FC2ブログ
「フィナンシャル・タイムズ」による新型コロナウイルスの感染拡大にかんする記事を機械翻訳した。



コロナウイルスの追跡:パンデミックの広がりに伴う最新の数字
影響を受けた国、死亡者数および経済的影響

コロナウイルスの発生の人的被害は増加し続けており、発生の原因となった中国だけで80,000人以上が感染しています。ウイルスで死亡したと確認された人の数は、現在6,000人を超えています。

ウイルスの増殖は世界保健機関によってパンデミックと宣言されており、世界のさまざまな地域で急速に広がっています。これまでに140か国以上で症例が確認されています。

コロナウイルスの震源地は現在ヨーロッパであり、イタリアで最も多くの症例が確認されており、イタリアとスペインの死亡者数はアウトブレイクと同じ段階で中国よりも急速に増加しています。


イタリアとスペインのコロナウイルスによる死者は中国よりも速く増加している。

10人目の死者が出て以降の日数(横軸)と累積死者数(縦軸)

ほとんどの西側諸国では、症例数が1日に約33%増加しています。これは、他の国々がまもなくイタリアと同じ課題に直面する兆候です。

アジアの都市国家であるシンガポールと香港は、症例数の増加という点で異なる軌道に乗っています。これまでの増加率は、迅速かつ厳格な措置により比較的抑えられてきました。


西洋諸国の多くは同じようなコロナウイルス感染曲線である。ホンコンとシンガポールはここまで拡大を抑えこんでいる。韓国は経過が遅くなっている。

100件目以降の日数(横軸)と累積件数(縦軸)

中国:25日間で5万8761件。

韓国:拡大は初期の速度から遅くなっている。

日本:拡大が遅いのか、たんに検査が不十分にしか行われていないのか、議論の余地がある。

シンガポール:厳しい検疫規則と接触の追跡。

ホンコン:学校閉鎖と検疫、強い社会的対応。

Coronavirus tracked: the latest figures as the pandemic spreads

2020.03.16 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(0) |