fc2ブログ
大河ドラマ「どうする家康」第47回「乱世の亡霊」の解説。

【呉座勇一解説】
 中世史研究者の呉座勇一氏と日本美術史研究者の春木晶子氏のYouTubeチャンネル「春木で呉座います。」で呉座氏が解説。



・ 新年会(トークショー)の告知
■和睦交渉
  ◆駿府記(慶長19年12月8日条)
    ・ 織田有楽斎と大野治長からの返事
      →本多正純と後藤光次が家康に報告
    ・ 牢人を罪に問わない/秀頼の国替え
    ・ 開城となるかは不明
  ◆大坂御陣覚書(12月10日)
    ・ 有楽斎と治長の使者が来る
      →互いに和睦を話し合う
    ・ 牢人を罪に問わない/大和郡山への国替え
  ◆駿府記(12月15日条)
    ・ 後藤が家康に報告
    ・ 淀殿が大坂を仕切る→交渉が進まない
    ・ 淀殿が人質として江戸に来るのはOK
      ⇔牢人を雇うため知行を増やすのはNG
  ◆大坂御陣覚書(12月19日)
    ・ 京極忠高の陣所で常高院(初)と大坂方の使者が対面
    ・ 総構えの破却
      …家康が出陣したにもかかわらず和睦
        →家康の顔が立たない
    ・ 秀頼が家康・秀忠に服従させる
      →ニノ丸、三ノ丸の塀を壊し、起請文を出す
  ◆大坂冬陣記(12月19日条)
    ・ 本多正純と阿茶局が報告
    ・ 本城のみでニノ丸、三ノ丸を壊す
    ・ 淀殿は人質にならなくてOK
      →有楽斎と治長が人質を出す
    ・ 家康が家臣の罪を問わないと起請文を出す
  ◆大坂冬陣記(12月21日条)
    ・ 木村重成、有楽斎、治長の使者
      →正純が家康に起請文の写しを見せる
      →秀忠にも
    +起請文の内容
      ・ 牢人の罪を問わない
      ・ 秀頼の本領安堵
      ・ 淀殿の人質もなし
      ・ 国替えはどこの国でもOK
      ・ 秀頼を騙すことはない
  ◆大坂冬陣記(12月22日条)
    ・ 秀頼、淀殿の起請文
      →板倉重昌、阿茶局が確認
    +起請文の内容
      ・ 秀頼が家康・秀忠に謀反を起こさない
      ・ 噂があっても、疑心暗鬼にならず、話し合う
      ・ 他はすべて今までどおり
      →大坂方に有利
    ・ 総堀を埋める/牢人を召し放つ
■和議破れる
  ◆駿府記(慶長20年4月5日条)
    ・(牢人の召し放ちは無理→それならば国替え)
    ・ 治長の使者:国替えは勘弁
    ・ 家康:拒否したので合戦
  ◆駿府記(慶長20年4月10日条)
    ・ 常高院、大蔵卿ら家康に会う
    ・ 家康:牢人の召し放ちを守れ
    ・ 秀頼と淀殿がケンカ腰なのが不満
    ・ 常高院らが家康の返事を持ち帰る
  ◆駿府記(慶長20年4月24日条)
    ・ 常高院と二位局が大阪に行く
    ・ 最後通牒3か条を伝える
    ・ 大蔵卿らも大阪に帰る


【小和田哲男解説】
 「戦国・小和田チャンネル」での小和田解説。



◆大坂の陣で北政所(高台院)はどう動いたのか?
  ・ 慶長8(1603)年 北政所に「高台院」の院号下賜
  ・ 同10年(1605) 家康の援助で高台寺建立
    →淀殿との関係は悪化せず
  ・ 同16(1611)年 二条城会見に同席
  ・ 同19(1614)年 大坂冬の陣→大阪に向かったが引き返す
    …開戦を回避するため?
◆家康の「日課念仏」
  ・ 徳川氏と浄土宗の関係
  ・ 日課念仏…「南無阿弥陀仏」を6段書く
  ・ 慶長17(1612)年が多い→大坂の陣を意識
  ・ 「南無阿弥家康」もある

2023.12.10 | ├ 歴史ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |


ファンには悪いが、「超絶」は言い過ぎw

井上和や菅原咲月は「超・超絶」とか「極・超絶」美少女なの?w

中国やロシアがもってるマッハ5か6で飛んでくるミサイルみたいw

2023.12.10 | 乃木坂46 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今年1月28日、福岡ソフトバンクホークス石川柊太選手との結婚を発表した大場美奈さん、結婚式の報告。


みなるんといえば、2018年の「総選挙」でマンションを売却してその金で8位にした太ヲタかちょす氏が有名だ。


味噌ヲタの狂気

みなるん結婚発表の直後、集英社オンラインが彼の心境を聴いていた。

続きを読む

2023.12.10 | 48G | トラックバック(0) | コメント(0) |