FC2ブログ
という話が出ている。

  大手予備校「河合塾」は20日行われた大学入試センター試験の「世界史B」に、誤解答の可能性がある不適切な出題があったとして大学入試センターに質問状を送った。

  不適切としたのは、近代欧州の立憲政治・議会制の発展に関し、四つの選択肢から誤り一つを選ばせる設問。誤りではないとされた選択肢「フランスでは、普仏戦争(プロイセン=フランス戦争)の敗北後、第三共和政が成立した」に関し、同塾は「一部の教科書は、第三共和政の開始を普仏戦争中としており、この教科書で学んだ生徒が『誤りの文』と判定する可能性がある」と指摘した。【竹中拓実】

毎日新聞 2007年1月21日 東京朝刊

大学入試:センター試験 世界史Bの設問「不適切」と指摘 河合塾が質問状

フランス第三共和政の成立過程はけっこう複雑なんだよね。1870年のプロイセン=フランス戦争(普仏戦争)中、フランス皇帝ナポレオン三世はプロイセン軍に捕らえられてしまった。9月に国民防衛政府がパリで組織され、その後、ヴェルサイユでティエールを首班とする臨時政府が成立した。この臨時政府が1871年2月にプロイセンと講和するんだけど、それがあまりにフランスに不利だったので、3月にパリの市民と労働者がパリ=コミューンを組織して、臨時政府と対立した。臨時政府は、プロイセン軍の支持を受け、これを弾圧し、5月に倒した。そして、9月にティエールが大統領となったわけだ。

だから、国民防衛政府や臨時政府の成立をもって第三共和政のはじまりとみなせば、普仏戦争中に成立したことになるし、ティエールの大統領就任をもって第三共和政のはじまりとすれば、普仏戦争後に成立したことになる。ホントは、そのあとも1875年共和国憲法(第三共和政憲法)が成立するまで、ごちゃごちゃするんだよね。w

これは鎌倉幕府の成立が源平合戦後なのか?といった問題と共通する。1180年の頼朝の鎌倉入りとか、1183年の十月院宣(頼朝の東国支配を後白河法皇が認めた)をもって鎌倉幕府の成立とすると、源平合戦中になるし、1185年の守護地頭の設置をもって鎌倉幕府の成立とすると、源平合戦後になる(これを幕府の成立とする説が今ではいちばん有力である)。ちなみに、1192年の頼朝の征夷大将軍就任をもって幕府の成立とする学者は今はほとんどいない。

まあ、連続する出来事のどれかで決めなきゃならないんだから、むずかしいわけなんだよね。w

2007.01.21 | 時事ネタらしきもの | トラックバック(0) | コメント(2) |

1183年とさせていただきます。

1日にしてならずじゃ。

2007.01.22 22:45 URL | ねまきねこ #3/2tU3w2 [ 編集 ]

1180年 富士川の戦いで勝利(東国の事実上の支配権を獲得)
1183年 十月院宣(上記の支配権を承認される)
1185年 守護・地頭の設置(全国に支配を広げる)
1190年 政所の設置(摂関家と同等の政所下文を発給)
1192年 征夷大将軍に任官

と段階的に権力を掌握していった。
現在では1185年がもっとも有力とのこと。

2007.01.23 00:19 URL | 王子のきつね #NVCdQGYY [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1034-e55c6c6a