FC2ブログ
熊谷6人殺害事件で、東京高裁が、一審の死刑判決を破棄し、無期懲役判決とした。

 埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)の控訴審判決で、東京高裁(大熊一之裁判長)は5日、死刑とした一審さいたま地裁裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。被告が統合失調症の影響で心神耗弱の状態だったと認定した。

 責任能力の有無や程度が争点。弁護側は被告を精神鑑定した医師の証言などに基づき、統合失調症の影響で心神喪失だったとして無罪を主張していた。

 一審判決は被告の統合失調症による妄想の影響は限定的だったと指摘し、求刑通り死刑とした。

12/5(木) 15:20配信
熊谷6人殺害、二審は無期懲役 ペルー人の男、心神耗弱認定

被告が、統合失調症で事件を起こす前から意味不明の行動を取っていたので、妥当な判決ではないのか? 心神喪失で無罪になってもオカシクない。

奥さんと子ども2人を殺された遺族がめちゃくちゃ怒っていた。

<熊谷6人殺害>なぜこんなに被告は元気なんだ…妻子殺害された男性が怒り 被告側は無罪主張「理不尽だ」

<熊谷6人殺害>こんな理不尽ない…妻子殺害された男性怒り 5日に控訴審判決「ぬくぬくと生きている」

家族が殺されたのだから、そりゃ怒るだろう。

警察が、9月13日に被告をいったん保護したものの、不注意で逃走された後、事件が起きているので、そっちの方が問題である。

しかも、9月14日夕方に最初の事件(夫婦を殺害)が起きた後も、住民に事件の発生を知らせず、16日午後に第2の事件(独身女性を殺害)が、夕方に第3の事件(上記)が起きている。上記の遺族は、この不手際にかんして国家賠償請求訴訟を起こしている。

また、一審で死刑判決が出たのに、二審で無期懲役になったことで、怒っている人が多いが、そもそも異常な心理状態で起きる殺人事件をふつうの市民が裁くってこと自体に無理があるのではないか? しかも、本件は本当に精神異常者なんだから、ますます問題だろう。

2019.12.05 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |


明石順平氏にとって都合が悪い動画をリプライしてブロックされてるんで、何を言ってるか別のブラウザーで見るしかない。w






MMTって最近話題になっているから流行りものみたいに考えらえているけど、元をただせば管理通貨制度の分析から出ているわけで、オイルショックなんかよりももっと根本的な問題への対応なんですけどね。w

れいわ新選組の大西つねき氏が主張しているように、とりあえずはMMTにノッテ景気回復させてから、根本原因(誰かの借金が誰かの資産、借金がなくなると通貨もなくなる)の管理通貨制度を変革するってのが、いちばん着実な解決法のような気がするが…。

根本原因をほっておいて、「地道な道」を歩んでも、絶対失敗するだろう。ガス漏れ放置して、とりあえず消せるところから消火で、鎮火できるのか?って話。あるいは、真っ暗闇で手探りよりも、とりあえず照明を点けましょうって話なんだけどね。

2019.12.05 | ├ 経済ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |


「僕をネットで誹謗中傷して捕まった人のほとんどが僕を犯人だと思って『正義感でやっていた』と言っていた。正義感のある人が匿名で集団リンチはしないと思う。正義マンは人をおとしめたり懲らしめたりすることを正義だと思っている。自分の正義感を証明するために人を攻撃して追い詰めているのです」

     (中略)

「僕を中傷していた人たちも最初は正義感と言っていたが、最終的には離婚してつらかったとか、妊娠してつらかったとかに行きついた。ストレスが原因だったのです」

     (中略)

「デマを見抜けない人が怖いのではなく、デマを認めない人の方がよっぽど怖い。『みんなも書き込んでいた』は通じません」

自分で拡散したデマが原因で騒動が起き、その結果として民事裁判に呼び出されるかもしれないとストレスを感じてる教祖様、自分でつくりあげたストレスに苦しむ気持ちってどんなものなんでしょうか?

そして、信仰心に基づいてデマを拡散し続けている信者のみなさん、スマイリーキクチさんの言葉は届いていますか? どんなストレスがあなたを突き動かしているんでしょうか?

2019.12.05 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |

潜水亭氏がづっきーについて書いていたが、なんだかなぁって内容だ。


《山下美月は、『ブスに嫌われるタイプ』の女性なのだそうだ。完璧なルックス、聡明な頭、物怖じしない明るさ……子供のときから、彼女は妬みの対象となっている自分を自覚しながら育ってきた》

そうなの?

《聡明な頭》は確かにそのとおりなんだが、《完璧なルックス》と《物怖じしない明るさ》には疑問がある。とくに後者。

「小学校のときと高校では上にも下にも行かずに真ん中でした。クラスにもちゃんと馴染めてて、いろんなことをそれなりにやる生徒っていうか、そういうふうに思われなきゃ、という意識がありました」

「自分の中で『こうしていれば普通の人間だ』っていうのがあったんです。何人か友達がいて、学校では単独行動をせず、誰かに合わせていれば可もなく不可もなくで、ずっと一定の状態であり続けられるだろうなと思って…めっちゃ性格悪いやつみたいですね(苦笑)」

『BRODY』2017年10月号

そういう感じではないな。どっちかというと、

 ♪目立たぬように はしゃがぬように

生きてきた感じ。河島英五かよ!w

彼女、第一志望の高校に受からなかったり、オーディションにも受からなかったり、けっこう苦労人だったという情報がある。むしろ、その苦労がいま実を結んでいるんじゃないのかと…。

てか、潜水亭氏は調べないで書いてるの?


彼女が《不器用な子の気持ちに寄り添い、場の雰囲気を壊さ》ず、《年少メンバーのお世話係をや》れるのは、苦労人だったからで、《姉御肌》や《自然体で感情をだせる》からではなさそうだ。

上で中学生の話が出てなかったけど、彼女は中学生時代、たぬたぬ(長濱ねる)と同じように、作文で賞をもらっている。かなり勉強はできたようだ。高校受験で第一志望の学校に行っていたら、たぬたぬみたいになっていたかもしれない。

でも、そうならなかった代わりに、たぬたぬのように演技で苦労しないで済んだと思うと、何が幸いするかわからんな。w

2019.12.05 | 48/46グループ | トラックバック(0) | コメント(0) |