FC2ブログ
仕事関係でこの本を読んでいる。

アミン・マアルーフ 著『アラブが見た十字軍』(牟田口義郎、新川 雅子 訳、ちくま学芸文庫、2001年)

アラブの視点から見た十字軍の話。490ページのうち、280ページまで読んだ。サラーフ・ウッディーン(サラディン)の登場前夜くらいまで。ちなみに、この本では「十字軍」ではなく、一貫して「フランク人」となっている。これは当時のアラブがそう呼んでいたからなのだが…。

2007.01.30 | | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/1049-7983408a