんだよ。なぜ、つながってたのに、つながってないとウソつくんですか?と。そして、原告側も、被告と特定のメンバーがつなっがっている証拠はあるのか? あるんだったら出して欲しい。そして、ないのならもう言うなと…。



某国立大学の教養部で哲学の単位を取るため、「アンセルムスの神の実在証明」を読んでレポートを書いた。それはこんな論理構成になっていた。

1)神は「それよりも偉大なものを考えることができないもの」と定義できる。

2)この定義は、神の存在を信じるかどうかに限らず、あらゆる人々にとって理解でき、受け入れられる神の定義である。

3)そうすると、神は少なくとも人間の理解の内には存在すると結論づけられる。

4)神が人間の理解の内にだけ存在する場合と、神が実在する場合とを比べると、前者よりも後者の方がより偉大になる。

5)神が人間の理解の内にだけ存在するというのは、「それよりも偉大なものを考えることができないもの」という神の定義に矛盾する。

6)だから神は実在する。

1)の定義を疑っている人(それ、オマエが定義してるだけじゃんw)にはなんの説得力もないタワゴトである。

ただ、そんなこと書いたら単位がもらえないかもしれないと忖度したので、そんなことは書かなかった。w

2019.11.23 | 48G | トラックバック(0) | コメント(0) |

TwitterのTLをあかねん軍曹推しの人がイイネしていたツイート(てかリンク先のブログ記事)が流れてきた。


ここで批判の対象となっているのが「正直欅坂46はもうダメだ」というブログ記事(下のツイートのリンク先のまとめ記事のさらにリンク先)。


オイラは「もうダメだ」さんに近いかも…。

運営は「反抗」コンテンツで差別化を図ったつもりなんだろうけど、それについて行けないヲタ(とメンバー)が抜けていってるって感じ。

「セゾン」でヲタになったオイラからしたら、「反抗」コンテンツは詐欺にあったようなものだ。かの桑田佳祐氏は、バラードが得意でどんどんできちゃうんだけど、アルバムに入れるのは1曲か2曲らしい。そうれくらいがちょうどいいんだそうだ。シングルを年に3回リリースしてるんなら、「反抗」コンテンツは年に1曲でいいんじゃないか? 今年はシングルが1回しかリリースされてないけど。

スキャンダルで活動辞退したメンバーはともかく、ずーみん、モナ王、よねさん、たぬたぬと抜けて、すずもんとオダナナが抜けそうってどうなんでしょう? そして、てちがいちばん無理してるんじゃないかと思うんだが…。

「反抗」コンテンツのスケールが、大きくなるのならともかく、だんだん小さくなっていくような気もする。キャッチフレーズが「僕の周りの世界は絶望に溢れてる」の「黒い羊」の歌詞が「髪の毛は染めるなと言う大人は何が気に入らない」じゃ、ちょっとついて行けないな。てか、やすすにとって苦手なコンテンツなんじゃないか?とさえ思うぞ。

2019.11.23 | 欅坂/櫻坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |