FC2ブログ



たとえ このまま 会えないとしても
思い出に そして 君に
きっと さよならは 言わない
決して さよならは 言わない





さよならは言わない / 小田和正(covered by Shizume)


長濱ねる

2020.05.09 | >You-Co-mix | トラックバック(0) | コメント(0) |



舞台「スマホを落としただけなのに」の取材インタビューに答えるアホやねん。w

まず、記事のタイトルにした「考えることがすごく好き」なこと。

――歌やダンス以外、演じること自体も楽しさを感じていましたか。

はい。すごく楽しかったです。私、もともと考えることがすごく好きなんですよ。だから、“この子だったらどんな動きをするかな?”って役のことを考える時間が楽しくて。演じる役柄によって、ただ動くにしても、その動きのスピードとか仕草や行動、表情が変わってくると思うので。「セーラームーン」は原作がある作品でもあったので、そのキャラクターを研究して、追求して、実際に自分でやってみるっていう作業が本当に楽しく感じたので、こうやってお芝居のお仕事をいただけて“また考えることができる!”と思うと、とても嬉しかったです。

     [中略]

――では、大ヒットした原作や映画の舞台化ということに関してはどう感じています?

考えることが好きなのもあって、私も犯人を追っていくひとりとして、“犯人はこの人じゃないか?”“私だったらこっちの人を追うのにな”とか、誰が犯人なのかを考えながら観て、すっかり引き込まれました。しかも私、ひとり言も多いので、“え!? 違うの?”“うわー、逃げて!”とか言いながら(笑)。だから、そういうドキドキを舞台でも出せたらいいなって思っています。

――原作も読まれたんですよね。

はい。“スマ落1”のほうは映画を観てから読んだので、読みながら映画の映像が再生される部分も多かったんですけど、“スマ落2”は映画公開前だったので、想像を掻き立てられながら読みました。“これが映像化されたらどうなるんだろう?”って考えることが多かったですし、原作と映画では想像するものが違うように、舞台ならではのものができたらいいなと思いました。

――映画の“スマ落2”のヒロインは、先輩の白石麻衣さんですね。

もう早く観たくて仕方ないです! 原作を読んだり、映画を観たりしているうちに、気づいたらこの作品の大ファンになって、すごくハマっちゃって。原作は読み出したら止まらないし、映画も観出したら止まらないし。私ハマると、その世界観に引っ張られるんです。先輩方の舞台を観に行ったときも、しばらく自分の中でブームになっちゃって、その主人公っぽい喋りになってしまったりだとか、家でひとりで役になりきったりとかもして(笑)。だから、“スマ落”も原作や映画を観た直後は、何事もシリアスな雰囲気を醸し出したくなっちゃって(笑)。

早川聖来が「皆さんを惑わせたい!」と、作品の魅力を語る。舞台「スマホを落としただけなのに」に向けて

前半では考えて演技しているって話だったのが、後半では作品の「世界観に引っ張られる」って話になっている。けっこう矛盾する話なんだが、演技するには両方必要なんだろうな!と…。w

続きを読む

2020.05.09 | >>>早川聖来 | トラックバック(0) | コメント(0) |