fc2ブログ

平山優氏によると、以下のとおりだったらしい。

大仏開眼供養の開眼師が仁和寺(真言宗)門跡だったので、真言僧が「左座」に座り、天台僧が「右座」に座ることになった。同日に堂供養も行う予定だったが、それだと天台僧はそのまま「右座」に座らせられるので、嫌だとボイコットした。

豊臣方の片桐且元と幕府方の板倉勝重が相談し、天台僧を「左座」とする妥協案を出したが、家康は開眼供養と堂供養を別の日に行なう解決案を出した。ところが、片桐も板倉も同日開催を主張したため、家康は改めて吉日を選んで執行するように延期を命じた。

その際、鐘銘の写し(国家安康・君臣豊楽)が家康の下に届けられたが、家康の諱が刻まれていることは問題になったが、引き裂いて不吉は問題にならなかった。

しかし、幕府と豊臣方の話し合いが難航し、その間に豊臣方による片桐の暗殺計画が発覚して、大坂の陣が起きてしまう。


以下は平山氏のポスト…

続きを読む

2023.11.29 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |

以前、書いたように

卓上ミニ三脚
卓上ミニ三脚が届く

荒川河川敷「熊の木ワンド」に設置した2つのトレイルカメラのうち、東を向いているカメラの角度に問題があり、撮影に失敗することが多かった。

そこで、トレイルカメラを、木の幹に直接しばりつけるのではなく、





卓上ミニ三脚に載せて置くことにした。





果たして、撮影ミスは減るのだろうか?

2023.11.29 |   └ 荒川熊の木ワンド | トラックバック(0) | コメント(0) |