FC2ブログ



分かり合いたいなんて 上辺を撫でていたのは僕の方
君のかじかんだ手も 握りしめることだけで繋がってたのに

粉雪 ねえ 永遠を前にあまりに脆く
ざらつくアスファルトの上 シミになってゆくよ





粉雪 / レミオロメン


森保まどか(HKT48)

2019.12.14 | └ You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |

マトモなグレタ批判はないのか?と思ったら、こんなのがあった。himaginary という人の記事。

ふと、かつて温暖化対策の行き過ぎを諌めたビョルン・ロンボルグはグレタ・トゥーンベリについて何か言っているのかな、とぐぐってみたところ、9月末にこのような論説を書いていることを知った。以下はその概要。

     (中略)

2028年までに化石燃料を削減しなければ若い世代は我々を許さないとトゥーンベリ氏は言うが、これは偏狭な先進国の見方である。国連が世界の一千万の人々に優先順位を尋ねたところ、上位に上がった5つの問題は健康、教育、仕事、腐敗、栄養だった。即ち、人々は、自分たちの子供が治療が容易な病気で死なないこと、まともな教育を受けること、飢え死にしないことを望んでいる。気候変動は16の選択肢の最下位だった。それは、この問題が重要でないためではなく、大半の人々にとって他の問題がより切迫しているからである。

問題は、気候変動がますます他の問題を押し退けていることにある。例えば、世界で貧困に喘ぐ人々の優先順位に真っ向から反し、今や開発援助全体の3分の1は気候変動に充てられている。グリーンエネルギーの研究開発への投資を増やして気候変動問題に対処すべきではあるが、貧困、健康、教育、栄養という問題への対処よりも気候変動を優先したならば、世界の若者世代の大半は我々を決して許さないだろう。

将来世代はグレタ・トゥーンベリを許さない?

発展途上国からしたら、温暖化<<<<<開発だろうな。これは環境問題が先進国で唱えられてからずっと変わらない。

2019.12.14 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |



エジプトで、空気銃に鉛の球を込めて、子ネコの頭を撃ち抜き、それを咎めた友人も撃ったというトンデモない話。しかも、それを自著で開陳していたという。

野口健、子猫を空気銃で撃ち殺した過去


ちなみに、聞き手の小西克哉氏は、某外語大でお世話になったN氏の友人で、その図書館で見かけたことがあった。

このN氏は「自殺の名所」T団地で2年間に3回自殺を目撃した人でもある。

T団地


なんか「呼び捨て」にされたことに腹を立ててるようだけど、子ネコの頭を空気銃で撃ち抜くような人は「呼び捨て」されてもしょうがないのでは?w

2019.12.14 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |

織田信成モラハラ被害訴訟について、例の「もやし」さんが冷静な意見を言っててワラタ。w




そして、関西大学が反論。

 フィギュアスケートの10年バンクーバー五輪代表で、現在はプロスケーター、タレントとして活躍する織田信成氏(32)が、関大アイススケート部監督時に、同部の浜田美栄コーチからモラルハラスメントを受けたとして、同コーチを相手に1100万円の損害賠償を求めて提訴した問題で、関大が10日、書面などで、織田氏の主張に事実上反論する内容の見解を公表した。大学の聞き取り調査の一部を発表し、浜田コーチの解任などを要求した織田氏の要望について「妥当ではない」と判断したという。

 18日の提訴会見で「関大がもう少し真摯(しんし)に対応してくれていれば」と話していた織田氏に対し、関大が事実上“反論"した。

 7月1日に織田氏側から浜田コーチへの不満と解任要求を受けた関大はその後、織田氏が申し出た3点(【1】練習時間の変更、【2】部則の変更、【3】8の字練習)について関係者へのヒアリング調査を行っており、その調査結果を公表した。

 【1】、【2】については変更に伴い、浜田コーチと他のコーチから、生徒らに不利益な面や不安が出てきたこと、また織田氏の指導者ミーティング欠席や強引な進め方により、コミュニケーションが取れなかったという指摘があった。また、【3】については織田氏側は「3人以上で行わないと決めた8の字練習を、5人で行っており、危険なのでやめるように注意したが無視された」と主張しているが、浜田コーチは「事案発生時に自分はリンクにいなかった」と説明し、他のコーチ陣も「当該事案は浜田コーチではなく他のコーチのもとで起こったこと」などと指摘。関大はこれらの点を踏まえ「織田氏の要望を受け入れることは総合的にみて妥当ではない」と判断した。

 同調査結果については、織田氏の体調を考慮し公表してこなかったが、最近の活動から不安がある程度払拭(ふっしょく)されたと判断できること、また、不安を持つ多くの保護者から「公表してほしい」との要望があったことから、今回発表に踏み切った。

12/11(水) 7:30配信
関大 織田氏モラハラ訴えに“反論” 浜田コーチの解任要求「妥当ではない」と判断

2019.12.14 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |