FC2ブログ
岩船山は、船の形をした岩山で、栃木県南部では霊山であり、死者の霊がここから極楽に行く、と信じられています。母親の話だと、家族が亡くなると、1年以内にこの山に登り、山上にある高勝寺の多くの石仏の中から、故人に似た顔の石仏に花や線香をあげて、供養するのだそうです。

仕事が午前中で終わってしまったので、この山に登ろうと、岩舟駅にやってきました。この山に登るには600段!の石段を登らなければならず、途中の家には「大型犬がいます。注意してください」の文字が…見ると、自転車くらいの大きさ!の犬がいるではありませんか。でも、この犬はおとなしかったので、大丈夫でした。
高勝寺には、仁王門とか塔があり、ミニ・サイズの賽の河原もありました。見晴台があるというので、そこに向かうと異様な光景が現れました。石仏の何体かが、帽子を被ったり、服を着ているのです。花や線香をあげるという話は聞いていましたが、この光景には正直驚きました。青い背広だとか、田舎のおばあちゃんが着ているような服で、妙になまなましい感じでした。亡くなった人が生前愛用していたものかと思うと、ちょっと怖かったス。

岩船山の裏手から降りると、砕石を運ぶトラックが通行し、ちょと怖かったです。馬不入(うまいらず)山の登山口がわからなかったので、T字路のところでフェンスのないところがあったので、そこから入りました。ところが、ここは登山口ではないので、道はすぐになくなってしまい、沢道をヤブコギしながら登りました。途中で運よく登山道に出られました。

馬不入山の山頂は狭く、一休みしてから尾根に沿って歩きました。ついた時間が遅かったのと、途中で迷ったので、桜峠あたりで先に行くのをあきらめ、山を下りました。

清水(せいすい)寺からは広域農道のグレープロードに沿って道があるのでそこを歩きました。大中寺前の道をまっすぐ進み、グレープロードにでると、前回通りたかった中山の東を通る遊歩道をハケ~ン。そこを通って新大平下駅に向かいました。

岩舟駅―(0:23)―岩船山―(1:06)―馬不入山―(0:19)―桜峠―(1:23)―新大平下駅
  ( )内の時間は平地を時速4km/hで歩く人の場合(カシミール3Dで計算)

◎地図(5万分の1の地図の1/2表示)


標高/距離←クリックすると図が開きます。
○距離 10.1km
・岩船山 173m
・馬不入山 341m

2005.12.08 | ├ 登山 過去ログ | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kitsunekonkon.blog38.fc2.com/tb.php/105-d6facdf2